ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

「計画中のバージョン」の版間の差分

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
(77.111.246.18 (トーク) による版 230702 を取り消し)
タグ: 取り消し
 
(他の1人の利用者による、間の1版が非表示)
4行目: 4行目:
 
<!-- 実際に発表されていない未出典の情報を推測で追加することはお控えください -->
 
<!-- 実際に発表されていない未出典の情報を推測で追加することはお控えください -->
 
<!-- Do not add bug fixes from development versions until a consensus is reached -->
 
<!-- Do not add bug fixes from development versions until a consensus is reached -->
  +
  +
== メジャーアップデート ==
  +
これらは''Java Edition''とBedrock Editionの両方共にくるアップデートである。
  +
  +
=== Caves & Cliffs ===
  +
{{main|Caves & Cliffs}}
  +
[[Minecraft Live 2020]]で発表された、山岳と地下のアップデートである。
   
 
== Java Edition ==
 
== Java Edition ==

2020年10月3日 (土) 22:55時点における最新版

このページでは、現在開発が進行されている Minecraft のバージョンについて記述している。これらのアップデートは実際に開発者から明確な情報の公開や、あるいは開発版がリリースが開始されているバージョンである。

また、このページでは予告なしにリリースされたバージョンは省略され、リリース日や内容が公開されているバージョンのみを一覧にしていることに注意してほしい。

メジャーアップデート[編集 | ソースを編集]

これらはJava EditionとBedrock Editionの両方共にくるアップデートである。

Caves & Cliffs[編集 | ソースを編集]

詳細は「Caves & Cliffs」を参照

Minecraft Live 2020で発表された、山岳と地下のアップデートである。

Java Edition[編集 | ソースを編集]

Disambig color.svg この記事では、計画中のバージョンについて説明しています。計画中の要素については「Java Edition/言及された要素」をご覧ください。

戦闘に関する変更[編集 | ソースを編集]

詳細は「Java Edition Combat Tests」を参照

戦闘システムは将来のアップデートで変更される予定である。これがいつどのメジャーアップデートで実装されるかは不明である。

Bedrock Edition[編集 | ソースを編集]

Disambig color.svg この記事では、計画中のバージョンについて説明しています。計画中の要素については「Bedrock Edition/言及された要素」をご覧ください。

RTXアップデート(4Kアップデート)[編集 | ソースを編集]

RTXアップデート(英:RTX update)は、リリース予定日未定の開発中のアップデートである。 かつて4Kアップデート(英:4K update)と呼ばれていたリリース予定日未定のBedrock Editionのアップデートとされていたものがあった。このアップデートでは、4K HDR グラフィックオプションと、「Super Duper Graphics Pack」が追加される予定であった[1]が、システムの内部的な問題で開発が遅れ、2019年8月12日に「技術的な多くの問題があった」という理由により開発中止が発表され[2]、その後日本時間2019年8月19日になってNVIDIAとMicrosoftが共同で発表したのが、新たなグラフィッゲームエンジンである「RenderDragon」の実装とNVIDIA RAY TRACING [fn 1]のサポートを実施する当アップデートであった[3][4]。なお、このRender Dragonエンジンは、Minecraft Earthでも使用されているものである。 なお、Xbox One版では1.13にて、PS4版では1.14にて、「Render Dragonエンジン」の実装が行われている。

1.16.100[編集 | ソースを編集]

詳細は「Bedrock Edition 1.16.100」を参照

1.16.100 は、近日リリース予定のBedrock Editionのマイナーアップデートであり、新しいコマンドの追加、Java Editionからの機能の向上、実績UIの刷新、バグの修正などが予定されている[5]

注釈[編集 | ソースを編集]

  1. Direct XR対応端末で動かすことの可能なシステムで、暫定的にWindows 10のDirect XR対応端末のみ

脚注[編集 | ソースを編集]