黒曜石

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
黒曜石
Obsidian.png

落下

いいえ

透過

いいえ

発光

いいえ

爆発耐性

6,000

回収道具


再生

はい

スタック

はい (64)

可燃性

なし

ドロップ

自身

データ値

dec: 49 hex: 31 bin: 110001

ID名

obsidian

自然発生した黒曜石。
溶岩溜りに注いだ水。黒曜石が出来る。

黒曜石(Obsidian)は、深い黒紫色のブロックである。オーバーワールドでは黒曜石はチャンク生成時には決して出現せず、環境により生成される。黒曜石は流が溶岩源ブロックと衝突して生成され、泉や湖からの流れが溶岩溜りへと注ぎ込む場所に自然に見つけることが出来る。エンドでは、黒曜石の土台だけでなく、その地表で黒曜石の柱を目にすることができる。黒曜石やエンドストーン岩盤エンダードラゴンに破壊されない。ネザーには決して黒曜石は自然生成されないが、ネザーポータルが出現された場合に生成される。また、黒曜石はの鍛冶屋のチェストから見つかることもある。

黒曜石はクリーパーTNTの爆発で破壊されない。唯一の例外がウィザーの青い骸骨の攻撃である。

入手[編集 | ソースを編集]

チュートリアル/黒曜石の製造」も参照

黒曜石は、ダイヤのツルハシのみで採掘ができる唯一のブロックである。

ブロック
黒曜石
硬さ 50
回収道具
採掘時間[注釈 1]
250
木製 125
石製 62.5
鉄製 41.7
ダイヤ製 9.4
金製 20.85
  1. 時間は秒であり、エンチャントしていない道具である。

用途[編集 | ソースを編集]

  • 縦長の4×5の黒曜石の枠を作り、その内側に着火することで、ネザーポータルを作り出す。
  • 黒曜石はその採掘時間の長さと他の多くのブロックとの見た目の差異のため、荒らしへの対処としてしばしば用いられる。壊すのに時間が掛かるので荒らしプレイヤーに対してその行為を思いとどまらせることが出来る。言い換えると取り外すのに時間が掛かりイライラさせられるので、荒らしプレイヤーが黒曜石を使って通路やチェスト、かまどをふさいだり、果ては小規模な拠点をも埋めたりすることがある。荒らしプレイヤーが充分な量の黒曜石を準備していさえすれば、こうした行為はものの数秒で行えてしまえるのだ。
  • 耐爆シェルターの建材としても黒曜石は用いられる。黒曜石の爆破耐性 6,000 は岩盤エンドポータルの枠エンドポータルのゲート (これら3つは18,000,000) に次いで高い値であり、エンチャントテーブルと同値、そしてエンダーチェストの2倍となっている。そのため、防衛を目的とした建物を造る上では、需要の高い建材として重宝され、SSPとSMPの両方において、溶岩、爆発、エンダードラゴンにビクともしない。
  • 建造と構造試験が、かつて TNT キャノンや耐爆用シェルターといった爆発ものを流行らせた。
  • エンチャントテーブルエンダーチェストビーコンブロックの材料となる。

作製材料として[編集 | ソースを編集]

材料 レシピ » 結果

+
ダイヤモンド
+
黒曜石











エンダーアイ
+
黒曜石











ガラス
+
ネザースター
+
黒曜石











黒曜石の採掘と回収法[編集 | ソースを編集]

チュートリアル/黒曜石回収法」も参照
Using a water spring to mine obsidian.

自然の黒曜石「平原」からは大量の黒曜石が得られるが、表面の黒曜石の下には溶岩が残っている可能性があり、採掘するのは危険であろう。しかし危険性は少しばかり用心しさえすれば最小化することが出来る。まず第一に、水流を遮断して自分が流されないようにする。特に 水流の先端の向こうに溶岩が残されている場合だ。次に、黒曜石「平原」の端を探すか、作業を行うのに便利な場所を探そう。黒曜石と同じ高さの隣のブロックか、黒曜石ブロックを1ブロック掘る。(もし穴の下が溶岩ならそのブロックは失われてしまうだろうが、それは稀なことだ。) この穴に水源を設置する —— 下が溶岩なら、穴の壁面めがけて設置しよう。溶岩が固まるだろう。さぁ、黒曜石を掘ってしまおう。穴の外から掘ろう。溶岩が露出したら、水が素早く流れ込み、新たに掘った黒曜石をも燃やさずに済むだろう。水源の外から水流が続く限り掘って、その後は水源を移動すればよい。この方法では、水流に乗って作業するのではなく、固体ブロックの上に立てばよい。

また、バケツから溶岩を設置して、水を注ぎ込むことも可能だ。(逆に、水に溶岩を注げば丸石になる。)これはその場所に構造物を「鋳造」するのに用いることもできるが (しばしば土などの鋳型の中に)、大きなものを作るにはバケツに溶岩をたくさん汲まねばならず、また扱わねばならないので時間がかかりある意味危険である。またネザーはもちろんの事オーバーワールドでも大量に見つけることが可能ではあるが、溶岩自体は有限な資源である。

溶岩の収集及び冷却によらない、黒曜石の真の生産方法が2種類存在する。

最も「公式」の、溶岩不要な黒曜石生成法は、ネザーポータルを用いることだ。両次元の新たなポータルからでも、向こうの次元の既存のポータルが見つからない場合、新たなポータルが生成されるという事実を利用するのだ。これには20ブロック程度の黒曜石 (もしくは10個と既存のポータル) を準備することで、1回ごとに14から18ブロックの黒曜石が得られる。まず、ネザーへのポータルを作る (周囲150から200ブロック内の唯一の稼動しているポータルとすること)。そして向こう側に安全な避難所を作り、周囲の探索が可能なようにする。次に、ネザーの元のポータルから16ブロック以上移動し、別のポータルを建造する。着火してそのポータルを通り抜け、オーバーワールドに新たなポータルを作り出す。このポータルは採掘可能 (破壊する) で、元のポータルに戻って手順を繰り返すのだ。エンドポータルも使うたびに黒曜石の土台を再生成するので、同じ様に利用可能だ。

レッドストーンダストを黒曜石へと変える、「無限黒曜石」のバグも利用可能だ。(~ver1.7.10)レッドストーンワイヤーが流水の隣にあり、溶岩がそこに流れると、レッドストーンが黒曜石へと変わる。(溶岩が水に流れ込まないようにする必要があるだろう。) 注意:レッドストーンワイヤーには動力が通っていない必要がある。さもなくば黒曜石を 生成せず に消費されてしまうだろう。レッドストーンは交易、あるいはウィッチを殺すことで得られるので、この手法は技術的には 再生可能 である。水と溶岩は触媒として用いられ、消費されはしないことを付け加えておく。この手法は特定の場所に構造物を作り出すのに用いることも可能だ。

歴史[編集 | ソースを編集]

Classic
Classic黒曜石はClassic段階で既に存在していた。黒曜石は暗いもの、ドット絵では黒い線として用いられていた。Survival Test段階では黒曜石は壊すのが非常に難しく、壊しても丸石を1つか2つドロップしていた。
Indev
Indev黒曜石が削除された。
Infdev
Infdev黒曜石が再導入された。黒曜石は基本的な方位を示すために使われていた。2枚の交差する壁が、それらを囲むように固体素材の地表の上に存在していた (これはその後に破棄された)。
Alpha
1.2.0黒曜石を建材として用いる、ネザーポータルが導入された。
Beta
1.8.pre1(削除以降) 黒曜石が鉄のツルハシで採掘可能だった。またエンダーマンにより移動させられることがあった。
1.8エンダーマンは黒曜石を拾い上げることが無くなった。
1.9pre3材料として黒曜石が用いられる、エンチャントテーブルが導入された。
1.9pre6黒曜石の採掘速度が増した (15秒から2.5秒へと変更)。
正式版
1.0.0黒曜石の採掘速度が減少した (2.5秒から10秒へと変更)。
1.1村のチェスト内に黒曜石が見つけられるようになった。
1.3.112w21a材料として黒曜石が用いられる、エンダーチェストが導入された。
1.4.212w36a材料として黒曜石が用いられる、ビーコンブロックが導入された。
12w38a
ウィザーの「ウィザーの頭蓋骨」攻撃が実装された。黒曜石を破壊しうる、特殊な爆発を引き起こす。
Pocket Edition Alpha
0.5.0Pocket Editionでは、黒曜石の亜種である「Glowing Obsidian」、そして未実装版である「Crying Obsidian」が存在する。

問題点[編集 | ソースを編集]

「Obsidian」に関する問題点は、issue trackerにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 黒曜石は Minecraft で2番目に壊しづらいブロック (破壊不可能な岩盤などに次ぐ) だが、現実の黒曜石はガラス質であり脆い (実際は黒くて光沢がある)。
    • 黒曜石についての誤解はおそらく、石器時代には刃や矢じりとして重宝された物質だったからだと思われる。脆いながらも、端を削いでとても鋭く加工することが可能だった。
    • 主成分は二酸化珪素 (SiO₂) であり、石英のほうが多く含有している。石英とは異なり、黒曜石には結晶構造は存在しない。ほぼ全てが自然のガラス質である。
    • 黒曜石は、ある種の溶岩が急速に冷却される (しばしば水により) ことで生成される。Minecraftとは異なり、現実世界の黒曜石 (噴出した火成岩となる) は、しばしば地表で発見される。
  • ゲームが生成する黒曜石のポータルは常に角も存在するが、角は取り外してもポータルの動作には影響しない。出口側のポータルが空中に生成されると、ゲームプログラムは枠の下部分の前後に2ブロックづつを追加し、新しいポータルに附随して生成される「不要」な黒曜石は8つに増える。
  • 水中の黒曜石ブロックをダイヤのツルハシで破壊するには、固体の足場の無い場所で行うと3分54秒かかる (ダイヤのツルハシ無しには4分10秒であり、これは通常と同じだ)。いずれにせよ、ブロックの採掘が終わるまでプレイヤーの息は続かない。
  • 他のブロックと違い、(標準であろうが粘着であろうが) ピストンで動かすことはできない。
  • 黒曜石は、3種の次元にまたがって自然に存在する数少ない固体ブロックである。2つの次元に存在するブロックには、砂利がある。
  • 言語設定を海賊英語 (Pirate English) に切り替えると、黒曜石が泣く黒曜石と関連して “Rock o' Tears” と名付けられる。
  • 黒曜石は村のチェスト内に、3∼7個かたまって発見され得る。
  • 黒曜石は第10層以下の、自然の水が溶岩湖に流れ込む場所で発見される。
  • よくある誤解として、十分な量のTNTがあれば黒曜石を破壊しうるというものがある。爆破耐性値は有限の値ではあるが、TNTを増やしたりその他の爆発があっても、1つ以外は個別のブロックには効果は無い。このように、Modなしにこれを行う事は出来ない (TNTの71.25倍の爆発力が、黒曜石ブロックの破壊には必要)。「ウィザーの頭蓋骨」攻撃の黒曜石を破壊するのは特殊な機能であることに注意したい。
  • Notchは以前、黒曜石の鉱脈があれば浮島は浮かんでおける、そうしようと考えていた。しかし、その後 Twitter 上で「そうしたくなくなったんだ」と述べた。なので、このアイディアが実装されることはないだろう[1]

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]