Bedrock Edition 1.10.0

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
1.10.0
エディション

Bedrock Edition

公式名称

Texture Update

リリース日

2019年3月19日[1]

開発版

Beta バージョン

1.10の他の
エディション


1.10.0 は、2019年3月19日にリリースされた Bedrock Edition のメジャーアップデートである。このバージョンでは、1.9.01.8.0 で追加されなかった Village and Pillage の要素の追加と Texture Update が行われた[2]

追加要素[編集 | ソースを編集]

Mob[編集 | ソースを編集]

行商人
  • village's gathering site に定期的に出現し、ゲーム内時間2〜3日(実時間で40〜60分)滞在するタイプの村人。多種多様なバイオームの素材・ランダムな染料・その他の珍しい素材の取引が可能
  • 特殊なラマを連れている
  • 試験的なゲームプレイを有効にしている場合のみ
ラヴェジャー
  • 試験的なゲームプレイを有効にしている場合のみ
  • 現在、基本的なAIを持っている
  • 殺されると鞍をドロップする。
ネコのスキン
  • Jellie の追加
    • コミュニティーキャットコンテストにおいて優勝したネコ

ブロック[編集 | ソースを編集]

コンポスター

石切台

  • 試験的なゲームプレイを有効にしている場合のみ
  • 現在は機能がない
  • 古いストーンカッターも、インベントリエディタから引き続き利用できる
焚き火
スイートベリーの低木
書見台
  • 書見台に本と羽ペンまたは著書を置くと、複数のプレーヤーが一緒に読むことができる
  • 本と羽ペンは読むことができるが、書見台に置いたときには編集できない
機織り機
  • 旗の模様を簡単に作成できる
木・樹皮を剥いだ木
  • 6つの面全てのテクスチャが原木の樹皮のものになっているブロックである
  • 使用されなくなったため、クラフトできるようになった

ワールド生成[編集 | ソースを編集]

ピリジャーの前哨基地
  • 村と同じバイオームで生成されると、ピリジャーが塔の周りにリスポーンする
  • 試験的なゲームプレイを有効にしている場合のみ
  • 限定要素: 基礎が高く生成されることがある
  • 限定要素: 大将の旗ではなく、黒いバナーで生成される

アイテム[編集 | ソースを編集]

旗の模様
  • 機織り機を使って作成できる
  • デザインを適用するために旗に追加できる
  • 限定要素: 旗の模様には、クリーパー模様、花模様、骸骨模様、何かの模様、レンガ模様、波形の縁取りの6種類がある
  • スニークすると、どちらかの手に装備されている盾が機能する
スイートベリー

ゲームプレイ[編集 | ソースを編集]

実績
  • 限定要素 新しい実績が追加された
    • どこかで見たロゴ: エンチャントされた金のリンゴを使って旗を作る

変更要素[編集 | ソースを編集]

ブロック[編集 | ソースを編集]

濡れたスポンジ
  • 限定要素: ネザーに置かれた時にすぐに蒸発するようになった
  • 落ちる時に0~2本の棒を落とす時がある
コーラスフラワー
  • 矢で撃たれた時に壊れるようになった
ディスペンサー
  • ハサミの入れたディスペンサーで羊の毛を刈ることができるようになった
白色のカーペット・染色されていない板ガラス
  • 作業台で直接染色できるようになった
ベル
ランタン
  • 試験的なゲームプレイを有効にしている場合のみ
  • ブロックの下部または上部に適切に取り付けられるようになった
  • テクスチャがアニメーション化された
  • レシピが追加された
原木樹皮を剥いだ原木
作物
  • 設置音が追加された
製図台
  • 試験的なゲームプレイを有効にしている場合のみ
  • クラフトレシピが追加された
    • 限定要素: Java Editionとは異なるレシピである
砥石
溶鉱炉燻製器
矢細工台

アイテム[編集 | ソースを編集]

クロスボウ
ウサギシチュービートルートスープ
  • 不定形レシピになった

モブ[編集 | ソースを編集]

村人
  • 2つのMobに分割された
    • 新しい村には新しい村人がスポーンする
    • イグルーの地下にいるのは昔の村人である
  • 新しい村人の行動
    • 新しい村人がスケジュールで行動するようになった
    • 新しい村人が眠るようになった
    • 村人が村の郊外に散歩するようになった
    • 村人は日中に雨が降るとドアを見つけようとするが、夜はベッドに移動する
    • 経路探索の更新および改善。
    • 村人の取引システムが見やすくなり、取引したいアイテムを保持するようになった
    • 村人は、自分のレベル、職業、バイオームごとに分かれた新しい服を着るようになった
    • 村人たちが村の収集場所の周りで一緒に交流するようになった
    • 司書が本棚を調べるようになった
    • 村人は、村で利用可能な仕事ブロックに応じて職業を切り替えることができる
      • 村人がベッドや対応する仕事ブロックに多く行くようになった
  • 石工、求職者、無職の村人が追加された
クリーパー
ネコ
  • 生鱈生鮭を与えると、体力が回復するようになった
村人ゾンビ
  • 2つの異なるMobに分割された
    • 新しい村人ゾンビは、バイオームや職業ごとの服装をしている
    • イグルーの地下にいるのは昔の村人ゾンビである
ピリジャー
JSON
  • Mobのイベントと動作がJSONを使用して設定できるようになった

ワールド生成[編集 | ソースを編集]

  • 建物がバイオームごとに異なるようになり、新しくなった
  • 村の仕事や集会の場所が追加された
  • ベッドの数=家の数である
  • タイガの村がより頻繁に生成されるようになった
  • 新しい村の変更により、ゾンビ村が削除された
  • 試験的なゲームプレイを有効にしている場合のみ
  • /locate village/locate newvillageの両方で建造物を検索できるようになった
    • /locate villageを使用した場合は正確な村の位置が特定できない可能性があるが、/locate newvillageを使用すると常に正確な村の位置が特定できる
  • 古いワールドタイプでは生成されなくなった
  • 限定要素: どんなベルの種類でも集まるポイントが指定できる
  • 限定要素: 村人たちが集まる仕事や集会の場所が、村で生成されるようになった
    • 村の境界に職業ブロックを設置すると、職業の場所を作成できる
要塞
  • 要塞が村の井戸の下に生成されることはなくなった
  • 村の下に要塞が発生する確率が減った
イグルー
  • バイオームに関係なく、ベッドは常に赤く生成されるようになった

全般[編集 | ソースを編集]

テクスチャ・アップデート
  • 新しいバニラのテクスチャがデフォルトパックとして配布された
  • プログラマーアートリソースパックから古いオリジナルのテクスチャが引き続き使用できる
ヘルプ
  • ヘルプボタンを押すと、関連するプレイ方法セクションにリンクするようになった
  • プレイ方法のセクションが更新された
スクリプトシステム
  • スクリプトが有効になっていないプレーヤーは、スクリプトが有効になっている互換性のないサーバーに参加しようとすると、適切なメッセージが表示されるようになった
  • スクリプトでプレーヤーの位置を更新すると、プレーヤーと正しく同期するようになった
  • スクリプトを介してアクターを作成すると、スポーンロジックが回避されるようになった
  • これにより、ヤマネコが赤ちゃんと一緒に出現するようなハードなコードのロジックが防止される
  • サポートされていないスクリプトのために切断されるプレイヤーのメッセージ文言を改善
  • 定義されたイベントデータオブジェクトなしでイベントを起動できるようになった
  • ビューのアクター/エンティティクエリの名前変更
  • スクリプトAPIにサウンドイベントが追加された
  • イベントデータがload_uiに追加された
  • ゲームUI画面で通常のようにカスタムUIを作成できるようになった
  • スクリプトAPIに「グローバルオブジェクト」が追加された
  • リファクタリングされたJavaScriptオブジェクトの登録
  • スクリプトエラーおよび警告ログを有効および無効にする機能が追加された
データ駆動型アニメーション
  • 階層型アニメーションをサポートするようにアニメーションシステムをリファクタリングし、アニメーションとアニメーションコントローラーを「アニメーション」として扱うようになった
  • JSONを新しいアニメーションサポートで更新し、アクター定義のスキーマをアップグレードし、アニメーションコントローラーとアクター定義のアップグレードが行われた
  • 羊と豚が新しいアニメーションシステムに変換された
  • ロケーターが骨格になった
  • ブレンド状態遷移
  • タラリードロケーターが削除された
  • ActorAnimationActorSkeletalAnimationに名前が変更された
  • 初期ポリゴンメッシュのサポート
  • TextureMesh幾何学が追加された
  • 新しいエンティティがbind_pose_rotationを使用できるようにするため、データ駆動型エンティティテストが反転されるようになった
  • イベントには、すべてのイベントデータを含むデータオブジェクトが定義されている
  • 新しい村人のアニメーションが追加された
権限
  • チートを有効または無効にするオプションが追加された、オペレーターのステータスと権限設定の改善
パーティクル
  • 標準のJSON形式を使用して編集できるようになった
  • test_example_にするなど、一部のパーティクルが変更された
  • test_muletest_sphereが削除された
リソースパック
  • ワールドテンプレートとは別になり、既存のワールドで個別に更新できるようになった
データ駆動型モデル
  • エヴォーカーの鼻にデフォルトの子育てが追加された
エンティティスクリプト機能
  • 試験的なゲームプレイではなくなった

修正[編集 | ソースを編集]

  • テクスチャテッセレータのさまざまな修正
  • 豚、羊、スライムのバグ修正
  • フレームごとにすべてのmobメッシュを再構築しないように修正
  • 既にスキンのベース材料に頂点形式の色を使用している非データ駆動型材料の修正
  • ゲームプレイ中に発生したいくつかのクラッシュを修正
  • マルチプレイヤーゲームへの参加をキャンセルしようと繰り返し試みると発生するクラッシュを修正
  • 追加のフォルダーにネストされたリソースパックがゲームをクラッシュさせることはなくなった
  • ハーフブロックを積み重ねても、ゲームがクラッシュしなくなった
  • モバイルデバイスでマーケットプレイスパック「City Cars」と「Mineville Film Studios」を起動しようとするとクラッシュする問題を修正
  • MCPE-39194 – マルチプレイヤーが有効な場合、ワールドはシングルプレイヤーのみの警告メッセージを表示しなくなった
  • ワールドを出て再参加するときにプレイヤーの位置が正確に保存されるようになった
  • ゲームから読込範囲を削除すると、使用済みメモリが正しく解放されるようになった
  • 水中でタッチコントロールを使用している場合、下降ボタンが正しく機能するようになった
  • カメは地上から浮上しなくなった
  • パフォーマンスを改善するため、パーティクルが最適化された
  • Xbox本体がスタンバイから再開されたときにXbox Liveから切断された場合、プレーヤーに通知されるようになった
  • ループUIアニメーションが時間の経過とともにメモリ使用量を増やすことはなくなった
  • ダメージのクールダウンは他の暴徒の攻撃を妨げなくなった
  • 色付きのビーコンのビームのテクスチャが圧縮されていないように見える
  • MCPE-20701 – ウィザースケルトンとヴェックスは名札で名前を変更できるようになった
  • MCPE-39296 – 水平方向に設置された足場が、非固体ブロックの上に正しく設置できるようになった
  • MCPE-40629 – 非標準のテクスチャパックが使用されている場合のピッグマンの頭の回転を修正
  • Java Editionに合わせて、「モンスターエッグ」ブロックの名前が「虫食いブロック」になった
  • シルクタッチで採掘された虫食いレンガが、普通のレンガとしてドロップする
  • 新しく作成されたワールドに適用されたテクスチャパックがアクティブリストに表示されるようになった
  • ワールドに適用されているがキャッシュから削除されている場合、プレーヤーはパックを再ダウンロードするように求められる
  • MCPE-39094 – 防具立てが引かれていないクロスボウを持てるようになった
  • MCPE-39324 – 足場の上に置かれた雪を登ることができるようになった
  • MCPE-38285 – パンダが竹を食べているときの食べるパーティクルが正しく着色されて表示されるようになった
  • MCPE-39380 – 要塞の階段が正しく生成されるようになった
  • MCPE-39064 – 防具立てが持っている武器が正しいサイズになった
  • MCPE-39061 – パンダが持っている食べ物のサイズと位置が正しくなった
  • MCPE-39261 – プレーヤーがベッドがら少し離れた場所にリスポーンすることがあるバグを修正
  • MCPE-37726 – 溶岩がブロックの角を通ってプレーヤーにダメージを与える事があったバグを修正
  • MCPE-37424 – 建物内の村人を追うゾンビの経路探索を修正
  • MCPE-39507 – 壁に置かれた旗のテクスチャが地面に置かれたものと同じでなくなった
  • MCPE-38338 – 足場を素早く設置すると、足場が支えられずに落ちる
  • MCPE-38018 – 雪のバイオームで草や花の周りに雪が積もるようになった
  • メサバイオームで白いテラコッタが正しい量で生成されるようになった
  • スケルトンが鉄のゴーレムを攻撃するようになった
  • Mobがはスポーンするときに♥のパーティクルが出なくなった
  • 竹ジャングルの水が正しい色になった
  • ネコに魚を餌として与えることで体力が回復するようになった
  • 長時間スクリプトを実行した後に発生するクラッシュを修正
  • Minecraft VRの[リセンター]ボタンは、XではなくYになった
  • チェスト付きトロッコは、/killコマンドで殺された場合、アイテムをドロップするようになった
  • グローバルリソースパックが特定の世界に適用されていない場合、アクティブパックリストに表示されなくなった
  • 石切台ブロックのz方向のテクスチャの問題を修正
  • MCPE-40279 – シュルカーボックスを新しい染料で染色できるようになった
  • MCPE-39773 – ウィザーの遠距離攻撃と急襲攻撃を修正
  • MCPE-38983MCPE-39785 – 関数で実行される複数のコマンドが正しい実行場所から実行されるようになった()
  • 「テンプレートワールドオプションのロック解除」ポップアップにプレースホルダータイプのメッセージがなくなった
  • 「experimental_custom_ui」が欠落しているパックでは、UIのロードが許可されなくなった
  • 'minecraft:look_at'コンポーネントは、スクリプトとJSONの間で一貫した名前を使用するようになった
  • MCPE-40110 – 逆さまのシュルカーの開くアニメーションが正しくなった
  • パンダが食べ物を食べるテクスチャを修正
  • MCPE-37640 – メニューボタンを選択後に強調表示されたままにならなくなった
  • スコアボードが正しいエントリを表示しないことに関連する問題を修正
  • MCPE-39727 – 友好Mobが正しいブロックタイプでスポーンするようになった
  • MCPE-29698 – 変異したシラカバの森のバイオームに高いシラカバの木が生成されるようになった
  • MCPE-39590 – チートを無効にすると、コマンドフィードバックを受信しなくなるようになった
  • 難破船のトラップドアが正しく回転するようになった
  • 以前に生成された村でネコが正しくスポーンするようになった
  • MCPE-39081 – 一部のWindows 10ユーザーに影響を与えていた、テクスチャが誤って位取られていた問題を修正
  • Marketplaceバンドルの説明が間違っている可能性があるバグを修正
  • 「新しい」旗がすべての新しいマーケットプレイスアイテムで正しく表示されるようになった
  • スケルトンの近接攻撃のアニメーションを修正
  • MCPE-30536 – ベータヘッダー情報のFPS値が常に0.0になるバグを修正
  • エンドでゲームに再参加するときに発生するクラッシュを修正
  • MCPE-39877 – 一部のデバイスでゲームを正しく起動できないバグを修正
  • Switchで大きなワールドをコピーするときに時々発生するクラッシュを修正
  • 部分的にコピーされたワールドは、設定保存タブにのみ表示されるようになった
  • Nintendo Switchでジュークボックスを使用すると発生するクラッシュを修正
  • Dwarven Mining Companyマーケットプレイスマップのクモの足のアニメーションを修正
  • ユーザーがマルチプレイヤーのアクセス許可を持っていない場合、LANゲームを無効にするXbox Oneの問題を修正
  • カスタムスポーンイベント内で領域フィルターが機能しない問題を修正
  • randomTickSpeed関数のさまざまな修正と改善
  • MCPE-34820 –Nintendo Switchでテクセルアンチエイリアシングを無効にしてもグラフィックスが破損しなくなった
  • ゲームをロードするときに時々発生するクラッシュを修正
  • Marketplaceの並べ替えと検索結果に対するさまざまな修正と改善
  • VRモードで撮影されたスクリーンショットの問題を修正
  • ゲームが中断された場合、ユーザーが「Converting World」画面でフリーズする問題を修正
  • マルチプレイヤーパックのダウンロード中に切断されたプレイヤーがワールドのセーブ画面でフリーズしなくなった
  • 睡眠目標を修正し、モブが側面にブロックのあるベッドに入ることができるようになった
  • MCPE-40745 –クロスボウにロケット花火をチャージすると、矢がロードされているように表示されなくなった
  • ユーザーが正しく署名されていない場合にXboxで発生する可能性があったクラッシュを修正
  • パーセンテージで始まるタグが正しく表示されるようになった
  • ヤグルマギクが額縁で正しくレンダリングされるようになった
  • MCPE-38614 – Nintendo Switchで「タッチのみでホットバーを操作する」を有効にするのが、正常に機能するようになった
  • コントローラーの感度設定(画面に触れてもコントローラーの動きが妨げられなくなった)
  • 設置・破壊ツールチップを含むクリエイティブの構築距離の増加を削除
  • 最後のホットバースロットが選択されている場合、画面に触れても8番目のスロットに切り替わらなくなった
  • Nintendo Switchで大きな世界をダウンロードするとクラッシュする可能性がある問題を修正
  • MCPE-37155 – 水平に流れる水で昆布が成長するバグを修正
  • 一部のサーバーでポータルに入るときに発生するクラッシュを修正
  • 飛び回るときに光源バグを引き起こす可能性がある問題を修正
  • ネコがプレイヤーから離れすぎたときに食べ物に誘惑されなくなった
  • 一部のマーケットプレイスコンテンツに影響を与えていたウィザースケルトンモデル幾何学の問題を修正
  • スコアボードセレクターを使用しても、プレイヤー名に余分なキャラクターが追加されなくなった
  • 牛とオウムのモブのアニメーションを修正
  • エンダードラゴンの攻撃はパーティクルで軌跡を表示するようになった
  • MCPE-38916 – モブによる妨害が無効になっている場合、モブは絵画を破壊できなくなった
  • MCPE-40437 – ドロップされたアイテムエンティティを検出したときに、スクリプトでエラーメッセージが表示されなくなった
  • MCPE-34641 – クロスプラットフォームのマルチプレイヤーを妨げるNintendo Switchの変換されたワールドのバグを修正
  • 「player_attacked_actor」スクリプトイベントの名前を「player_attacked」に変更
  • スクリプティングを使用して、パーティクルをMobに正しく接続できるようになった
  • 大きなワールドテンプレートをロードするときに発生するクラッシュを修正
  • MCPE-34032 – ドラウンドのスポーン数が減った
  • 花火の星がクリエイティブインベントリで黒く表示されなくなった
  • スクリプトイベント「entity_created」が正しく起動するようになった
  • スクリプトイベント「isValidEntity」が期待どおりに機能しない問題を修正
  • 「damage_sensor」スクリプトコンポーネントが予想どおりに機能していなかったのを修正
  • 既存の防具立てが白くならない
  • マーケットプレイスに表示されることがある黒とピンクのテクスチャアイコンが表示されない問題を修正
  • プレイヤーがまだロード中にゲームを中断すると、テクスチャが失われる可能性があるバグを修正
  • ヴェックスが持っている剣の問題を修正
  • モバイルデバイスで新しい村の近くにスポーンすると発生するクラッシュを修正
  • 高いシラカバの森の丘陵が再び正しい高さで生成されるようになった
  • スコアボードは、カスタムの名前付きエンティティで正しく機能するようになった
  • スクリプトのドキュメントの調整と修正:
    • スクリプトのコピーと貼り付けをより簡単に行えるように、スクリプトのドキュメントから余分なスペースを削除
    • minecraft:pick_hit_result_changedの位置パラメーターに小文字を使用するように、スクリプトのドキュメントを調整
    • initialize()関数をより適切に使用する方法を示すために、スクリプトのドキュメントを更新し
  • createEntity()ドキュメントが、作成されたエンティティタイプと識別子を呼び出すようになった
    • マニフェストファイルのドキュメントがある
    • HTMLを例として印刷するときに、タブが2つのスペースに変換されるようになった
    • SpatialQueryのドキュメントでは、3つのオプションのパラメーターはすべてか、まったくないかについて言及している
    • スクリプトレベルのコンポーネントドキュメントが生成されないバグを修正
    • SpawnParticleInWorldイベントの使用時に発生する可能性があったスクリプトのクラッシュを修正
    • isValidEntityのスクリプトは、有効なエンティティのみを正しくチェックするようになった
    • 一部のエンティティコンポーネントのhasComponentの結果が誤っていたのを修正
  • 村で生成された建物に地形が調整されないことが多く、浮いた建物が発生する問題を修正
  • 冗長土ブロックが村の建物内に生成される問題を修正
  • ゲームの起動時に発生する可能性があったクラッシュを修正
  • iOSプレイヤーがゲームへの招待を受け入れることを妨げていたクラッシュを修正
  • エンダードラゴンはリスポーンされても見えなくなった (MCPE-41377)
  • 書見台のモデルが、より高い解像度のテクスチャをサポートするようになった
  • カスタムエンティティスポーンエッグがディスペンサーで正しく機能するようになった(MCPE-40408)
  • [type=]コマンド引数でカスタムエンティティを使用できるようになった
  • ピリジャーが額縁に設置されたときのスポーンエッグのテクスチャを修正(MCPE-39530)
  • プレイヤーは盾を手に持ってリスポーンできなくなった
  • 盾は、3人称視点で急速に上下するときに正しく表示されるようになった
  • ダメージをブロックするとき、盾は常に揺れるようになった
  • クロスボウを持っているときに、構えられた盾が正しくアニメーションするようになった(MCPE-41255)
  • カスタムエンティティでスポーンするときに発生するクラッシュを修正
  • ゾンビの馬のたてがみのZ方向のテクスチャの問題を修正
  • エンダーマンは、攻撃時に常に何かを持っているようには見えなくなった
  • 不足しているパックアイコンを持つリソースパックを追加するときに発生するクラッシュを修正
  • 一部のリソースパックを読み込むときに時々発生するクラッシュを修正
  • 赤ちゃんモブは、リードをつけられたときに一時的に大人のサイズで表示されなくなった
  • ゲームを再起動すると、Xbox Oneでワールドが正しい順序で表示されるようになった
  • 動物を繁殖させると、2つの赤ちゃんMobが生成されなくなった
  • ワールドをコピーするときにXbox Oneで発生するクラッシュを修正
  • すべてのアイテムオプションが切り替えられた場合、レシピブックからアイテムが作成されないバグを修正
  • 一部のデバイスでスプラッシュ画面を超えてゲームがロードされないことがある別の問題を修正 (MCPE-35078)
  • 行商人のラマは、不正なテクスチャでレンダリングされなくなった (MCPE-41162).

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. Tom Stoneによる「Minecraft Bedrock Update Incoming!」 Minecraft.net、2019年3月19日
  2. 「Minecraft - 1.10.0 (Bedrock)」 – Minecraft Feedback、2019年3月19日