12w39b

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
12w39b
エディション

Java Edition

種類

スナップショット

リリース日

2012年9月28日[1]

親バージョン

1.4.2

ダウンロード

クライアント
サーバー
.exe

プロトコルバージョン

43

12w39b は、12w39a の一部のバグやクラッシュを修正するためにリリースされた 1.4.2 の9番目のスナップショットである。

追加要素[編集 | ソースを編集]

カスタムポーション
  • ワールドエディタ内で編集することによってのみ利用できる
  • 複数効果を与えるポーションを作成できる
コマンドブロック
  • プレイヤーの経験値レベル上限と下限をそれぞれ指定するための引数「l」と「lm」が追加された
  • プレイヤーがコマンドの効果を受ける最大および最小範囲を指定するための引数「r」と「lr」が追加された
コマンド
  • /xp
    • 経験値数でなく、レベル数のあとに「L」を用いる
      • 例:「/xp 4L」はプレイヤーに4レベルを与える
スポーンブロック
  • スポーンブロックは範囲と最大スポーン数の限界をカスタマイズできるようになった

修正[編集 | ソースを編集]

7個のバグを修正
  • 明るさについての多くのブロック配置問題が修正された
    • しかし、ネザーはまだ大まかにしか修正されていない[2]
  • パフォーマンスがより良いものとなった
  • 底無し穴が修正された
  • カボチャの側面がより強く発光する
  • ウィッチのテクスチャがおかしくなる
  • 部分的に固定されたネザーラックが、サーバーがクライアントの作業であったものの一部を行い、チャンクの読み込み時間をわずかに増加させる[3]
  • 上付きハーフブロック、階段、耕地に関連したいくつかの光源バグが修正された

脚注[編集 | ソースを編集]