16w06a

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
16w06a
16w06a.png
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2016年2月10日

親バージョン

1.9

ダウンロード

クライアント (.json)
サーバー

プロトコルバージョン

100

データバージョン

161

16w06a[1] は、1.9 の54番目のスナップショットである。

変更要素[編集 | ソースを編集]

全般[編集 | ソースを編集]

  • 以前の 1.9 のスナップショットの修正に加えて、多くのサウンドが修正された[要検証]
  • ほとんどのエンティティがより滑らかに動くようになった
  • カスタマイズされたテクスチャがアップロードされていない状態で、プレイヤーがマントを着用した場合、エリトラのテクスチャがデフォルトのマントのテクスチャとして表示されるようになった
  • ボートウマトロッコサドルを着けたブタなどの騎乗可能なエンティティが、サーバーではなくクライアントによって実行されるようになった

ゲームプレイ[編集 | ソースを編集]

全般
  • ベッドで寝ている間に、プレイヤーの胴体と腕、持っているアイテムが表示されるようになった
エンチャント
  • 氷渡りの最大有効範囲が16ブロックに広がった
    • それまでは14ブロックだった

ワールド生成[編集 | ソースを編集]

要塞
  • 生成時の配置が、リング状に変更された
    • 初期スポーン地点を中心にして、以下の場所に生成される
      • 1408~2688ブロックの間に3箇所
      • 4480~5760ブロックの間に6箇所
      • 7552~8832ブロックの間に10箇所
      • 10624~11904ブロックの間に15箇所
      • 13696~14976ブロックの間に21箇所
      • 16768~18048ブロックの間に28箇所
      • 19840~21120ブロックの間に36箇所
      • 22912~24192ブロックの間に9箇所

アイテム[編集 | ソースを編集]

効能付きの矢
  • クラフトできるようになった
    • 対応する残留ポーションを矢で囲むことによって、8個クラフトできる
    • 残留ポーションに矢を放って入手することができなくなった
    • この方法で、コマンドでカスタマイズされた残留ポーションから効能付きの矢を作ることもできるが、カスタマイズされたものである場合、"Arrow of Splashing" と表示される

修正[編集 | ソースを編集]

13個のバグを修正
1.9以前にリリースされたバージョンから
  • MC-1058 – 画面端のエンティティが見えなくなることがある
  • MC-72340 – ゾンビの乗ったアイアンゴーレムを召喚すると上に乗ったゾンビが盲目になっている
1.9の開発版から
  • MC-84361 – 騎乗されたブタが、草の道の上で絶えずジャンプし続ける
  • MC-88403 – 矢を盾で防御すると、プレイヤーの上に表示された後前に表示される
  • MC-90202 – クライアントがブタの食事ステータスを無視するため、常にニンジン付きの棒を使うことができる
  • MC-90348stat.breakItem.minecraft.shield が存在しない
  • MC-90605 – ネザーとオーバーワールドの間を、常時テレポートする事が出来る
  • MC-92289 – Mojang の意図しない場所に、更に要塞が生成される
  • MC-92476 – 不完全なエンティティの除去により、インベントリ内のアイテムが複製される
  • MC-94104 – 15w50a から、浮いているトリップワイヤーが見えなくなる
  • MC-94169 – 釣りの浮きの衝突判定のエラー(ブロック内部にいく)
  • MC-94213 – スノウゴーレムとアイアンゴーレムが、わずかにブロックに埋もれる(降下高度0.03125、1/32ブロック)
  • MC-95416 – マルチプレイでアイテムが複製される

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • このスナップショットのサムネイルのホットバーにある羊毛に注目すると、データ値が左から「17022016」になっている事が分かる。これは後の 1.9-pre1 のリリース日である、2016年2月17日を示唆したものであろうと推測されている。

脚注[編集 | ソースを編集]