Bedrock Edition beta 1.16.100.54

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
beta 1.16.100.54
エディション

Bedrock Edition

種類

Build

リリース日

Xbox One, Windows 10, Android: 2020年9月3日

親バージョン

1.16.100

プロトコルバージョン

413

Beta 1.16.100.54は、2020年9月3日にリリースされたBedrock Edition 1.16.100の5番目のBuildバージョンである[1]。このアップデートでは、Java Editionの多くの要素の仕様共通化の実施、RenderDragonのWindows 10への導入、およびバグの修正がされた。

追加要素[編集 | ソースを編集]

コマンド[編集 | ソースを編集]

/fog
  • プレイヤーの起動している霧の設定の管理に使用される

全般[編集 | ソースを編集]

スプラッシュテキスト
  • 新しいスプラッシュテキストの追加。

変更要素[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

ハチの巣
  • 地図上で黄色く表示されるようになった
  • どの方向にも設置できるようになった
ランタン
ネザー金鉱石
  • 地図上でネザーの色で表示されるようになった
魂の焚き火
  • 通常の焚き火の2倍のダメージを与えるようになった
  • 採掘した際に木炭ではなくソウルソイルがドロップするようになった
スイートベリーの低木
  • Mobとプレイヤーにダメージを与えるようになった

アイテム[編集 | ソースを編集]

茶色と赤色のキノコ
真紅のキノコと歪んだキノコ
ロードストーンコンパス
不死のトーテム
  • 火炎耐性の付与効果がIIからIに引き下げられた

Mob[編集 | ソースを編集]

ホグリン
  • リスポーンアンカーを恐れるようになった。
  • 子ホグリンが適切なダメージを与えるようになった。
  • 子ホグリンはプレイヤーが倒した場合のみ落とすようになった。
アイアンゴーレム
  • ホグリンを攻撃するようになった
ピグリン
ピグリンブルート
  • 経験値を10ではなく20落とすようになった。
  • エンチャントされた金の斧を持って出現しなくなった。
ストライダー
  • Java Editionに合わせ、体力を15♥ × 7.5から20♥ × 10に訂正。
ストライダージョッキー
ゾグリン
  • 即時回復効果でダメージを受け、即時ダメージ効果で回復するようになった。
  • 子ゾグリンはプレイヤーに殺されるとアイテムを落とすようになった。

ワールド生成[編集 | ソースを編集]

ネザーバイオーム
荒廃したポータル
  • 輝くスイカが1つだけではなく4-12枚生成されるようになった。

ゲームプレイ[編集 | ソースを編集]

物々交換
エンチャント
地図の色
  • 地図の色も更新。
    • ゆがんだ幹、皮のはがれたゆがんだ幹、ゆがんだ木材が色COLOR_CYANではなく色WARPED_STEMを使うようになった。
    • ゆがんだ菌氏と皮のはがれたゆがんだ菌糸が色COLOR_CYANではなくWARPED_HYPHAEを使うようになった。
    • ゆがんだニリウムが色COLOR_CYANではなく色WARPED_NYLIUMを使うようになった。
    • ゆがんだきのことねじれたつたが色PLANTではなく色COLOR_CYANを使うようになった。
    • ゆがんだウォートブロックが色COLOR_CYANではなく色WARPED_WART_BLOCKを使うようになった。
    • 幹 (クリムゾン)と皮のはがれた幹 (クリムゾン)が色COLOR_REDではなく色CRIMSON_STEMを使うようになった。
    • 菌糸 (クリムゾン)と皮のはがれた菌糸 (クリムゾン)が色COLOR_REDではなく色CRIMSON_HYPHAEを使うようになった。
    • ニリウム (クリムゾン)が色COLOR_REDではなく色CRIMSON_NYLIUMを使うようになった。
    • きのこ (クリムゾン)とウィーピングつたが色PLANTではなく色NETHERを使うようになった。
    • 木材 (クリムゾン)が色NETHERではなくCRIMSON_STEMを使うようになった。

全般[編集 | ソースを編集]

設定
  • /fogの追加により余分となった「パーティクルの描画距離」を削除。
RenderDragon
  • Windows 10が新しい描画エンジンRenderDragonを使うようになった。
スプラッシュ
  • Mixerの配信サービスが利用できなくなったため、スプラッシュ「mixer.com/minecraft」を削除。
技術面
  • MoveToLiquidGoalが対象ブロックの情報を使用するよう変更。
  • ストライダーが適切にmove_to_liquid goalを実行するようになった。
  • minecraft:behavior.send_event
    • max_activation_rangeで無制限の範囲を示す値として-1を使わなくなり、既定は32に変更された。
    • min_activation_rangemax_activation_rangeが0以下の場合の内容ログ警告を追加。
    • min_activation_rangemax_activation_range以上の場合の内容ログ警告を追加。
  • minecraft:behavior.summon_entity
    • max_activation_rangeで無制限の範囲を示す値として-1を使わなくなり、既定は32に変更された。
    • min_activation_rangemax_activation_rangeが0以下の場合の内容ログ警告を追加。
    • min_activation_rangemax_activation_range以上の場合の内容ログ警告を追加。

修正[編集 | ソースを編集]

パフォーマンスと安定性
  • プレイヤーが睡眠状態でゲームに入るとゲームがクラッシュすることがある問題を修正。(MCPE-79465)
  • エルダーガーディアンやガーディアンを殺した後にクラッシュが起こる可能性があるバグを修正。 (MCPE-94176)
  • 花火を使ってエリトラを加速させると起こることがあるクラッシュを修正。
バニラ仕様共通化
  • チェーンを横に揃えるように設置できるようになった。
  • 床面の天井面の生成がJavaと正しく一致するようになった。
    • ソウルサンドの谷にソウル土壌とソウルサンドで覆われた天井を追加。 (MCPE-69159)
    • 玄武岩の三角州に玄武岩の天井を追加。 (MCPE-79608)
  • 何かが乗っているストライダーを引き付けられるようになった。
  • ピグリンが「ゾンビ化」するとインベントリを落とすようになった。 (MCPE-81503)
  • プレイヤーに殺されたピグリンブルートが10ではなく20の経験値を落とすようになった。 (MCPE-94089)
  • ピグリンがゾンビ化すると装備を保持するようになった。 (MCPE-83683)
  • ランタンが水中にも置けるようになり、水源ブロックが置かれても飛び出さなくなった。
  • BedrockでのピグリンがJavaで行うのと同じ物々交換アイテムを提供するようになった。 (MCPE-92662)
  • 魂の炎が雪や氷ブロックを解かさなくなった。 (MCPE-74901)
  • ソウルたき火が通常のたき火の2倍のダメージを与えるようになった。 (MCPE-81499)
  • ストライダーに乗ったゾンビ化ピグリンがストライダーの上に浮かなくなった。 (MCPE-80188)
  • Bedrockで真紅の森でゆがんだきのこを育てられるようになった。
  • Bedrockで物々交換した後にピグリンが暗黒レンガブロックを落とすようになった。 (MCPE-74395)
  • 子ゾグリンと子ホグリンがプレイヤーに殺されるとアイテムを落とすようになった。
  • ウィザースケルトンがピグリンとピグリンブルートを自動的に攻撃するようになった。 (MCPE-65456)
  • ホグリンがリスポーンアンカーを避けるようになった。 (MCPE-71534)
  • Bedrockでアイアンゴーレムがホグリンを攻撃するようになった。 (MCPE-73838)
  • ゾグリンが回復効果でダメージを受けダメージ効果で回復するようになった。
  • 荒廃したポータルのチェストに輝くスイカが含まれている場合に輝くスイカは2つ以上存在するようになった。 (MCPE-92675)
  • ストライダーに乗っているゾンビ化ピグリンがゆがんだきのこ付きの棒を持つようになった。
  • ピグリンブルートがエンチャントされた金の斧を持つようになりJavaと同じになった。
  • ネザースプラウトをコンポスターに再び使えるようになった。 (MCPE-78026)
  • チェストで見られるそうすスピードエンチャントが砦の遺跡のチェストに限られるようになった。
  • プレイヤーがマグマの上に立っていてもネザライトの防具のアイテムの耐久値が減らなくなった。 (MCPE-76532)
  • ソウルたき火を採掘すると木炭ではなくソウル土壌を落とすようになった。 (MCPE-74709)
  • ストライダーの体力がJava版と同じになった。 (MCPE-76425)
  • ピグリンが盾、エリトラ、亀の甲羅、様々なモブの頭を装備するようになった。 (MCPE-75863)
  • 特定のブロックが壊れた場合はピグリンブルートが怒らなくなり、目の前のプレイヤーは攻撃し続けるようになった。 (MCPE-94106)
  • ゾンビ化子ピグリンが手に持っているアイテムを適切に表示するようになった。
  • ゆがんだ木材と木材 (クリムゾン)にピストンの即時作成が機能するようになった。 (MCPE-87659)
  • 子ホグリンが適切なダメージを与えるようになった。
  • ピグリンがピースフルの難易度でネザーの荒地に自然出現するようになった。
全般
  • スプラッシュテキストと読込画面のヒントを更新。
  • メニュー画面のゲームパッドヘルパーに画面読取の対応を追加。
  • 複数のブロックの地図の色の表現を修正。 (MCPE-19228, MCPE-83797)
  • クリエイティブ画面で暗黒茸ブロックとゆがんだウォートブロックが展開節ではなくなった。
  • 不死のトーテムが死亡時に正しい効果を適用するようになった。 (MCPE-52364)
  • 読込画面のヒントの句読点を追加。 (MCPE-85381)
ゲームプレイ
  • Mobが立っているトロッコに電力を供給しなくなった。 (MCPE-46804)
  • スイートベリーの低木を通り抜けてもプレイヤーやMobがダメージを受けないバグを修正。
  • スライムが再びはしごを上れるようになった。
  • 互いに隣り合って設置された特別な場合にはしごが表示されないバグを修正。
  • 射程武器を装備した防具を持っているMobを殺すと防具の戦利品が得られるようになった。 (MCPE-44408)
  • 改名したコンパスをロードストーンに繋げても名前が保持されるようになった。
  • ロードストーンコンパスに金床を使って消滅の呪いをエンチャントできるようになった。 (MCPE-74016)
  • 消滅の呪いの付いたコンパスをロードストーンに繋げるとエンチャントが保持されるようになった。
  • スライムが凍ったバイオーム内のスライムチャンクに出現するようになった。 (MCPE-49303)
  • 襲撃中に鉄のツルハシが落ちるようになった。 (MCPE-44417)
  • きのこ (茶色)とキノコ (赤)がニリウムで巨大キノコになるようになった。
  • きのこ (クリムゾン)とゆがんだきのこを菌糸に置けるようになった。
グラフィック
  • ストライダーの腕に割り当てられたテクスチャが分割され、腕のテクスチャが適切に反転するようになった。
  • 各バイオームを霧定義識別子に繋げる1.16.100用の更新ファイルbiomes_client.jsonを作成。
  • プレイヤーの起動した霧設定を管理するコマンド/fogを作成;これらの霧設定はプレイヤー始点のバイオームの位置など、クライアントから駆動される霧を上書きする。
  • 各霧定義用のjsonファイルを作成。このファイルには、新しくfog_startfog_endfog_colorrender_distance_typeの設定が含まれており、以前のデータとの共通化とハードコードされた値が含まれている。
  • 対象物densitymedia_coefficientsを含む子対象物「volumetic」を追加。これらは、体積的霧に使用されるデータ値を格納している。
技術面
  • Molangスクリプト式query.spellcolor
    • スクリプト関数のデフォルトの戻り値の型が、通常の戻り値の型と異なっていたのを修正。
  • SendEventGoal
    • SendEventGoalが不完全なjsonフィールドで定義されている場合に発生する可能性があるクラッシュを修正。
    • SendEventGoalの段階が遅延0で定義されている場合に発生する可能性のあるクラッシュを修正。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 「Minecraft Beta - 1.16.100.54 (Xbox One/Windows 10/Android)」 – Minecraft Feedback、2020年9月3日