13w38a

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
13w38a
13w38a Banner.png
エディション

computer

種類

スナップショット

リリース日

2013年9月19日[1]

13w38a は、1.7.2 の5番目のスナップショットである。

追加要素[編集 | ソースを編集]

  • 構造物のデータを保存するためのデータフォルダに、<structure>.dat ファイルが追加された
    • Village.dat、Fortress.dat(ネザー要塞)、Temple.dat(砂漠の寺院、ジャングルの寺院、ウィッチの小屋)、Stronghold.dat、Mineshaft.dat などの .dat が含まれている
    • NBT の構造は、それぞれの構造物の個々の部品、Children タグ、構造物を生成するチャンク、BB と呼ばれるタグ、構造物の種類を表す ID などから構成されている
      • Children タグは構造物を構成する部品の情報とその部品の種類を持つ
  • 何もしていないプレイヤーを自動的にキックするための /setidletimeout <キックまでの時間> が追加された
    • マルチプレイ専用のコマンドであり、サーバーオペレーターのみが使用可能である
  • プレイヤーの頭上にブロックがあるとき、空の地平線に近いところが暗くなるようになった
    • 空へ開けた領域とプレイヤーの間の距離が大きいほど、空がより暗くなる
  • 他のプレイヤーへダイヤモンドを投げることで得られる実績、「ダイヤモンドをあなたに!」が追加された

変更要素[編集 | ソースを編集]

  • ビデオ設定が改善された
    • 描画距離が2~16チャンクの範囲のスライダーによる設定になった
      • 描画距離が「短い」(4チャンク)でも空が表示されるようになった
      • 生成済みの12チャンクを描画できるようになった
    • 最大のフレームレートが、10~250 fps から無制限の範囲のスライダーによる設定になった
    • ミップマップ、異方性フィルタリング、(シェーダーとして)FSAA が追加された
      • ミップマップレベルの設定は、オフから1~4の範囲のスライダーで設定できる
      • 異方性フィルタリングは無効か、2、4、8、16を設定できる
      • ポストプロセス(シェーダー)は切り替えることができる
    • これらはブロックの全体に表示されるようになった
  • Super Secret Settings が改善された
    • ボタンを押すと異なる実験的なシェーダーが適用される
    • 以下が利用可能なシェーダーである
      • antialias、deconverge、outline、art、desaturate、pencil、bits、flip、phosphor、blobs、fxaa、scan_pincushion、blobs2、green、sobel、blur、invert、wobble、color_convolve、そして ntsc
  • 額縁に掛けた地図が改善された
  • 実績が改善された
    • プレイヤーが実績を獲得したことを、チャットにアナウンスするようになった
      • これは server.properties の設定により、サーバー上で無効にできる
  • ゾンビのラグが減少した

修正[編集 | ソースを編集]

6個のバグを修正
1.7以前にリリースされたバージョンから
  • MC-28625 – ウマの防具を装備するときのサウンドが、装備済みの防具と交換する場合に再生されない
  • MC-31065 – 13w37b で村が生成されない
1.7の開発版から
  • MC-30483 – 描画距離を「遠い」に設定しても、8チャンクより遠くが描画されない
  • MC-30694 – 敵対的Mob の音量を0%に設定しても、エンダーマンのサウンドが再生される
  • MC-30822 – 砂漠の寺院などで見つかるエンチャントの本がメタデータを持たない
  • MC-30858/say @p <メッセージ> の実行時に、対象のプレイヤーが1人でも「and プレイヤー名 メッセージ」と表示される

脚注[編集 | ソースを編集]