廃坑

提供: Minecraft Wiki
Abandoned Mine Shaftから転送)
移動先: 案内検索
この記事は内容の更新を必要とします。
情報の一部は、現在の最新バージョンには適応されません。
AbandonedMineshaftChest.png
ダンジョンにつながった廃坑。

廃坑(Abandoned Mine Shaft)は、Beta 1.8で要塞とともに追加された構造物である。

構造[編集 | ソースを編集]

廃坑はまっすぐに交差し合う幅3ブロックのトンネルが続く。天井は2~3ブロックの高さでデコボコしており、木材フェンスがそのトンネルを支えている。所々に分断されたレールが廃坑の床に見られ、所々に松明クモの巣が配置されている。多数のクモの巣が密集したところには、中心に洞窟グモスポーンブロックが隠されている。階段状になったトンネルが存在している事もある。洞窟グモはこのエリアにのみ出現する。

廃坑中に点在するチェスト付きトロッコには金インゴットや[[鉄インゴット]、鉱石、食糧、種、松明といった資源が入っているが、稀にダイヤモンドツルハシまで入っていることがある。海洋バイオームに廃坑をはみ出しながら一つスポーンすることもある。廃坑は鉄鉱石金鉱石といった鉱石が豊富で、地中深くの廃坑ならば、ラピスラズリ鉱石レッドストーン鉱石ダイヤモンド鉱石を見つける事も出来る。トンネルを支える支柱は木材でできているので、地下探索中の廃坑は木材の良い供給源となる。

チェストから手に入るアイテムの一覧

探索[編集 | ソースを編集]

一番簡単に廃坑を見つける方法は、渓谷を見つけることである。よく廃坑が交差・露出している場合があるからである。海洋バイオームにおいては、所々が水に露出した廃坑のトンネルの上面が見つかることがある。

廃坑は広い迷路のようになっているので、座標を覚えたり、目印をつけないと、自分の位置を把握しづらくなる。毒を持った洞窟グモが多数生息し、装備無しでの探索は危険である。しかし、自然に置かれた松明が時折設置されれているので他の敵性Mobは少なく、洞窟グモスポナーの存在を除けば洞窟よりも安全である。砂利が時々、廃坑に崩れ落ち、行き止まりのようになっていることがある。砂利の壁を何ブロックか掘ると、まだ廃坑が続いている事がある。

廃坑で見つかる大量の資源を利用して、クモの巣を剣で切り落とし、支柱から木材を採取して、坑道の中にベッドのある仮拠点を作ってもよいかもしれない。探索は楽になるが、迷子になって仮拠点に置いた資材を失ったり、複雑な構造の廃坑内で洞窟グモなどによって死ぬことはあるかもしれない。そのような場所を探検する時は、用心するのが重要となる。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

バグ[編集 | ソースを編集]

  • ワールド生成バグで廃坑の一部が宙に浮くことがある。これは廃坑が地下渓谷を跨ぐ時に最も目を引くものであり、廃坑の木の支柱が浮いている様子が見られる。チェストやトロッコの線路もこれに含まれる。
  • ダンジョンと廃坑が同時に生成されていると、プレイヤーに壊されアイテムが拾われなかったダンジョンや廃坑のチェストのように、チェストからのドロップアイテムが散らばっていることがある。シード値“When Pigs Fly” (1274876030)の座標
    x: 279 y: 25 z: -501
    にこの例がある。
  • 廃坑が生成される時、二つの廃坑が互いに重なるように生成される場所がある。上の廃坑を横断しようとすれば非常に厄介な障害となり得る。
  • 廃坑に自然生成される松明が稀に宙に浮いていることがある。

豆知識[編集 | ソースを編集]

廃坑で見られる部屋の一つ
  • 1.8のプレリリース1と2では、坑道の支柱は木材だけでできていた。柵は後にバージョン1.8で追加された。
  • 廃坑やその周辺では変わった地形生成があり、目立った意味もなく地面が土に覆われた広い部屋をランダムに発生させることが知られている。バグなのか意図的な仕様なのかは不明である。時々、この部屋の天井に洞窟グモスポナーが据え付けられていたり、まれに他のスポナー部屋が上部に生成されている(ゾンビ部屋等)との報告があるので、難易度Easy以上で部屋を探索する時は気を付けるべきである。
  • 廃坑への入り口は水面下にも現れることがあり、坑道を水浸しにしている。
  • マグマがある渓谷に面している廃坑は稀にマグマから引火し、通路が無くなっている事がある。

関連ページ[編集 | ソースを編集]