Java Edition 18w43a

提供: Minecraft Wiki
18w43aから転送)
移動先: 案内検索
18w43a
18w43a.jpg
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2018年10月24日

親バージョン

1.14

ダウンロード

クライアント
サーバー

プロトコルバージョン

440

データバージョン

1901

Book and Quill.png
この記事は翻訳途中です。
あなたが内容を翻訳してみませんか?
訳註
亀甲括弧内の日本語訳は確定したものではありません。今後変更が行われる場合があります。

18w43a は、1.14 の最初のスナップショットである[1]

追加要素[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

進捗
  • 以下の進捗が追加された:
    • Ol' Betsy〔おてんば〕: Crossbow〔クロスボウ〕を撃つ
    • Who's the Pillager Now?〔どっちが略奪者?〕: 略奪者を奴らの手段で懲らしめる
    • Two Birds, One Arrow〔一石二鳥〕: 矢を貫通させて2体のファントムを倒す
    • Arbalistic〔クロスボウの達人〕: 5種類の Mob をクロスボウを使って一度に倒す

ブロック[編集 | ソースを編集]

Bamboo〔竹〕
  • ジャングルおよび Bamboo Jungle〔竹林〕バイオームで見つけられる
  • 難破船およびジャングルの寺院でも見つけられる
  • Panda〔パンダ〕を倒す、またはジャングルバイオームで釣りをすることで入手できる
  • 12~16ブロックの高さまで成長する
    • 骨粉を与えると1~2ブロック成長する
  • を使うと即座に破壊できる
  • Panda〔パンダ〕の餌や、燃料、植木鉢の植物として使用できる
  • 2個の Bamboo(竹)を使用してをクラフトできる
Loom〔機織り機〕
  • 2個の、および2個の木材を用いてクラフトできる
  • 以前までクラフトで行っていた旗の模様のデザイン、色付け、および旗への模様の適用を、より容易に行うことができる
  • UI には、染料、および Banner Pattern〔旗の模様〕のスロットがある
  • 一般的な模様の作成に必要な染料が1個となる
  • 既存の旗のレシピは削除される
  • 特殊な旗の模様は、Banner Pattern〔旗の模様〕と呼ばれる新たなアイテムにクラフトできる
    • 、およびその模様に対応したアイテムからクラフトできる
  • 旗に特殊な模様を適用する際、Banner Pattern〔旗の模様〕を使用しても消費はされない
  • 適用可能な旗の模様は、UI 上に一覧で表示される
看板
  • 異なるすべての木の種類(マツ、シラカバ、アカシア、ジャングル、ダークオーク)に対応する看板が追加された
ハーフブロック
  • 石、安山岩、磨かれた安山岩、閃緑岩、磨かれた閃緑岩、花崗岩、磨かれた花崗岩、苔むした石レンガ、苔むした丸石、滑らかな砂岩、滑らかな赤い砂岩、滑らかなクォーツ、赤いネザーレンガ、およびエンドストーンレンガに対応するハーフブロックが追加された
階段
  • 石、安山岩、磨かれた安山岩、閃緑岩、磨かれた閃緑岩、花崗岩、磨かれた花崗岩、苔むした石レンガ、苔むした丸石、滑らかな砂岩、滑らかな赤い砂岩、滑らかなクォーツ、赤いネザーレンガ、およびエンドストーンレンガに対応する階段が追加された
  • レンガ、安山岩、閃緑岩、花崗岩、プリズマリン、石レンガ、苔むした石レンガ、砂岩、赤い砂岩、ネザーレンガ、赤いネザーレンガ、およびエンドストーンレンガに対応する塀が追加された

アイテム[編集 | ソースを編集]

Banner Pattern〔旗の模様〕
Crossbow〔クロスボウ〕
  • 鉄インゴット、およびトリップワイヤーフックからクラフトできる
  • と同じく、武器として使用できる
    • 弓よりも強く、射程距離は長いが、装填に時間がかかる
    • 右クリックを長押しすることで装填を行い、もう一度右クリックすると発射する
    • 装填の状態はインベントリで保持され、後から使用できる
  • 片方の手に Crossbow を持った状態で、もう片方の手にロケット花火を持っていると、ロケット花火を発射できる
  • 以下の新たなエンチャントを付与できる:
    • Multishot〔拡散〕: 一度に3本のを、異なる方向に発射できるようになる。Piercing〔貫通〕とは同時に付与できない
    • Quick Charge〔高速装填〕: 装填時間を短縮させる。レベル III まであり、1レベルにつき0.25秒短縮する
    • Piercing〔貫通〕: 発射物が Mob を貫通するようになる。レベル IV まであり、Multishot〔拡散〕とは同時に付与できない
染料
  • 青色、茶色、黒色、および白色に対応する染料が追加された
    • 以前までのこれらの色に対応するアイテム(骨粉、[イカスミ]、カカオ豆、およびラピスラズリ)は直接染料として使用できなくなる
    • 新たな染料は、それぞれの材料からクラフトできる
スポーンエッグ
  • Illager Beast Spawn Egg〔イリジャービーストのスポーンエッグ〕
  • Panda Spawn Egg〔パンダのスポーンエッグ〕
  • Pillager Spawn Egg〔ピリジャーのスポーンエッグ〕
Suspicious Stew〔怪しげなシチュー〕

Mob[編集 | ソースを編集]

  • Panda〔パンダ〕
    • 現時点では自然にはスポーンしない
    • 体力20 ( × 10) である
    • 倒した際に Bamboo〔竹〕をドロップする(ドロップ増加の影響を受けない)
    • アイテムの Bamboo〔竹〕やケーキを探して食べる
    • 繁殖させることができる
      • 子供の Panda は時々くしゃみをして、近くの Panda を驚かせる。また、その際にスライムボールをドロップすることがある
      • Variants are inherited by a special panda inheritance system.
    • さまざまな性格を持つ
      • 怠けていたり、ふざけていたり、攻撃的だったりする
    • 稀に茶色の Panda がスポーンすることがある
    • 転がったり、後ろ脚で座ったりする
    • When hit, nearby villagers will display the angry villager particles.

ワールド生成[編集 | ソースを編集]

コマンド[編集 | ソースを編集]

/drop
  • Drops items in various contexts.
    • Syntax: /drop <target> <source>.
      • Sources:
      • Targets:
        • world: drops in world.
        • player: puts in player inventory.
        • entity: sets entity slots like replaceitem.
        • block: puts (distribute, as if shift-clicked) or replaces/merges (insert) items in container.
/schedule
  • Schedules functions or tags to run in gametime ticks.
  • Any tag/function can be scheduled only once.
  • Calling for an already scheduled function/tag will replace the oldest record.

変更要素[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

クレジット
  • クレジットの一覧が更新された
ポーズ画面
  • "Give Feedback"〔フィードバックを送る〕、および "Report Bugs"〔バグを報告する〕のボタンが追加された
テクスチャ
進捗
  • 「どうやってここまで?」の達成に、Suspicious Stew〔怪しげなシチュー〕で付与される 満腹度回復および 盲目が必要となった

ブロック[編集 | ソースを編集]

コーラスフラワー
ディスペンサー
  • を0〜2個ドロップするようになった
ネザーレンガのフェンス
  • ネザーレンガブロックの他、アイテムのネザーレンガを含めるレシピに変更された
    • 新たなレシピは、4個のネザーレンガブロックと2個のレンガとなった
    • 既存のレシピは Nether Brick Wall〔ネザーレンガの塀〕のクラフトに使用される
看板
  • 名称が「Oak Sign〔オークの看板〕」へ変更された
  • デフォルトの文字色が黒色から白色に変更された
    • 文字色は明るさの影響を受けない
滑らかなクォーツ滑らかな砂岩滑らかな赤い砂岩滑らかな石
Smooth Stone Slab〔滑らかな石のハーフブロック〕
  • 石のハーフブロックの名称が「Smooth Stone Slab〔滑らかな石のハーフブロック〕」へ変更された
  • 石の代わりに、滑らかな石を用いてクラフトするようになった

アイテム[編集 | ソースを編集]

ビートルートスープ
  • 不定形レシピに変更された
本と羽根ペン
  • より直感的に編集できるようになった
    • テキストの編集時に自由にカーソルを移動できるようになった
    • テキストの選択ができるようになった
    • テキストのコピーおよび貼り付けができるようになった
    • Keyboard and Mouse handling
    • Improved page filling and line wrapping
    • Double-click to highlight a word, triple-click to highlight a page
  • ページ数の上限が100ページとなった
枯れ木
  • 燃料として使用できるようになった
染料
ウサギシチュー
  • 不定形レシピに変更された

Mob[編集 | ソースを編集]

クリーパー

ゲームプレイ[編集 | ソースを編集]

光源処理
  • 書き直しが行われた
    • Moved light storage from chunks to a separate structure.
    • Moved light calculation from all over the code to a self-contained place.
    • Moved light computation off the main thread on the server.
パフォーマンスの改善
  • Mobs that would spawn and then despawn from being too far away from the player the next tick no longer spawn.
  • Redstone dust depowering performance increase.

コマンド[編集 | ソースを編集]

進捗
  • Entity type predicates now accept tags (#baz).
  • The damage source predicate now has option: is_lightning.
  • The entity predicate now accepts a flag field.
    • Available tests: is_on_fireis_sneakingis_sprintingis_swimmingis_baby.
コマンド/NBT データ
  • Extended NBT path syntax.
  • New chat component for displaying values from NBT.
    • Block variant {"nbt": <path>, "block":{"x":<x>, "y":<x>, "z":<z>}}.
    • Entity variant {"nbt": <path>, "entity":<selector>} .
    • If interpret is present and true, contents of selected tags will be interpreted as chat components.
  • Item lore tag now uses chat component syntax.
  • Time arguments in /time set, /time add and /schedule function can now have units.
    • t for ticks, s for seconds, d for days.
    • Fractions are allowed as long as the result is integer (for example 0.5d).
クリエイティブメニュー
  • Creative menu search box now accepts tags (starting with #).
  • Tooltip in creative search menu now lists item's tags.
ルートテーブル
  • Block drops are now controlled by loot tables
  • Tables and pools accept functions
  • New loot table entry types: dynamictagalternativessequencegroup.
  • New loot table functions: apply_bonusexplosion_decaycopy_namelimit_countset_contentsset_loot_table.
  • New loot table conditions: entity_presentsurvives_explosionblock_state_propertytable_bonusmatch_tooltool_enchantment, and two special modifiers: inverted および alternative.
  • Integer values can now specify random number generator.
    • constant, uniform (default), binomial.
  • Optional type used to validate function usage.
    • emptychestfishingentityadvancement_rewardblock.
    • Using function that references data not available in given context causes warning.
  • Entity parameters in predicates: direct_killer_entity - allows access to projectiles etc.
  • entity_properties condition now uses same predicate syntax as advancements (like player_killed_entity).
    • Parameters are now described in the predicate field.
  • New conditions
    • alternative: joins conditions from parameter terms with "or".
    • block_state_property: check properties of block state, parameters:
      • block: id of block;test will fail if broken block doesn't match.
      • properties: map of property:value pairs.
    • damage_source_properties: checks damage source.
      • Same syntax as entity_properties, but uses damage source predicate (see player_hurt_entity advancement trigger).
    • entity_present: returns true if entity is set.
      • See entity_properties for list of entities.
    • inverted: inverts condition from parameter term.
    • location_check: applies advancement location predicate, parameters:
      • predicate: predicate applied to location, uses same structure as advancements.
    • match_tool: checks tool (only available for block breaking and fishing). Parameters are:
      • predicate: predicate applied to item, uses same structure as advancements.
    • survives_explosion: returns true with 1/explosion radius probability.
    • table_bonus: passes with probability picked from table, indexed by enchantment level. Parameters are:
      • enchantment: id of enchantment.
      • chances: list of probabilities for enchantment level, indexed from 0.
    • weather_check with these parameters:
      • raining - optional boolean.
      • thundering - optional boolean.
  • New entries
    • alternatives: Tests conditions of child entries and executes first that can run, has no weight or quality, but may have conditions.
    • dynamic
      • Gets block specific drops.
        • minecraft:contents: block entity contents.
        • minecraft:self: for banners and player skulls.
    • group: Executes child entries when own conditions pass, has no weight or quality.
    • sequence: Executes child entries until first one that can't run due to conditions, has no weight or quality, but may have conditions.
    • tag: adds contents of item tag;fields:
      • name: id of tag.
      • expand: if false, entry will return all contents of tag, otherwise entry will behave as multiple item entries (all with same weight and quality).
  • New functions
    • apply_bonus: applies one of predefined bonus formulas.
      • Common fields:
        • enchantment: id for enchantment level used for calculation.
        • formula: type of used bonus formula.
        • parameters: values required for formula (depend on type).
      • Formulas based on existing fortune bonuses.
      • Formula binomial_with_bonus_count, parameters are:
        • probability : float
        • extraRounds : int
        • Adds random value using binomial distribution with n <- level + extraRounds and p <- probabilty.
      • Formula uniform_bonus_count, parameters are:
        • bonusMultiplier
        • Adds random value using uniform distribution from 0 to bonusMultiplier *level.
      • Formula ore_drops, no parameters.
        • Applies formula count *(max(0, random(0..1) - 1) + 1).
    • copy_name
      • Copies display name from block entity to item (see enchanting table behavior).
    • explosion_decay
      • Applies flat chance (equal to 1/explosion radius) for every item to be destroyed (items in stack are processed separately).
    • limit_count, parameters are:
      • limit
        • min - optional
        • max - optional
      • Limits count of every item stack to range.
    • set_contents, parameters:
      • entries list of entries (same as in pool).
      • Populates BlockEntityTag.Items with items from entries.
    • set_loot_table, parameters are:
      • name: id of loot table.
      • seed: seed; if omitted or 0, LootPoolSeed will not be set.
      • Sets BlockEntityTag.LootTable および BlockEntityTag.LootPoolSeed tags.
NBT パス
  • Can now return multiple values.
    • When used as target, modification will be applied to every element.
  • When setting location and no elements are found, new matching element will be created:
  • Add [{k1=v1,k2=v2}] to match objects in list that have matching fields.
  • Add {k1=v1,k2=v2} to match objects.
    • Selects 0 or 1 elements, mostly as safeguard against mismatched entries.
  • Allows negative indices as [index] to index elements in reverse from end.
  • Add [] to select all elements from list.
ワールドジェネレーターレジストリ
  • Most of the biome related features now have a registry and their configuration can be serialized.
  • Added a feature registry.
  • Added a registry for decorators.
  • Added a registry for carvers.
  • Added a registry for surface builders.
その他
  • /execute <if or unless> data <block or entity> <path>
    • Returns count of matched elements when used as command.
    • Continues on non-zero(if) or zero(unless) count when used as part of command.
  • Item frame contents can now be modified with /replaceitem.
  • /data modify <block or entity> <path> <operation> <source>.
    • Applies an operation to selected fields.
    • Operations
      • Are set on all types.
      • Are inserted before index, insert after index, prepend, append on lists.
      • Merge on objects.
    • Sources
      • from <block or entity> <path> to copy a value from an existing tag.
      • value <nbt>.
  • Added entity type tags.
    • Work like other tags, stored in tags\entity_types\.
    • The type field in @ selectors now accepts entity type tags.
  • Changing item models based on item NBT.
    • New item model property: custom_model_data, backed directly by CustomModelData integer NBT field.

修正[編集 | ソースを編集]

28個のバグを修正
1.14以前にリリースされたバージョンから
  • MC-1578 – Cannot move backwards in Books while writing / Cannot copy anything from the book
  • MC-1692 – Excessive lag on lamp de/activation across chunk borders
  • MC-3329 – Naturally generated light sources (fire, glowstone, torches etc.) sometimes do not emit light
  • MC-3961 – Water, Cobwebs, Magma, Leaves and other blocks save sunlight
  • MC-4686 – Client movement when teleported
  • MC-9188 – Fires can leave ghost lighting behind
  • MC-11571 – Huge lighting updates lag the game.
  • MC-76278 – Lighting not updating until walked up or block update
  • MC-80966 – Light calculation of ChunkSelection faulty implemented resulting in client bugs (empty chunks don’t show light/render dark)
  • MC-88097 – Snow blocks receive (useless) random updates and can get destroyed when there is a light glitch
  • MC-91136 – Lighting update is delayed at chunk borders
  • MC-95044 – Graphics Card and Sign Colors
  • MC-101127 – The Wither effect harm the "Wither" Skeleton
  • MC-102162 – Some light-emitting blocks (magma, lit furnace, lit redstone ore) 'save' block light
  • MC-112579 – Creepers don't drop disc when killed by Stray or wither skeleton holding a bow
  • MC-117067 – Trees/leaves too bright under big platform
  • MC-119932 – Light-emitting solid blocks (lit furnaces, magma blocks, glowstone, lit redstone ore) let light (sunlight, block light) through
  • MC-123772 – The Lore strings cannot be formatted in json
  • MC-124395 – Beacon block entity contains code for custom names, despite not storing it to NBT and the beacon GUI not having one
  • MC-124926 – Blocks don't retain custom names when dropped with /setblock destroy
  • MC-129090 – Bottom faces of blocks at the bottom of the world always renders as if it's fully lit
  • MC-131320 – Lighting errors in newly generated world
  • MC-132283 – Ponds are generated too dark
  • MC-135453 – Crash while rendering block entity
  • MC-136526 – Crash when generating near top of world
  • MC-137229 – Book corruption when 1.8 world is loaded in 1.13
  • MC-137276 – Turtles dropping bowls when killed by lightning bolt is hardcoded.
  • MC-137300ConcurrentModificationException thrown when upgrading world


トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 18w43a は、1.13 の最初のスナップショットである 17w43a と同じ第43週にリリースされたスナップショットである。
  • In the minecraft.net blog post introducing 18w43a, Adrian Östergård captioned the section describing loom using the phrase "Bröther, may I have some lööm?". This is a reference to the cat wanting fruit loops internet meme.
  • 18w43a holds the record as having the most content in one developmental release, having nearly 3 times as much content as 1.4.2 had in October 2012.
    • The previous record was held by 15w31a for 1.9.

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. "Minecraft Snapshot 18w43a" – Minecraft.net、2018年10月24日