Bedrock Edition beta 1.15.0.8

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
beta 1.15.0.8
RTX.png
エディション

Bedrock Edition

種類

Build

リリース日

Windows 10: 2020年4月16日

プロトコルバージョン

391

この記事はまだ書きかけであり、重要な情報が欠落している可能性があります。
この項目に関する詳細情報で内容を拡充してみませんか?

Bedrock Edition With RTX beta for Windows 10 1.15.0.8とは、2020年4月16日にリリースされた「Minecraft(Bedrock) with RTX」の最初のBetaバージョンである[1]

当バージョンは、Minecraft for Windows 10にRenderDragonを導入したものである。また、Bedrock Edition 1.16.0のBetaバージョンと区別を行うためバージョン番号が異なっている。

なお、当バージョンのプレイには、最低限Intel Core i5以上のCPU、8GB以上のRAMの空き容量、NVIDIA GeForce RTX 2060以上のGPUと最新のファームウェアアップデートなどが必要である。

追加要素[編集 | ソースを編集]

グラフィック[編集 | ソースを編集]

  • 設定画面に「DirectX Ray Tracing」の追加
    • 対応機種及び使用可能なワールドが限られている。

リソースパック[編集 | ソースを編集]

  • Worlds with enhanced resource packs now have more realistic lighting techniques
  • Resource packs using the new physically based rendering (PBR) system can now change the metallic properties, light emission, and roughness of materials

マーケットプレイス[編集 | ソースを編集]

  • DirectX Ray Tracing対応ワールド6種の販売開始


脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 「Minecraft NVIDIA RTX FAQ」 – Help.minecraft.net