16w21b

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
16w21b
16w21a.png
種類

スナップショット

リリース日

2016年5月26日

親バージョン

1.10

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー

16w21b は、16w21a のバグとクラッシュを修正するためにリリースされた 1.10 の3番目のスナップショットである[1]

追加要素[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

スプラッシュ
  • 「Rule #1: it's never my fault」(ルール#1: 僕のせいなんかじゃない)[2]
  • 「Replaced molten cheese with blood?」(溶けたチーズを血に置き換えた?)
  • 「Absolutely fixed relatively broken coordinates」(相対的に壊れた座標を完璧に修正)
  • 「Boats FTW」(ボート最高)

変更要素[編集 | ソースを編集]

コマンド[編集 | ソースを編集]

コマンド
  • /tp の相対座標が、テレポートされるエンティティではなくコマンドの実行者と関連付けられるようになった
    • /execute を使うことで古い仕様で使えるようになる
  • /tp コマンドが、Y座標-4096から4096の範囲にまでプレイヤーを転送可能になった(以前は-512から512だった)

修正[編集 | ソースを編集]

5個のバグを修正
以前の開発版から
  • MC-102509 – ブロック破壊時の /fallingdust パーティクルの色が違う
  • MC-102511 – 溶岩のテクスチャが正しく描画されていない
  • MC-102524 – インベントリでの照明バグ
  • MC-102543 – ストラクチャーブロック関連の全てが黒い
  • MC-102572 – 看板の GUI が暗い

脚注[編集 | ソースを編集]