Bedrock Edition beta 1.8.0.11

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
beta 1.8.0.11
エディション

Bedrock Edition

種類

Build

リリース日

2018年10月24日

プロトコルバージョン

312

Beta 1.8.0.11 は、1.8 の3番目の Build バージョンである[1]

このバージョンでは、要素の変更とバグ修正が行われている。

変更要素[編集 | ソースを編集]

  • パンダ
    • 全てのデフォルトのパンダは攻撃された時に一度噛むようになった
    • 攻撃的なパンダは他のパンダを守るようになった
    • 新しい攻撃的なパンダのスキンを追加
    • 攻撃的なパンダ以外のパンダが攻撃された場合は、怒りが攻撃的なパンダに伝わるようになった
    • 攻撃的なパンダは、攻撃された赤ちゃんパンダを守るようになった

修正[編集 | ソースを編集]

  • ゲームプレイ中に発生していたいくつかのクラッシュの修正
  • マルチプレーヤーゲームに参加するときに発生していたクラッシュを修正
  • MCPE-38041: プレイヤーの腕が、ブロックを壊すときに正しいスピードで動くようになった
  • MCPE-38263: カスタムエンティティが「minecraft:shooter」を正しく使用できるようになった
  • MCPE-38054: 水に入っている・近い足場を正しく使えるようになった
  • MCPE-38059: モバイルデバイスでの飛ぶ操作は、足場を登ったあとでも正しく動作するようになった
  • MCPE-31726: 特定のデバイスで馬(及び亜種)の色が点滅していたバグを修正
  • MCPE-37192: チャンクのレンダリング時にパフォーマンスが大幅に低下するバグを修正
  • ゲームルールのスラッシュコマンドは、オペレーターのみが変更できるようになった
  • MCPE-38098: 砂などの落下するブロックが水平方向にのびた足場を落とさなくなった
  • プレイヤーのスポーンポイントが誤って変更される可能性があるバグを修正
  • MCPE-38278: 「実績をオフにする」ウィンドウの「戻る」ボタンを押しても、ワールド設定のゲームモードが変更されなくなった
  • 世界に入り直した後、パンダが座った状態で動かなくなることはなくなった
  • 新しく装備されたプレーヤースキンは、紙人形モデルに正しく適用されるようになった
  • エンダーマンは攻撃時に顎が外れなくなった
  • クリエイティブですばやく壊したときにブロックがより早く消えるようになった
  • すべてのコンテンツを検索する場合、マーケットプレイスの検索結果の一貫性が向上した
  • 「テンプレートの追加」メニューでは、テンプレートのみが推奨されるようになった
  • MCPE-38194: ディスペンサーで魚のバケツを使用しても、ゲームがクラッシュしなくなった
  • 色付きベッドに正しいクラフトレシピが追加された
  • MCPE-35910: プレイヤーが予期せずランダムな方向に曲がるバグを修正
  • MCPE-38107: 重なったハーフブロックは正しい種類のブロックになるようになった
  • プレイヤーがネザーポータルを使用している間にワールドを終了すると、ワールドがクラッシュする可能性があるバグを修正
  • 所有されていないスキンを選択すると、拡張スキンピッカーメニューに移動するようになった

脚注[編集 | ソースを編集]

|}