Hi Gamepedia users and contributors! Please complete this survey to help us learn how to better meet your needs in the future. We have one for editors and readers. This should only take about 7 minutes!

Bedrock Edition/未使用の要素

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

このページでは、Bedrock Edition に追加されてはいるものの、それが実際に使用されていない、または今後追加される新機能のプレースホルダとして実装されている要素について解説している。

ブロックとアイテム[編集 | ソースを編集]

絵画[編集 | ソースを編集]

ゲーム中には使用されていない 2×2 の絵画がある。IDA などで Android の libminecraftpe.so ファイル(Apk ファイルを解析すると存在するファイル)を解析し、Motive::getAllMotivesAsList(void)(全ての絵画を取得する関数)を呼び出すことで見ることができる。だが Painting::setRandomMotive(int) はランダムに絵画を設置するので除外する。これらの絵画の用途や目的は不明である。

絵画 サイズ 名前 説明
Earth painting.png 2×2 ブロック
32×32 ピクセル
Earth 茶色の背景に薄茶色の四角形が描かれている
Water painting.png 2×2 ブロック
32×32 ピクセル
Water 上側に濃い青のギザギザ、背景は水色で描かれている
Fire painting.png 2×2 ブロック
32×32 ピクセル
Fire 黄色の背景にオレンジ色の二等辺三角形が描かれている
Wind painting.png 2×2 ブロック
32×32 ピクセル
Air 白い背景にベージュの円が描かれている

ストーンカッター[編集 | ソースを編集]

ストーンカッターは、Bedrock Edition に存在する限定的なブロックである。現在はクリエイティブのみで入手可能で、主に装飾ブロックとして使われる。Pocket Edition Alpha 0.13.0 でサバイバルから削除された。

なお、Bedrock Edition 1.10.0 にて同名の「ストーンカッター」というブロックが追加されたが、この何の機能も持たないストーンカッターは「ストーン カッター」という名称で内部的に残されている[1]

ネザーリアクターコア[編集 | ソースを編集]

ネザーリアクターコアは、ネザーリアクターの建造に必要だったブロックだが、Pocket Edition Alpha 0.12.1 でのネザー実装に伴い削除された。しかし、ゲーム内では存在はしている。インベントリ編集や過去のバージョンから所持している場合は入手が可能だ。また、クリエイティブモードでも使用ができる。採掘時には、シルクタッチを用いらない限り、その材料のアイテムがドロップされる。

輝く黒曜石[編集 | ソースを編集]

輝く黒曜石は、ネザーリアクターの起動中に、ネザーリアクターコアの周りにある丸石と置き換えられるブロックである。このブロックもネザーリアクターコアと同様の理由で Pocket Edition Alpha 0.12.1 にて削除された。12の明るさレベルを発し、採掘には黒曜石と同じダイヤのツルハシを要する。ドロップされるのはこのブロックではなく、黒曜石である。入手するには、インベントリ編集かシルクタッチで採掘しなければならない。

info_reserved6[編集 | ソースを編集]

info_reserved6
.name.png
種類

不明

落下

しない

透過

しない

発光

なし

回収道具

全ての道具

データ値

dec: 255 hex: FF bin: 11111111

info_reserved6 は、Bedrock Edition に存在する未使用のブロックである。Pocket Edition Alpha 0.3.3 ~ Alpha 0.6.1 では、すべてのブロックにが燃え移ってしまうバグがあり、このブロックはその原因である炎のプレースホルダとして機能していた。ゲーム内での名称は ".name" となっている。Alpha 0.7.0で炎が置き換えられ、延焼プログラムの問題が修正された。それに伴ってこのブロックのデータ値ID 255 へと変更された。現在は外部ツールを用いることによって得ることができる。Pocket Edition Alpha 0.15.0 で完全に削除され、入手しても info update ブロックが手に入るだけである(名前は info_reserved6)。

info update[編集 | ソースを編集]

info update
Update Game.png
Block 249.png
種類

不明

落下

しない

透過

しない

発光

なし

回収道具

データ値
update!
dec: 248 hex: F8 bin: 11111000
ate!upd
dec: 249 hex: F9 bin: 11111001
名前空間ID

update!: info_update
ate!upd: info_update2

Update Game Block は、Bedrock Edition に存在するプレースホルダブロックである。ゲームが既存ブロックとして ID を認識できない時に、その代わりとしてワールドに配置されていた。通常では手に入らず、こちらも得るには外部ツールが必要。

ステータス効果[編集 | ソースを編集]

Bedrock Edition にはいくつかのステータス効果があるが、その中には外部ツールを使用しないと得られないものがある。

盲目[編集 | ソースを編集]

盲目のステータス効果は Pocket Edition Alpha 0.12.0 の Build バージョンで追加された。プレイヤーの周りに黒い霧を作る。この効果はオブジェクトや色付きテキストの描写に影響を与える問題がある。

歴史[編集 | ソースを編集]

Pocket Edition Alpha
0.1.3info update ブロックが追加された。
0.3.3拡散の不具合により炎が削除された。同時に info_reserved6 へと置き換えられた。
0.7.0info_reserved6 が延焼プログラムの再実装により、炎に置き換えられた。ただし、ID 255 のデータ値は未だに存在している。
0.11.0ガストが追加された。しかし、正常にスポーンすることができなかったため、スポーンさせるには外部ツールが必要だった。
マグマキューブが追加された。ネザーで自然にはスポーンしないが、クリエイティブモードでのスポーンエッグでスポーンさせることができた。
0.12.1ネザーリアクターコアが使用できなくなった。
ガストとマグマキューブがネザーでスポーンするようになった。
0.13.0ストーンカッターがサバイバルでクラフトや使用することができなくなり、クリエイティブモード限定の装飾ブロックとなった。
0.14.0カメラ(ID 439)とエンダーパール(IDは無い)が追加された
0.14.2カメラのIDが498に変更され、アイテムのカメラを使ってスポーンさせていた。スポーンエッグのデータ値は62。
0.15.0info_reserved6 ブロックが削除された。テクスチャは info update ブロックのものが使われている
0.16.0build 1info_reserved6 ブロックが /setblock コマンドで設置できるようになった。
カメラがブロックとしてインベントリに追加され、エンティティとしてスポーンさせられるようになった。コマンド(/setblock ~ ~ ~ camera)か外部ツールでしか設置出来ない
build 2カメラが削除され、Education Edition の限定要素となった

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. なお、この何の機能も持たないストーンカッターの名称IDはStonecutter、1.10にて追加されたストーンカッターの名称IDはStonecutter_blockとなっている