Amethyst Geode

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Information icon.svg
この項目はJava Edition限定の要素です。
Grass Block JE8 BE5.png
このページには、 Java Editionの次回以降のアップデートに含まれるであろう要素に関する内容が含まれています。
これらの要素はJava Editionの開発版で登場していますが、これらの要素が含まれたJava Editionの正式なアップデートは行われていません。
Amethyst Geode
Amethyst Geode.png
バイオーム

全て

構成ブロック
既存チャンク
での生成

しない

Amethyst Geode。

Amethyst Geodeは、Amethyst、TuffおよびCalciteの唯一の供給源となる、地中に生成される構造物である。

生成[編集 | ソースを編集]

Amethyst GeodeはY=0~64の間でのみ自然生成される。洞窟や渓谷、廃坑などの構造物を上書きして生成されるが、他の構造物に上書きされて見つかることもある。また、生成時に岩盤を破壊する可能性がある。

構造[編集 | ソースを編集]

Amethyst GeodeはBlock of Amethystと、ランダムに存在するBudding Amethystから成る空洞と、それを取り囲むように生成されるCalciteの層、それらの外殻となるTuffの層から構成される。Amethyst Geodeは95%の確率でひび割れた状態で生成される。

洞窟はAmethyst Geodeのひび割れた部分が洞窟に面している稀なケースを除いてAmethyst Geodeと接続されない[1]

歴史[編集 | ソースを編集]

2020年10月3日Amethyst GeodeがMinecraft Live 2020で発表された。
開発中のJava Edition
1.1720w45aAmethyst Geodeが追加された。

問題点[編集 | ソースを編集]

「Amethyst Geode」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 生成される構造物にもかかわらず、「構造物の生成」オプションがオフになっていても生成される。
  • Amethyst Geodeの形状や層の重なり方が、実際のアメジストジオードのものと同じようである。

脚注[編集 | ソースを編集]