黒板

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Information icon.svg
この項目はEducation Edition限定の要素です。
黒板
Chalkboard Slate.pngChalkboard Poster.pngChalkboard Board.png
透過

する

発光

しない

爆発耐性

?

回収道具

?

再生

不可

スタック

可 (16)

可燃性

なし

ドロップ

自身

データ値
ブロック
dec: 230 hex: E6 bin: 11100110
アイテム
dec: 454 hex: 1C6 bin: 111000110
ID 名

chalkboard

黒板 (Chalkboard) は、Education Edition 限定のブロックであり、看板より多くテキストを表示するために使用できる[1]。1×1、2×1(ポスター)、2×3(ボード)の大きさが存在する。

入手[編集 | ソースを編集]

黒板は、クリエイティブインベントリや /give コマンドを使用して入手することができる。

用途[編集 | ソースを編集]

黒板は、テキストを表示するのに使用される。

設置[編集 | ソースを編集]

黒板は、他のブロック(フェンスガラスレール、およびその他の黒板のような非固体ブロックを含む)の上面または側面に設置することができる。黒板を設置するには、黒板のアイテムを選択して、黒板に接続するブロックをクリックする。一度設置した後、黒板を選択し、目的のテキストを入力し、「OK」ボタンをクリックする。黒板の右上にある「×」で編集画面を閉じる。「使う」の操作でクリックで反応するブロック(例えば、チェスト音符ブロックなど)に黒板を設置するには、スニークすることで黒板を設置できる。

ブロックの上に設置された1×1のサイズは短い棒のようなものの上に立っており、設置したプレイヤーの方向に向く。2×1のポスターと2×3のボードは、4つの異なる方向のいずれかに設置できる。たとえそのブロックが黒板と接触しなくても、ブロックの側に設置された黒板は単体でそこに浮かぶ。

テキスト[編集 | ソースを編集]

テキストを入力するとき、スレートとポスターでは6行のテキストを、2x3のボードでは15行のテキストを使用できる。改行するには、Enter キーまたは上 / 下矢印キーを押す。選択されているテキストの位置には点滅するカーソルが存在する。

編集中は、左右の矢印キーを使用してカーソルを移動して、行の任意のポイントで入力とバックスペースを実行できる。行の終わりに達すると、単語はハイフネーションされ、次の行に続く。

編集ウィンドウを閉じた後、黒板を右クリックすることで編集メニューを再び開くことができる。コピーアンドペーストは実行可能だが、キーボードのベーシック / Shift された文字だけを入力することはできない。

相互作用[編集 | ソースを編集]

黒板は使用時の動作をしているかのように振る舞うため、ブロックを設置したり、カーソルをポイントしている間は使用することができない。

看板とは異なり、黒板はピストンによって動かない。

黒板には当たり判定が存在しない(完全に非固体ブロックである)ため、アイテムや Mob は黒板を通過することができる。他のブロック(黒板も含む)は、黒板の任意の端に設置できる。

溶岩は黒板の周りを流れる。溶岩は黒板の隣の空気ブロックに炎を発生させることができるが、黒板が可燃性だったとしても、黒板は燃え尽きない。

歴史[編集 | ソースを編集]

Pocket Edition Alpha
0.16.0 build 1 黒板が追加された(誤って追加されたと思われる)。黒板はそれぞれ /give/setblock コマンドを使って入手や設置ができていたが、用途はなかった。
build 2 黒板が削除されたが、テクスチャは存在する。
Education Edition
1.0黒板が追加された。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]