鉄格子

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
鉄格子
Iron Bars.png

落下

いいえ

透過

はい

発光

いいえ

爆発耐性

30

回収道具


再生

はい

スタック

はい (64)

可燃性

なし

ドロップ

自身

データ値

dec: 101 hex: 65 bin: 1100101

ID名

iron_bars

鉄格子(Iron Bars)は、要塞NPC村に自然に生成されるブロックである。フェンスと同じような目的に用いられるが、このブロックの高さは1ブロックしかない (フェンスは1.5ブロック)。周りに何もブロックがない場合、上から見ると棒の形(1.8.9以前は ╋ の形)になるが、隣にブロックがあるとその配置により、━ のようになったり ┏ のようになったり ┳ のようになったりと変化する。

鉄格子はフェンスや板ガラスと同じように設置される。

入手[編集 | ソースを編集]

ブロック
鉄格子
硬さ 5
回収道具
採掘時間[注釈 1]
25
木製 3.75
石製 1.9
鉄製 1.9
ダイヤ製 0.95
金製 0.65
  1. 時間は秒であり、エンチャントしていない道具である。

自然生成から[編集 | ソースを編集]

鉄格子は要塞に自然に生成されている。また、村の鍛冶屋に設置されている。

クラフトから[編集 | ソースを編集]

材料 レシピ » 結果
鉄インゴット











16

用途[編集 | ソースを編集]

鉄格子は、ドアと固体ブロックの間に設置して銃眼を作る為に用いることが出来る。ドアと鉄格子との間に小さな隙間が出来、外のMobを確認できて矢を射ることができるようになる。
ファイル:Arrow Slits.png
鉄格子を銃眼作製の目的で使った例

ネザーでの窓の作製。爆発耐性値が高いので、ガスト対策済みの窓を作る為の最もよい素材となる。また鉄格子の上には松明やブロックを設置できないので注意が必要である。

歴史[編集 | ソースを編集]

2011年7月11日、Notchは要塞の2枚のスクリーンショット (異なる明るさ設定のもの) を公開した。要塞にある一般的なブロックと共に、鉄格子がはっきりと映し出されていた。光り方の違いについては、フォーラムであるユーザーにより解説が試みられた (完全に正しいとは言えないものだったが)[1]

Beta
1.8鉄格子が追加された。

動画[編集 | ソースを編集]

Iron Bars/video

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 鉄格子を縦横2×2に並べて設置すると、プレイヤーは通ることが出来るが雨や水などは通れない場所を作ることが出来る。これは水中に建物を作る際の入り口に用いることが出来、ピストンを用いれば出口にも出来る。同様の事が板ガラスでも実現できる。
  • 鉄格子は板ガラスとは接続しない。並べて設置すると、雨や水を妨げるが、プレイヤーが落ちたりジャンプしたり通ったり出来る、幻の1ブロックを作り出すことが出来る。絵画をこの部分に設置するのもよいだろう。
  • 看板や絵画を鉄格子の上に設置すると、空中に浮かんでいるように見える。
  • 鉄格子は板ガラスと同じ設置規則が適用される。単独で設置されると、板ガラスと同様に ╋ のようになる。
  • 鉄格子はガストの火の玉で壊されず、またガストの射線を妨げるので、ネザーを通り抜ける道路の「耐ガスト」防護壁に用いることが出来る。
  • 鉄格子は延焼を妨げる。つまり炎を鉄格子で囲うと、木製のアイテムに着火するのを防げる。
  • 充分薄いにも関わらず、鉄格子の下のブロックへはガストの爆発が届かなくなる (他の角度から爆発が影響を与えない限り)。これは、鉄格子と粘着ピストンで開閉可能なシャッターを作ることが出来るかもしれないことを意味する。
  • 鉄格子がブロックに接続され、そのブロックにレールが設置されると、鉄格子の上面のテクスチャーが消えてしまう。
  • サボテン1ブロックの上に設置すると、角でのみダメージを受けるようになる。
  • ガラスのように、鉄格子はMobの視線を妨げる。ただしクモ洞窟グモはこの限りではない。
  • プレイヤーは鉄格子の隙間からを射ることは出来ない。つまり銃眼を作る為に用いることは出来ない。これは板ガラスと同様に、他のブロックと接続した板ガラスは完全なブロックとして看做される為である。
  • TNTを3×3×3の鉄格子の檻に入れると、鉄格子のみが破壊される。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

参照[編集 | ソースを編集]