物々交換

提供: Minecraft Wiki
Barteringから転送)
移動先: 案内検索
Grass Block.svg
このページには、Java Editionの次回以降のアップデートに含まれるであろう要素に関する内容が含まれています。
これらの要素はJava Editionの開発版で登場していますが、これらの要素が含まれた正式なアップデートはまだ行われていません。

物々交換(英:Bartering)は、プレイヤーがPiglinと行うことのできるアクションである。

仕組み[編集 | ソースを編集]

物々交換は、ルートテーブル minecraft:gameplay/piglin_bartering により制御されている。 Piglinとの物々交換は、Piglinの近くに金インゴットを投げるか、Piglinに金インゴットを使用することで行える。Piglinは金インゴットを手に持ち、6秒間眺める。その後、以下の表の通りにPiglinはプレイヤーにランダムなアイテムを投げ返す。

金インゴットを眺めるPiglin

Piglinが投げるアイテムは、次のいずれかである。

物々交換で得られるアイテム
アイテム 確率 重み
Netherite Hoe 1 1417
(~0.24%)
1
エンチャントの本Soul Speed 1
鉄のブーツSoul Speedのエンチャント付与) 1 5417
(~1.20%)
5
鉄塊 9–36 10417
(~2.40%)
10
耐火のスプラッシュポーション 1
耐火のポーション 1
ネザークォーツ 8–16 20417
(~4.80%)
20
グロウストーンダスト 5–12
マグマクリーム 2–6
エンダーパール 4–8
8–24
ファイヤーチャージ 1-5 40417
(~9.59%)
40
砂利 8–16
4–10
ネザーレンガ 4–16
黒曜石 1
Crying Obsidian 1–3
ソウルサンド 4–16

プレイヤーが1スタックの金インゴットを投げた場合、Piglinは一度に1個ずつ拾い、6秒ごとにアイテムを投げる。拾い上げられる金インゴットがなくなると通常の振る舞いに戻るため、すぐにプレイヤーを攻撃する場合がある。

Piglinを攻撃すると、金インゴットはPiglinのインベントリに入り、再度の物々交換ができなくなる。格納された金インゴットは、Piglinが倒されたときにドロップする。金インゴットを眺め終える前に一撃で倒されたPiglinは、他の持ち物と同じ確率で金インゴットをドロップする。

歴史[編集 | ソースを編集]

開発中のJava Edition
1.1620w07a物々交換が追加された。(詳細は物々交換/20w09a以前を参照)
20w09a物々交換で得られるアイテムから、ソウルサンドキノコCrimson Fungi火打石腐った肉、および生の豚肉が削除された。
物々交換で得られるアイテムに、Crying Obsidian、火炎耐性のポーションおよびスプラッシュポーション、およびNetherite Hoeが追加された。
物々交換の確率が調整された。
バグにより、すべての物々交換において1–5スタックのアイテムが得られた[1]
20w10a物々交換で得られるアイテムの量が修正された。(詳細は物々交換/20w11a以前を参照)
物々交換で得られるアイテムから、Warped NyliumWarped Fungus、およびShroomlightが削除された。
物々交換で得られるアイテムに、鉄塊およびソウルサンドが追加された。
物々交換の確率が調整された。
20w11a物々交換で得られるアイテムに、Soul Speedのエンチャントが付与されたエンチャントの本および鉄のブーツが追加された。

問題点[編集 | ソースを編集]

「物々交換」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

脚注[編集 | ソースを編集]