ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

許可ブロックと拒否ブロック

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Information icon.svg
この項目はBedrock Edition、およびEducation Edition限定の要素です。
許可ブロックと拒否ブロック
Allow BE1.pngDeny BE1.png
再生

不可

スタック

可(64)

回収道具

なし

爆発耐性

?

硬度

?

発光

しない

透過

しない

可燃性

なし

溶岩からの引火

する

許可ブロック(英:Allow Block)と拒否ブロック(英:Deny Block)は、プレイヤーの建築可能エリアまたは禁止エリアを設定できるブロックである。これらは Education EditionBedrock Edition限定のブロックである[1]

入手[編集 | ソースを編集]

許可ブロックと拒否ブロックはクリエイティブインベントリでは入手できない。入手するためには、操作のブロック選択か、/give/setblockのようなコマンドを使用する必要がある。

用途[編集 | ソースを編集]

許可ブロックを配置すると、Builder のステータスが表示されていないユーザーは、その上にブロックを設置・破壊することができる。拒否ブロックでは、ブロックの上にブロックを設置・破棄することができない。いずれのブロックもその下の領域には影響しない。 2つの許可ブロックまたは拒否ブロックが互いに重なって配置されている場合は、最も高いブロックが優先される。許可ブロックがその下の拒否ブロックのある場所に配置されている場合、2つのブロック間のスペースは保護され、許可ブロックの上のスペースはユーザーがブロックを配置および破棄することを許可する。逆も可能である。

World Builder ステータスを持つユーザーは、ブロックの許可または拒否の場所に関係なく、ブロックを配置して破棄できる。

技術的情報[編集 | ソースを編集]

ID[編集 | ソースを編集]

名称名前空間ID数値ID 翻訳キー
許可ブロックallow 210tile.allow.name
拒否ブロックdeny 211tile.deny.name

歴史[編集 | ソースを編集]

Pocket Edition Alpha
v0.14.2Allow (texture) BE0.png Deny (texture) BE0.png terrain-atlas.tgaに許可ブロックと拒否ブロックのテクスチャが追加されたが、使用されていない。
0.16.0build 1Allow BE1.png Deny BE1.png 許可ブロックと拒否ブロックが追加された。
build 2許可ブロックと拒否ブロックが削除された。
Bedrock Edition
1.16.0beta 1.15.0.51許可ブロックと拒否ブロックが再追加された。
Education Edition
MinecraftEduMCEdu Build allow block.png MCEdu Build disallow block.png Education Editionの前身であるMinecraftEduには、同じ目的を果たす許可ブロックと禁止ブロックがあった。
1.0Allow BE1.png Deny BE1.png 許可ブロックと拒否ブロックが追加された。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]