雪のツンドラ

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
雪のツンドラ
Snowy Tundra.png
種類

氷雪

出現頻度

時々

気温

0.0

構造物

イグルー
[BELCE限定]

ブロック


草ブロック

マツの原木
マツの葉
オークの原木
オークの葉

空の色

?

霧の色

?

草の色

?

葉の色

?

水の色

?

水中の色

?

水中の視程

?

水面の透明度

?

データ値

dec: 12 hex: C bin: 1100

バイオームID
<span_class="sprite"_style="background-image:start_widget4c4dbf11c2c2c413-3end_widget;background-position:-80px_-0px">_雪のツンドラ

雪のツンドラ(英:Snowy Tundra)、氷原(英:Ice Plains[JE 1.13まで] は、氷雪バイオームで時々出現するバイオームである。このバイオームには、さらに2つの亜種が存在する。

概要[編集 | ソースを編集]

ツンドラは、広大かつ比較的平坦で、全体のほとんどが雪で覆われている(Bedrock Edition では積もっていることもある)。マツやオークの、高い草、ヒマワリ、ポピーがまれに生成される。地上で見える草や葉の色は、ダークアクアグリーンである。湖が生成されるが、光源に当たっていない場合は、気温が低いために生成されてもすぐに凍ってしまう。このため、サトウキビが生成されても根こそぎにされる。ツンドラに溶岩湖が生成されると、その周辺の雪は溶かされる。

ツンドラを通る河川バイオームは、一部または全部が凍っている。

雪のタイガと同様に、雪のツンドラでもイグルーが生成されるが、雪ブロックが周囲の雪の層に溶け込んでおり、見つけ出すのは特に難しい。ツンドラで生成される村は、タイガで生成される村と同様にマツの木からできているが、雪の層で覆われている‌[BedrockLegacy Console Edition限定]。また、凍った川や凍った海と同様に、まれにシロクマストレイがスポーンする。

ツンドラでのサバイバルは、バイオーム全体において資源がまばらで、シロクマやウサギはスポーンするが、友好的 Mob がほとんどいないため非常に困難である。このバイオームでの木材資源にはマツやオークがあるが、その数は少ない。また、源は凍ってしまうため、光源や屋根がなければその維持は厳しいものとなる。このバイオームでは、移動速度低下の矢を撃つストレイがスポーンするため、敵対的 Mob への対処はより難しくなる。さらに、シロクマ(子どもがいる場合はその周辺のシロクマも)を敵対させることは、準備なしでは致命的な結果に至る。ただし、氷雪バイオームであるツンドラでは、雨ではなく雪が降る。このため、このバイオームやその亜種のバイオームでは、は直撃することはない。

亜種[編集 | ソースを編集]

通常のツンドラに加えて、このバイオームにはさらに2つの亜種が存在する。

雪山[編集 | ソースを編集]

雪山
Snowy Mountains.png
種類

氷雪

出現頻度

時々

気温

0.0

ブロック




マツの原木
マツの葉
オークの原木
オークの葉

空の色

?

霧の色

?

草の色

?

葉の色

?

水の色

?

水中の色

?

水中の視程

?

水面の透明度

?

データ値

dec: 13 hex: D bin: 1101

バイオームID
snowy_mountains

雪山(英:Snowy MountainsIce Mountains[JE 1.13まで])は、ゲーム内において他の丘陵バイオームよりも高く、高度は山岳バイオームに相当する。ただし、不安定な地形の生成は少ない。イグルーや村はこのバイオームで生成されないが、シロクマやストレイはスポーンする。また、山の側に頻繁に洞窟が生成される。

氷樹[編集 | ソースを編集]

氷樹
Ice Spikes.png
種類

氷雪

出現頻度

まれ

気温

0.0

構造物

樹氷

ブロック

氷塊
雪ブロック



マツの原木
マツの葉
オークの原木
オークの葉

空の色

?

霧の色

?

草の色

?

葉の色

?

水の色

?

水中の色

?

水中の視程

?

水面の透明度

?

データ値

dec: 140 hex: 8C bin: 10001100

バイオームID
ice_spikes

氷樹(英:Ice Spikes)、樹氷氷原(英:Ice Plains Spikes[JE 1.13まで] は、まれに生成されるツンドラの亜種のバイオームで、多くの氷塊の柱が地面から伸びている。さらに、草ブロックはすべて雪ブロックに置き換わっており、氷塊からなる氷河のような池も生成される。氷の柱には2つの大きさがあり、低いが幅の広いものと、高いが細いものとがある。高い柱に比べて低い柱の方が生成されやすい。低い柱はおよそ10~20ブロックの高さだが、高い柱は50ブロックを超えるものもある。1.13 以前では、このバイオームがゲーム内における唯一の氷塊の入手源だった。このバイオームではイグルーや村は生成されないが、シロクマやストレイはスポーンする。

また、このバイオームでの地形は通常のツンドラよりも不規則で、雪山に匹敵する高さになることもある。雪ブロックの上にさらに雪の層が積もっており、実際の高さよりも高いように見える。プレイヤーは、夜間にほとんどの敵対的 Mob から避けるために、氷の柱の上で野営することもできる。

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition Alpha
v1.0.4冬季(Winter Mode)が追加された。マップには通常と冬期の種別があり、ワールドが生成される際にランダムで決定される。
v1.2.0ツンドラなどを含むバイオームが追加された。
Java Edition Beta
1.8?バイオームが再設計され、ツンドラが削除された。詳細はこのページ英語版)を参照。
Java Edition
1.0.02011年9月15日Notch は、"Snow Biome" と呼んだスクリーンショットを公開した[1][2]
?ツンドラが、氷原バイオームとして再度追加された。
1.915w43a氷原および冷たいタイガバイオームで、イグルーが生成されるようになった。
1.1016w20a氷原とその亜種バイオームで、シロクマとストレイがスポーンするようになった。
氷原、樹氷氷原、および雪山バイオームに、ほとんどの友好的 Mob がスポーンしなくなった。
1.1318w16aいくつかのバイオームの名称が変更された(主として空白文字の追加や、"Biome M" から "Mutated Biome" への変更である)。
18w19aいくつかのバイオームの名称が変更された。変更の一覧はこのページを参照。
pre5いくつかのバイオームの ID が変更された(ほとんどは、バイオームの名称の変更に準じるものである。変更の一覧はこのページを参照)。
Pocket Edition Alpha
0.1.0ツンドラを含むバイオームが追加された。
0.15.0build 1ストレイが追加され、氷原にスポーンするようになった。
Pocket Edition
1.0build 1氷原の要素として、イグルーおよびシロクマが追加された。
Legacy Console Edition
TU5CU11.00Patch 1多くの他のバイオームの変更に加えて、氷原バイオームが追加された。
TU43CU331.36Patch 13氷原の要素として、イグルーおよびシロクマが追加された。
TU46CU361.38Patch 15ストレイが追加され、氷原にスポーンするようになった。

関連項目[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]