13w02a

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
13w02a
13w02a banner.png
種類

スナップショット

リリース日

2013年1月10日[1]

親バージョン

1.5

ダウンロード

クライアント
サーバー
.exe

13w02a は、1.5 の3番目のスナップショットである。

追加要素[編集 | ソースを編集]

  • 死亡メッセージが追加および改善された - 死因、プレイヤーとの戦闘で死亡したプレイヤー、殺すために使われたアイテム名を含む
    • Player fell off a ladder
    • Player fell off some vines
    • Player fell out of the water
    • Player fell from a high place
    • Player fell into a patch of fire
    • Player fell into a patch of cacti
    • Player got finished off by Player/Mob using Weapon
    • Player walked into a fire whilst fighting Player/Mob
    • Player was burnt to a crisp whilst fighting Player/Mob
    • Player tried to swim in lava while trying to escape Player/Mob
    • Player walked into a cactus while trying to escape Player/Mob
    • Player was slain by Player/Mob using Weapon
    • Player was killed trying to hurt Player/Mob
  • ネザー水晶ブロック模様入りネザー水晶ブロック柱状ネザー水晶ブロックネザー水晶の階段ネザー水晶ハーフブロックが追加された
  • アクティベーターレールが追加された
  • TNT付きトロッコが追加された
    • アクティベーターレールによって起爆される
    • トロッコの上にTNTブロックを並べることで製作する(2x2のクラフト枠でクラフトできる)
    • 脱線したとき、すぐに爆発し、通常の時限を無視する
    • さらに激しくより早く爆発する
    • クリエイティブモードでは動いている間に左クリックしたとき、TNT付きトロッコは爆発する

変更要素[編集 | ソースを編集]

  • 言語ファイルが更新された
    • 言語ファイルをバックグラウンドダウンローダー経由で更新できるようになった(新たな Minecraft のリリースを必要としない)
  • クリエイティブモードのインベントリでトラップチェストを装飾ブロックタブに移動した
  • テクスチャパックが改善された
    • 実行時に読み込まれるテクスチャは、ブロック毎およびアイテム毎に1ファイルを使うようになった - テクスチャサイズは一貫性を必要としない
    • すべてのブロックおよびアイテムはそれぞれの .png 内部にフレームを置くことでアニメーションできる - フレームの順序と期間を指定するために任意の .txt を用いる
    • 特殊な処理を水、溶岩、コンパス、時計に適用した
    • 既存のテクスチャパックは「自動的に」変換される
    • テクスチャファイルが欠落している場合はバニラテクスチャが用いられる
    • 詳細はテクスチャパックを参照
  • スケルトンの射撃能力が改善された
    • 10ブロックではなく、15ブロック離れてから射撃するようになった
    • 難易度によって精度が変化する
  • 溶岩のテクスチャが変更された
  • 金床を使って)名前をつけたコンテナとスポーンエッグを改善した
    • 改名されたスポーンエッグから産まれた Mob はスポーンエッグの名前を持ち、その名前が死亡メッセージに現れる
    • Mob はNBTタグを用いて名札により改変された名前を表示できるようになった
    • 改名されたチェスト、トラップチェスト、ディスペンサー、かまど、醸造台、エンチャントテーブルは新たな名前をGUIに表示する
  • レッドストーンコンパレーターが改善された
    • テクスチャが更新された
    • コンテナに接続されているとき、コンテナに1つでもアイテムがあるとすぐに信号を出力し始め、空のコンテナを検出できる
  • ホッパーが改善された
    • レッドストーンによって操作できるようになった - 動力を送るとアイテムの搬出を停止する
    • 適切なアイコンが追加された
    • 木製として看做されなくなった(かまどの燃料として使えない等)
    • 新たな製作レシピはではなく鉄インゴットを用いる
    • レッドストーンコンパレーターがホッパーに対して直付けされているときにレッドストーン信号が出力されるように変更された
      • 1個のアイテムは信号強度1を出力し、1/3スタック(1スタックが64個ならば21個)ならば信号強度2を出力する
      • スタック数の3培が信号強度に等しくなる
      • 例えば2スタックのアイテムやブロックは信号強度6を出力し、2個のポーションもまた信号強度6を出力する(ポーションは1個で1スタックであるため)
  • 滑らかな石ハーフブロックとして知られている、以前は使われていなかったハーフブロックの種類がゲームから削除された
    • データ値はネザーレンガハーフブロックとネザー水晶ハーフブロックに置き換えられた
  • 廃坑のチェストがチェスト付きトロッコに変更された

修正[編集 | ソースを編集]

22個のバグを修正
1.5以前にリリースされたバージョンから
  • MC-737 – 地図の縮尺を変えると地図が壊れることがある
  • MC-1086 – コマンドブロックとリピーターが相互作用するときの不具合が修正された
  • MC-1642 – トロッコで移動するときのサウンドの不具合が修正された
  • MC-1972 – レッドストーントーチがすぐに更新されることがある(北ではなく南で発生する)
  • MC-2257 – Minecraft のサーバーへの参加または更新が非常に遅く、ログインに長い時間(30秒~1分)がかかる
  • MC-2526 – 降雨アニメーションが屋根を貫通する不具合が修正された
  • MC-2806 – TNTキャノンで打ち出された金床がブロックの縁に衝突して設置されずに壊れることがある
  • MC-3597 – パルス信号を入力されたピストンでレールを押し出すとレールが浮いたままになる
  • MC-3662 – ピストンと他の非固体ブロックに関する不具合が修正された
  • MC-4752 – プレイヤープロフィールの保存に失敗する
  • MC-5691 – Windows 8 64x における1.4.6でマウスの動作に問題がある
  • MC-6131 – テクスチャパックをリロードするとクラッシュする
  • MC-6699 – Minecraft のコード内のバイトを読み込むと欠陥を生じる可能性がある
1.5の開発版から
  • MC-5722 – 日照センサーはツルハシと同じくらい早く素手で壊すことができるが、ツルハシを用いたときのみアイテムをドロップする
  • MC-5777 – とても早くクリックするとゲームはクリックに反応しなくなる
  • MC-5788 – アクティブでないディテクターレールがブロックを挟んでレッドストーン信号を出力する
  • MC-5874 – シフト左ダブルクリックの不具合が修正された
以前の開発版から
  • MC-5998 – ホッパーを用いてアイテムを複製できる
  • MC-6125 – チェストにアイテムを加えると出力される信号強度が弱くなる
  • MC-6165 – コンパレーターでコンテナが空かどうかを検出できない
  • MC-6202 – サボテンが極端に早く成長する
  • MC-6265 – ホッパーをかまどの燃料として用いることができる

脚注[編集 | ソースを編集]