Bedrock Edition beta 1.15.0.53

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
beta 1.15.0.53
エディション

Bedrock Edition

種類

Build

リリース日

Xbox One, Windows 10, Android: 2020年2月20日

親バージョン

1.15.0

プロトコルバージョン

393

Beta 1.15.0.53は2020年2月20日にリリースされたBedrock Edition 1.15.0の2番目のベータ版である。[1]バグ修正が行われた。

変更要素[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

オブザーバー

全般[編集 | ソースを編集]

マップ作成・Add-on
  • アイテムのスプライトがデータ駆動型になった。
  • ドラウンドがデータ駆動型になった。

修正[編集 | ソースを編集]

クラッシュ
  • ゲームプレイ中に発生する可能性があったいくつかのクラッシュを修正
パフォーマンス
  • キーフレームアニメーションの再生の最適化。
  • コンブの植物を破壊する際のパフォーマンスの最適化。
アクセシビリティ
  • テキスト読み上げがURLを適切に読み上げるようになった。
全般
  • 限られた空間にある残留ポーションとスプラッシュポーションのパーティクルが境界内にとどまるようになった。
  • リピートコマンドブロックとチェーンコマンドブロックが開かないバグを修正。(MCPE-63089)
  • 一部が食べられた状態のケーキのテクスチャが正しくなった。(MCPE-14757)
ゲームプレイ
  • スポンジブロックの近くの火に水を設置すると「透明」水ブロックが発生する問題を修正。(MCPE-57063)
  • 気泡柱の水を取れない問題を修正。(MCPE-37571)
  • 同じスペースに積み重なったトロッコが適切に読み込まれアンロードされるようになった。(MCPE-54244)
  • 足場を歩く音が正しくなった。(MCPE-53279)
Mob
  • マグマブロックでスポーンしたMobが適切にダメージを受けるようになった。(MCPE-47518)
グラフィック
  • Mobが手に持った防具が適切に描画されない問題を修正。
Add-on
  • ランタイム識別子フィールドを使用するカスタムエンティティがバニラエンティティの名前ではなくカスタムエンティティの名前を使用するようになった。(MCPE-56229)
  • circle_around_anchorの動作によりブロックが近くにあるMobがフリーズすることがある問題を修正。
  • 発射されたスプラッシュポーションと残留ポーションのprojectileコンポーネントにポーション効果があるようになった。
  • 当たり判定がスクリプトから更新されない問題を修正。
  • damage_sensorコンポーネントがMob以外のアクター(エンダークリスタルなど)で動作するようになった。
  • 空中にスポーンしたMobの動くと地面にいると扱われなくなった。
キャラクタークリエイター
  • 一部のキャラクタークリエイターの選択がセッション間で保存されないようになる問題を修正。(MCPE-32089)

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 「Minecraft Beta - 1.15.0.53 (Xbox One/Windows 10/Android)」 – Minecraft Feedback、2020年2月20日

|}