金属

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

金属は、光沢があり、伝導性があり、一般に強固で加工可能な材料である。現在、Minecraftには2種類の金属が存在する。

また、1種類の合金も存在する。‌[JE 1.16で開発中]

金属の性質[編集 | ソースを編集]

Minecraftにおける金属は、以下の性質を共通して持っている。

  • 金属インゴット、およびフルブロックの3種類の形体が存在する。
  • 対応する道具および防具がある。
  • これらの道具や防具は、かまど溶鉱炉で処理することで金属塊を得られる。
  • これらの鉱石は、シルクタッチエンチャントを付与していない道具で採掘してもブロックとしてドロップする鉱石であり、インゴットを得るにはかまどや溶鉱炉で処理する必要がある。
  • 重量感圧板を作ることができる。
  • フルブロックの形体は、ビーコンの起動に使用できる。

鉄はさらに以下の性質を持っている。

金はさらに以下の性質を持っている。

  • リンゴ、ニンジン、およびスイカの薄切りの性能を高め、金のリンゴ、金のニンジン、およびきらめくスイカの薄切りを作ることができる。


合金は以下の性質を持っている。

  • ブロックおよびインゴットの形体が存在するが、金属塊の形体は存在しない。
  • ビーコンの起動には使用できない。
  • 直接の鉱石はなく、他の金属との組み合わせで作らなければならない。

金属元素[編集 | ソースを編集]

金と鉄の他に、実際の金属にも対応する多くの元素[BedrockおよびEducation Edition限定]が存在する。ただし、これらにはゲーム内での金や鉄の金属と同じ用途では使用しない。

dブロック金属[編集 | ソースを編集]

fブロック金属[編集 | ソースを編集]

アルカリ金属[編集 | ソースを編集]

アルカリ土類[編集 | ソースを編集]

その他の金属・貧金属[編集 | ソースを編集]

材料としての金属[編集 | ソースを編集]

特定のブロックは、岩とは対照的に金属として分類され、ツルハシで採掘する必要がある。ただし、このカテゴリに属するブロックは、必ずしもそれ自体が金属で作られているとは限らない。たとえば:ダイヤモンドブロック, エメラルドブロック, レッドストーンブロック, ラピスラズリブロックはすべて、金属製ではないがこのカテゴリに含まれている

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition Classic
0.0.14aIron Ore JE1 BE1.pngGold Ore JE1.png金・鉄ブロックを追加
0.0.20a32px 金ブロックを追加
0.27 SURVIVAL TEST32px鉄ブロックを追加
Java Edition Indev
0.312010012932px 32px金・鉄インゴットを追加
Java Edition
1.0.0Beta 1.9 Prerelease32px金塊を追加
1.11.116w50a鉄塊を追加
開発中のJava Edition
1.1620w06aNetherite Ingot JE1.png Netheriteのインゴットを追加

関連項目[編集 | ソースを編集]