Bedrock Edition beta 1.16.0.59

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
beta 1.16.0.59
エディション

Bedrock Edition

種類

Build

リリース日

Xbox One, Windows 10, Android: 2020年4月30日

親バージョン

1.16.0

プロトコルバージョン

401

Beta 1.16.0.59は2020年4月30日にリリースされたBedrock Edition 1.16.0の11番目のベータバージョンである。[1]追加要素の変更とバグ修正が行われた。

変更要素[編集 | ソースを編集]

Blocks[編集 | ソースを編集]

Chain
  • クラフトできるようになった。
Polished Basalt
  • Basaltを石切台に置くことで作れるようになった。
  • Polished Basaltをクラフトするとプレイヤーに正しい量のブロックが返ってくるようになった。
Nether Sprouts
  • Java Editionに合わせてテクスチャを変更。
Soul Fire
Crimson Trapdoors
  • IDをcrimson_trap_doorからcrimson_trapdoorに変更。
Warped Wart Block
  • IDをblue_nether_wart_blockからwarped_wart_blockに変更。

アイテム[編集 | ソースを編集]

旗の模様
  • Piglinの旗の模様を「Snout」に改名。
スポーンエッグ
  • ピグリンHoglinのスポーンエッグのテクスチャをJava Editionに合わせて変更。

修正[編集 | ソースを編集]

クラッシュ
  • 異なる種類のハーフブロックを重ねようとした際のクラッシュを修正。(MCPE-73435)
全般
  • 読込画面のヒントから引用符を削除。
  • ネザーで環境音が頻繁に再生され過ぎる問題を修正。(MCPE-69154)
  • 様々なブロックの改名に伴いJSONファイルを改名。(MCPE-65390).
  • 「Change Emotes」ボタンがAndroidデバイスでない問題を修正。(MCPE-69082)
  • 「Pigstep」の「p」が大文字になった。(MCPE-70466)
  • ホッパーの当たり判定の形を調整。(MCPE-47541)
  • 額縁のNether Sproutsのアイテムテクスチャが回転されても縁からはみ出さなくなった。
ゲームプレイ
  • 洞窟にスポーンしたMobが地上のMobとしてカウントされなくなった。(MCPE-41273)
  • ネザーの木材のクラフトレシピが追加され、かまどで燃料として燃えなくなった。(MCPE-65391)
  • 炎が適切にティックされ、雨でも消火されるようになった。(MCPE-69072)
  • Chainのクラフトレシピを追加。(MCPE-69089)
  • Soul Fireの炎のサウンドを追加。(MCPE-66899)
  • 金鉱石がかまどと溶鉱炉で製錬できるようになった。(MCPE-68978)
  • Ancient Debrisを製錬すると経験値を得られるようになった。(MCPE-65787)
  • Quartz Bricksはクォーツブロックでのみクラフトできるようになった。
  • Polished Basaltを石切台でクラフトできるようになった。
  • Polished Basaltをクラフトすると正しい量のブロックがプレイヤーに返されるようになった。(MCPE-66515)
  • 成長した・生成されたWarped・Crimson Stemsがブロックを置き換えなくなった。(MCPE-65661)
  • 盾をディスペンサーで発射するとプレイヤーに装備できるようになった。
  • 幸運エンチャントが再び機能するようになった。(MCPE-67169)
  • オブザーバーの下のスイカとカボチャが成長するようになった。(MCPE-48717)
  • 戦闘場所から離れて戻ってくるとエンダードラゴンがリセットされるバグを修正。(MCPE-51501)
  • 村にスポーンするネコが多すぎる問題を修正。(MCPE-60331)
Mob
  • フルブロックを下に移動するHoglinが回転しなくなった。
  • MeleeAttackGoalでボートやトロッコに座っているとMobが攻撃してこないバグを修正。
  • Piglin、Hoglin、ゾンビピッグマンのスポーン確率を調整。
  • Piglinが投げられた金の防具を正しく装備するようになった。
  • 賞賛しているPiglinが一発で金塊を落とすようになった。
  • HoglinとStriderの子に繋がっているリードが正しい位置になった。
  • ゾンビピッグマンが火炎ダメージを受けなくなった。(MCPE-65381)
  • 「fireimmune」属性を複数のMobに対応するよう変更。
  • ウィザースケルトンが防具を正しく描画するようになった。
  • 溶岩に入っているエンティティに立っているMobが燃えるバグを修正。
  • ミツバチが階段の下で動かなくならなくなった。(MCPE-61625)
  • 小さすぎた子Striderの当たり判定を調整。
  • 子Hoglinの頭が「かわいい」特大サイズになった。(MCPE-65454)
  • MobがNetheriteの防具を正しく装備するようになった。
  • Piglinがピースフルの難易度でも存在できるようになった。(MCPE-65405)
  • ボートやトロッコに乗っているPiglinの挙動を修正。(MCPE-68258)
  • エンダーマンがSoul Sand Valleyバイオームにスポーンするようになった。
  • PiglinとHoglinがZoglinから逃げるようになった。(MCPE-69784)
  • HoglinがZoglinに変わるサウンドが正しく再生されるようになった。
ワールド生成
  • ネザーのRuined PortalがBlackstoneを使うようになった。
  • ファイヤーチャージをRuined Portalのチェストで見つけられるようになった。
  • Ruined Portalのルートテーブルを調整 - Javaに合わせてロール数を変更。
  • Ruined Portalのスポーン頻度を減少。
  • Bastionのルートテーブルを更新。(MCPE-69005, MCPE-68986)
  • マグマキューブのスポナーがBastionの中に生成されるようになった。(MCPE-69424)
  • 生成された構造物の塀が正しい接続になるようになった。(MCPE-66369)
グラフィック
  • PiglinとHoglinのスポーンエッグをJavaに合わせて調整。
  • Piglinに検査されている金の防具が手の中で正しく描画されるようになった。(MCPE-72477, MCPE-70868)
  • 歩いているPiglinの腕が正しく揺れるようになった。
  • Soul Sandで燃える炎が青く燃えるようになった。(MCPE-65429)
ユーザーインターフェース
  • 入力時にiOSキーボードがテキスト入力ボックスを覆ってしまう問題を修正。(MCPE-53030)

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 「Minecraft Beta - 1.16.0.59 (Xbox One/Windows 10/Android)」 – Minecraft Feedback、2020年4月30日