ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

Bedrock Edition beta 1.16.0.51

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
beta 1.16.0.51
エディション

Bedrock Edition

種類

Build

リリース日

Xbox One, Windows 10, Android: 2020年3月16日

親バージョン

1.16.0

プロトコルバージョン

400

この記事はまだ書きかけであり、重要な情報が欠落している可能性があります。
この項目に関する詳細情報で内容を拡充してみませんか?

Beta 1.16.0.51は2020年3月16日にリリースされたBedrock Edition 1.16.0の6番目のベータバージョンであり、[1]ネザー・アップデートの機能がいくつか追加され、バグが修正された。

追加要素[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

古代のがれき
  • ネザー全体のどの高度でも見られるが、低い高度のほうが頻繁に生成される。
  • かまどや溶鉱炉で精錬することにより、ネザライト スクラップに精製できる。
  • 黒曜石と同じで爆発耐性があるがピストンで動かすことができる。.
  • 溶岩の上に浮かぶ。
  • 溶岩で燃やすことはできない。 .
  • 採掘するにはダイヤモンドツルハシ以上が必要である。
  • 常に全面が溶岩やブロックに覆われて生成される。
玄武岩
ネザライト ブロック
キノコ (クリムゾン)・ゆがんだキノコ
二リウム (クリムゾン)・ゆがんだ二リウム
木材 (クリムゾン)・ゆがんだ木材
根 (クリムゾン)・ゆがんだ根
幹 (クリムゾン)・ゆがんだ幹
  • 巨大キノコの幹を構成するブロック
  • テクスチャはアニメーションしている。
  • 上部のテクスチャは通常の原木ブロックに似ている。
  • 原木のように特定の方向を向かせて設置できる。
  • 燃えない。
  • それぞれの樹皮を剥いだ亜種もある。
ネザースプラウト
  • 歪んだ森に生成される葉。
  • ゆがんだ二リウムブロックに直接骨粉を使用することで生成されることがあるため再生可能である。
磨かれた玄武岩
  • 装飾ブロック。
  • 玄武岩ブロック4個でクラフトできる。
きのこライト
ソウル炎
ソウル ランタン
  • 10の明るさレベルを放出する。
  • 通常のランタンのようにクラフトでき、通常の松明の代わりにソウル 松明を使用する。
  • テクスチャはアニメーションする。
ソウル 松明
  • 10の明るさレベルを放出する。
  • 通常の松明のようにクラフトでき、ソウル土壌を棒の下に設置する。
ソウル土壌
ターゲット
ウィーピングツタ

アイテム[編集 | ソースを編集]

ネザライトの防具
  • ネザライト インゴットとそれぞれのダイヤモンドアイテムでアップグレードできる。
  • ドロップアイテムとしては溶岩では燃えない。
  • 溶岩に浮く。
  • ダイヤモンドの防具よりも丈夫である。
  • ダイヤモンドよりも耐久性とエンチャントの能力が高い。しかし金よりはエンチャントの能力は低い。
  • ノックバック耐性のタグがある。
ネザライトの斧つるはしシャベル
  • ネザライト インゴットとそれぞれのダイヤモンドアイテムでアップグレードできる。
  • 溶岩に燃えない。
  • 溶岩に浮く。
  • ダイヤモンドより速く採掘できるが金よりは遅い。
ネザライト インゴット
ネザライト スクラップ
スポーンエッグ

Mob[編集 | ソースを編集]

ホグリン
ピグリン

ワールド生成[編集 | ソースを編集]

バイオーム
生成される構造物

ゲームプレイ[編集 | ソースを編集]

エンチャント
  • 消滅の呪いを実装
    • プレイヤーが死亡した際に持っていたこのエンチャントを持っているアイテムはすべて消滅する。
    • 持ち物の保持のゲームルールではこれを防げない。
    • 石臼で除去できない。
  • 束縛の呪いを完全実装
    • このエンチャントが付いているアイテムは、サバイバルモードではプレイヤーが取り外せず、プレイヤーが死亡した時のみ外せる。
    • 石臼では取り外せない。

変更要素[編集 | ソースを編集]

この節はまだ書きかけであり、重要な情報が欠落している可能性があります。この項目に関する詳細情報で内容を拡充してみませんか?

ブロック[編集 | ソースを編集]

サンゴウチワサンゴ
  • シルクタッチにエンチャントされた斧とシャベルでドロップするようになった。
マグマブロック
  • 上に被っている雪を溶かすようになった。
キノコ
  • 茶色と赤色のキノコの名前が「きのこ」だったが、それぞれ「Brown Mushroom」「Red Mushroom」に改名された。
キノコブロック
  • 茶色と赤色と軸のキノコブロックの名前が「きのこ」だったが、それぞれ「Brown Mushroom Block」「Red Mushroom Block」「Mushroom Stem」に改名された。
    • 傘のキノコブロックはまだ「きのこ」と名付けられている。
シュルカーボックス
  • 大釜で脱色できるようになった。
  • 塀を縦に積んだときの隙間がなくなった。

Mob[編集 | ソースを編集]

Mob
  • プレイヤーが投げた残留ポーションで死んだMobが経験値とレアドロップを落とすようになった。
  • Mobがアイテムを拾い防具を装備するようになった。
エンダーマン
  • ネザーラックを拾わなくなったが、新しく追加されたブロックの一部を拾うようになった。
イカ
  • スポーン頻度が増加。海での上限が4になり川での上限が2になった。
ウィザー
  • 土台にソウル土壌を使用しても召喚できるようになった。

ゲームプレイ[編集 | ソースを編集]

ノックバック
  • ノックバック耐性が確率ではなく大きさになった。

Add-onとマップ作成者向け要素[編集 | ソースを編集]

  • ネザーバイオームの生成がデータ駆動型になった。

修正[編集 | ソースを編集]

クラッシュ
  • ドラゴン復活中に/killコマンドを使用してもゲームがクラッシュしなくなった。
全般
  • 釣竿の浮きの動きを修正。
  • 大量の雪によりチャンクが突然生成されなくなった。
ゲームプレイ
  • ホッパー付きトロッコがなぎ払い攻撃で破壊されてもホッパーをドロップしなくなった。(MCPE-55859)
  • スニーク状態でブロックにブロックを設置しようとしてもUIが開かなくなった。
  • ホッパー付きトロッコを操作するとホッパーの画面が開くようになり他の画面が開かなくなった。
  • 「タイルからのドロップ」がfalseの際に防具立てを壊すと中身がドロップするようになった。
  • 飛んでいるプレイヤーがエンドポータルがスポーン地点にある場合にオーバーワールドに戻れるようになった。
  • ディスペンサーを自動クラフトした際にエンチャントされた弓が消費されなくなった。
  • カメの甲羅を装備していてもブロックの下で泳ぐとプレイヤーが水中で呼吸ができなくなった。(MCPE-35769)
  • 爆発時にTNTがアイテムとしてドロップしなくなった。(MCPE-38101)
  • /locateが最寄りの構造体を正しく表示するようになった。(MCPE-45526)
  • リログ時に部分的にブロックを介してテレポートしなくなった。(MCPE-46858)
  • 道具が壊れると音が鳴るようになった。(MCPE-32355)
  • ワールド設定にアクセスしてもクリエイティブ飛行の状態が残るようになった。
  • 気泡柱で泳いでもプレイヤーが空中を「泳げ」なくなった。(MCPE-48958)
  • ボートが動くようになりブロックの一部に乗っても動けるようになった。(MCPE-34580)
  • ボートが下半分のハーフブロックの上を滑り続けなくなった。
  • 焚き火の着火に使用したファイヤーチャージが消費されるようになった。(MCPE-46217)
  • リスポーン時に非固体ブロックによって固体ブロックに位置が誤ることによる透視ができなくなった。(MCPE-53460)
  • コンブが低すぎる高さで成長が止まることが無くなった。(MCPE-57330)
  • エンチャントテーブルにエンチャントが付属していないオプションが表示されなくなった。
グラフィック
  • ハーフブロックの火が見えるようになった。(MCPE-44395)
Mob
  • Mobがアイテムを拾って防具をつけるようになった。(MCPE-14211)
  • 飼いならされた馬が繁殖に使えない食べ物について行かなくなった。
  • 一部のMobが最も近い攻撃可能なターゲットを見つけるのに大きな遅延があった(ヒツジを攻撃するオオカミ)。
  • イカのスポーンがより頻繁に行われるようになった。海での上限が4、川での上限が2になった。(MCPE-39758)
  • アイアンゴーレムが攻撃を選択する前にターゲットに到達できることを確認するようになった。(MCPE-42402)
  • ウマのジャンプのアニメーションが壊れていた問題を修正。
  • ホッキョクグマが二足歩行でプレイヤーを追わなくなった。
  • ヒツジが一部しか接していない草ブロックを食べなくなった。
  • エンダーマンがプレイヤーを見ても攻撃しない問題を修正。
  • トロッコに乗った際にMobが揺れなくなった。
  • 水中の中で魚がスポーンしなくなった。
  • デスポーンルールがJava Editionのものに一致するよう変更(MCPE-21856)
    • この変更によりMobがプレイヤーの周りでより安定してスポーンするようになり、プレイヤーが洞窟を探索している際に地下にいるMobがスポーンする頻度が改善され、特定のMobがスポーンするエリアを選ぶようになった(ウィザースケルトンはネザー要塞、など)。
    • ついてきているMob、名前を付けられたMob、飼いならされたMob、繁殖されたMobなど、Mobが持続するように設定されているMobは自然にデスポーンしなくなった。
    • ほとんどの自然スポーンするMobは最も近いプレイヤーから54ブロック以上離れると自動的にデスポーンする。
    • 魚は最大40ブロック以上の距離で自動的にデスポーンする。
    • Mobが最も近いプレイヤーから32~54ブロックの間にいる場合、30秒間ダメージを受けないだけでなく、800分の1の確率でデスポーンする。
ブロック
  • トラップドアの当たり判定が視覚的な形と一致するようになった。(MCPE-13451)
  • 絵画を額縁の上に設置できなくなった。
  • 溶岩の隣にあるサボテンブロックが壊れるようになった。
  • 雪が積もった花が正しく壊れるようになり正しいアイテムをドロップするようになった。(MCPE-30147)
  • 氷ブロックやガラスに落ちた落下ブロックが壊れなくなった。
  • ピストンアームの上に上向きで設置されたブロックの一部で壊されるようになった。
  • 菌糸が光の不足により間違って土になってしまわなくなった。
操作
  • コントローラー使用時のインベントリ画面の質を変更。マウスやキーボード使用時の操作がより使いやすく、近いものになった。(MCPE-34912)
  • スニークを長押しして泳ぐと水中で下に向かって潜れるようになった。
  • 操作のプロファイルが水中でベッドから降りる際に適切に水の操作に切り替わるようになった。(MCPE-49632)
サウンド
  • 高速でエリトラで跳んでもサウンドが途切れなくなった。(MCPE-19945)
ユーザーインターフェース
  • プレイヤーが本と羽ペンで確認できる範囲を超えて入力できなくなった。
  • インベントリのホバーテキストの位置を入力コードを尊重するように調整(操作モードでは現在選択されているエレメントの端にホバーテキストを表示する必要がある)。
  • カボチャにハサミを使用した際に彫るツールチップが表示されるようになった。
  • ボートから離れるツールチップがプラットフォーム間で一貫して表示されるようになった。
  • 互換性のあるブロックに骨粉を向けると成長ツールチップが表示されるようになった。
  • 本と羽ペンをタッチ操作で使用してい際に誤ってキーボードを開いてしまわなくなった。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 「Minecraft Beta - 1.16.0.51 (Xbox One/Windows 10/Android)」 – Minecraft Feedback、2020年3月16日