提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Disambig color.svg この記事では、降雪によって生成される薄い層のブロックについて説明しています。その他の用法については「雪 (曖昧さ回避)」をご覧ください。
Snow JE2 BE2.png
再生

スタック

可(64)

回収道具

爆発耐性

0.1

硬度

0.1

発光

しない

透過

する

可燃性

なし

溶岩からの引火

しない

(英:Snow[fn 1]は、一般的に降雪によって地面を覆うブロックである。

入手[編集 | ソースを編集]

採掘から[編集 | ソースを編集]

点灯したレッドストーン付近の雪が融けている。

雪はシルクタッチのエンチャントが付与されたシャベルで入手できる。シルクタッチが付与されていないシャベルで壊すと、1層ごとに雪玉1個が手に入る。シャベル以外で壊すと、(たとえシルクタッチが付与されていても)何もドロップしない。が触れると雪は雪玉になる。雪は無効なブロック空間に落とすことで入手することもできる。この場合は雪そのものがドロップする‌[Bedrock Edition限定]。ドロップする雪の層の数は、壊れた雪の層の数と一致する。

ブロック
硬さ 0.1
回収道具
採掘時間[注釈 1]
デフォルト 0.5
0.25
0.05
0.05
ダイヤモンド 0.05
ネザライト 0.05
0.05
  1. 時間はステータス効果を持っていないプレイヤーが使用するエンチャントされていない道具とし、単位は秒とする。詳細は採掘 § 速度を参照のこと。

自然生成から[編集 | ソースを編集]

雪は氷雪バイオーム雪のツンドラ氷樹凍った海雪のタイガ凍った川雪の降る砂浜)とy座標90–95以上の山岳バイオームに自然生成される。

また、雪のタイガのの建物の上で、空の直下にある場所に生成される。‌[Bedrock Edition限定]

それ以外では、雪のツンドラの村の建物の一部として、複層で生成される。

雪はJava Editionでは単層で生成され、Bedrock Editionでは複層で生成されることがある。

クラフトから[編集 | ソースを編集]

材料 クラフトのレシピ
雪ブロック

6

ワールド生成後の生成から[編集 | ソースを編集]

天候[編集 | ソースを編集]

氷雪バイオームまたは冷帯バイオームでは、高度によって雨ではなく雪が降ることがある。天候が雪の時、氷塊を除いた明るさレベルが10以下のランダムな不透過ブロックの上に、雪が生成される。[情報提供依頼]

バイオーム
y 90–95
y 120–125
y 150–155

Bedrock Editionでは降雪時に自然に複数の層が積もる。Java Editionでは降雪によって生成される層は一つのみである。

ゲームルールでdoweathercyclefalse にセットされている場合、雪の層は生成されない。‌[Bedrock Edition限定]

スノウゴーレム[編集 | ソースを編集]

スノウゴーレムは氷雪、冷帯、中性またはBedrock Editionの非乾燥帯バイオームで歩いた場所に雪を生成する。

用途[編集 | ソースを編集]

雪は以外の固体ブロックの上にのみ設置可能である。Java Editionでは、支持ブロックが取り除かれると壊れてしまう。Bedrock Editionでは、雪は重力の影響を受け、支持ブロックが無くなると落ち、不適切なブロックに落ちると壊れてしまう。プレイヤーがジャンプで上がれる高さは1ブロックと雪3層分である。

カバー[編集 | ソースを編集]

雪が草ブロック(またはJava Editionでは菌糸ポドゾル[1])の上に乗ると、ブロック上面と側面側の被覆植物が白色に変化する。雪は耕地上には設置できないため畑にダメージを与えることはなく、水を供給することもない。砂利のように重力の影響を受けるブロックの上に雪が乗っても落ちることはない。重力の影響を受けるブロックが雪の上に落ちた場合、雪は消滅する。雪の単層を上に置くと、草ブロックのテクスチャが変化する。[2][3]厚い雪の層は、不透明なブロックで覆われた通常の草ブロックと同様に、ランダムティックを受け取ったときに、草のブロックを通常の土に戻す。草が伝播した場合、雪の単層が上にある通常の土ブロックは雪の積もったテクスチャになる。

Bedrock Editionではの上に雪が乗ると、雪のパーティクルが葉を通り抜けて落ちるように表示される。

Bedrock Editionでは、キノコ、1ブロックのシダ同じ空間に共存することができ(2ブロック高の植物では不可能)[4]、そのまま重ねたり採掘したりすることが可能である。既に存在する植物ブロックに雪を乗せると植物の周りに雪が表示されるが、雪のある場所に植物を設置すると雪が取り除かれる。[5]

雪を使ってナイリウムを枯らすことができる。これはMojangが意図的にプログラムした仕組みである[6]

融解[編集 | ソースを編集]

熱ブロック[BEおよび EE限定]もしくは明るさ12以上のブロックがある場合、雪は融ける。Bedrock Editionでは、明るさや日照レベルに関係なく、乾燥帯バイオームでも融ける。複数の層がある場合はすべて同時に融ける。

キツネ[編集 | ソースを編集]

キツネが獲物への攻撃を失敗した後、雪の中に埋もれると、雪から脱出する際にパーティクルが表示される。

サウンド[編集 | ソースを編集]

Java Edition

サウンド字幕ソース説明名前空間ID字幕キー音量ピッチ減衰距離
ブロックが破壊されるブロックブロックを破壊するblock.snow.breaksubtitles.block.generic.break1.00.816
なし[sound 1]ブロック落下ダメージを受ける高さからブロックに落下するblock.snow.fallなし[sound 1]0.50.7516
ブロックが採掘されるブロックブロックを採掘するblock.snow.hitsubtitles.block.generic.hit0.250.516
ブロックが置かれるブロックブロックを設置するblock.snow.placesubtitles.block.generic.place1.00.816
足音ブロックブロックの上を歩くblock.snow.stepsubtitles.block.generic.footsteps0.151.016

Bedrock Edition[要調査]

サウンド説明名前空間ID音量ピッチ
?ブロックを破壊するdig.snow? 0.8
?落下ダメージを受ける高さからブロックに落下するfall.snow? ?
?ブロックを採掘するhit.snow? 0.5
?ブロックの上でジャンプするjump.snow? ?
?落下ダメージを受けない高さからブロックに落下するland.snow? ?
?ブロックの上を歩くstep.snow? ?
?ブロックを設置するuse.snow? 0.8

技術的情報[編集 | ソースを編集]

ID[編集 | ソースを編集]

Java Edition:

名称名前空間ID翻訳キー
snow block.minecraft.snow

Bedrock Edition:

名称名前空間ID数値ID 翻訳キー
積雪snow_layer 78tile.snow_layer.name

データ値[編集 | ソースを編集]

データ値」も参照

Bedrock Editionでは、積雪は次のデータ値を使用する。

データ値 説明
0 1層、 2ピクセルの厚さ
1 2層、4ピクセルの厚さ
2 3層、6ピクセルの厚さ
3 4層、8ピクセルの厚さ
4 5層、10ピクセルの厚さ
5 6層、12ピクセルの厚さ
6 7層、14ピクセルの厚さ
7 8層、16ピクセルの厚さ


ブロック状態[編集 | ソースを編集]

ブロック状態」も参照

Java Edition:

名前 初期値 説明
layers11
2
3
4
5
6
7
8
層の厚さの数値。
各層は2ピクセルの高さを追加し、最初の層以降の層は2ピクセルの当たり判定を追加する。

Bedrock Edition:

名前 初期値 説明
height00
1
2
3
4
5
6
7
最下層に追加する層の数。
covered_bit00
1
[要コード検証]


歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition Classic
2009年5月20日Notchは「冬はすごく良いアイディアだね。(空から降る)雪と、タイルをゆっくり覆っていく雪の層が見えるよ。あと、湖の氷もね。:D」と述べた。
2009年5月21日Notchは「最上部のタイルの上の」雪が彼のToDoリストに存在することを明かした。
Java Edition Alpha
v1.0.4Snow JE1 BE1.png 雪が冬季モードでのみマップに追加された。新しいセーブの作成時に、1/4の確率でワールド全体が降雪する可能性がある。露出しているブロックに降ると、薄い雪の層が生成される。
v1.0.5再設置以外の手段で雪を乱すと雪玉がドロップするようになった。これには、雪またはその下のブロックの融解と採掘も含まれる。
プレイヤーブロックの設置で簡単に雪玉を獲得できるようになった。そうすることで、プレイヤーは少ない労力で大量の雪玉を手に入れることができる。
v1.0.5_01雪玉が雪にシャベルを使うことでしか採取できなくなった。
v1.2.0?冬季モードの削除により、雪が再生成されなくなった。
Java Edition Beta
1.5雪の再生成が天候機能の一部として復活した。[7]
雪が氷原バイオームで発生するようになった。
重なった雪の層が追加された。しかし、自然生成されることはなく、プレイヤーが設置することもできない。1–3層には衝突判定がなく、4–8層にはハーフブロックの衝突判定がある。
1.8Pre-releaseNotchが現在改良を試みているため、降雪するバイオームは一旦削除された。
Java Edition
1.0.0Beta 1.9 Prerelease降雪するバイオームが再度追加された。
雪が氷原バイオームと同様にツンドラバイオームで発生するようになった。
1.3.112w21a雪がクリエイティブインベントリ内で使用可能になった。
1.513w05a雪がクラフト可能となり、サバイバルモードで入手可能になった。
重なった雪の層に正しい衝突判定が与えられ、設置が可能になった。
1.814w28bドロップする雪玉の数が1–8個から、厚さに応じて2–9個に増加した。
1.1317w47a雪のIDがsnow_layer からsnow に変更された。
平坦化以前は、このブロックの数値IDは78だった。
1層の雪の衝突判定が高さ0の固体衝突判定ではなくエンプティとなったため、再度エンティティが通り抜けられるようになった。
1.1418w43aSnow JE2 BE2.png 雪のテクスチャが変更された。
19w03c7層の雪が正しいcullface変数を使用するようになった。
Pocket Edition Alpha
0.3.0Snow JE1 BE1.png ワールド生成に雪が追加された。
0.8.0?雪がクリエイティブモードのインベントリに追加された。
0.12.1build 1雪が複数の層に積もるようになった。
雪が重力の影響を受けるようになり、支持されていない雪の層からパーティクルが落ちるようになった。
雪がキノコ背の高い草と同じ空間に設置できるようになった。
雪がシャベルを使って入手可能になった。以前は、雪は他の土タイプのブロックのように採掘されていた。
Bedrock Edition
1.2.0?山岳バイオームで積雪が生成されるようになった。
1.10.0beta 1.10.0.3Snow JE2 BE2.png 積雪のテクスチャが変更された。
1.16.0beta 1.15.0.51積雪が、シルクタッチのシャベルで採掘した際にそれ自身をドロップするようになった。
Legacy Console Edition
TU1CU11.0Patch 11.0.1Snow JE1 BE1.png 雪が追加された。
TU54CU441.52Patch 241.0.4雪が上下逆の階段の上に設置可能になった。
TU69CU571.76Patch 38雪が重力の影響を受けるようになった。
1.90Snow JE2 BE2.png 雪のテクスチャが変更された。
New Nintendo 3DS Edition
0.1.0Snow JE1 BE1.png 雪が追加された。

問題点[編集 | ソースを編集]

「雪」、「Snow layer」、または「積雪」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 雪は、サボテンを破壊することなく、サボテンの横の完全なブロックに積み重ねることができる。
  • 2から7層の雪は敵対的なMobのスポーンを防ぐ。
  • スペクテイターモードでは、プレイヤーが正しい高さにいれば草ブロックの上面の雪テクスチャを見ることができる。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

Bedrock Edition[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]

  1. Java Editionでは(英:Snow)、Bedrock Editionでは積雪(英:Top Snow)。

脚注[編集 | ソースを編集]