羊毛

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
この記事は内容の更新を必要とします。
情報の一部は、現在の最新バージョンには適応されません。
羊毛
White Wool.pngOrange Wool.pngMagenta Wool.pngLight Blue Wool.pngYellow Wool.pngLime Wool.pngPink Wool.pngGray Wool.pngLight Gray Wool.pngCyan Wool.pngPurple Wool.pngBlue Wool.pngBrown Wool.pngGreen Wool.pngRed Wool.pngBlack Wool.png
















透過

いいえ

発光

いいえ

爆発耐性

4

回収道具


再生

スタック

可 (64)、同色のみ

可燃性

はい

ドロップ

自身

データ値

dec: 35 hex: 23 bin: 100011

ID 名

wool

羊毛(Wool)は、白色、橙色、赤紫色、水色、黄色、黄緑色、桃色、灰色、薄灰色、空色、紫色、青色、茶色、緑色、赤色、黒色の16種類ののいずれかで染めることができるヒツジ由来のブロックである。

入手[編集 | ソースを編集]

ブロック
羊毛
硬さ 0.8
採掘時間[注釈 1]
1.25
ハサミ 0.25
  1. 時間は秒であり、エンチャントしていない道具である。

ヒツジから[編集 | ソースを編集]

成体のヒツジからは、ハサミを使うと、1~3個の羊毛を収穫できる。刈られていない場合、死亡時に1個羊毛をドロップする。ドロップした羊毛は、ヒツジの羊毛と同じ色になる。ドロップ率は幸運またはドロップ増加のエンチャントの影響は受けない。

白、薄い灰色、灰色、黒、茶色、ピンクの羊毛の羊は自然にスポーンする。残りの色は羊を染色する必要がある。

自然生成から[編集 | ソースを編集]

黒色の羊毛が松明と共に自然生成されている

ヒツジだけでなく、黒い羊毛はNPC村に、フェンスの柱の上に4本の松明に囲まれて自然に生成されていることがある。

砂漠の神殿の一部として54個の橙色の羊毛と1個の青い羊毛が自然に生成されるようになった。

クラフトから[編集 | ソースを編集]

名前 材料 クラフトのレシピ 説明
白色の羊毛











同種の色付き羊毛 白色の羊毛 +
同種の染料














































[Java および Legacy Console Edition 限定]
同種の羊毛 いずれかの羊毛 +
同種の染料




































































[Bedrock Edition 限定]
白色の羊毛 いずれかの色付き羊毛 +
漂白剤





























[Bedrock および Education Edition 限定]

用途[編集 | ソースを編集]

羊毛はベッド絵画の必須素材である。

羊毛は様々な色のものが入手可能なので、カラフルな建築物、立像その他の建材として、特にクリエイティブモードではよく用いられる。住居のカーペットや巨大な「ベッド」など様々な装飾を実現できる。また洞窟の系統に色コードを割り当て、適当な間隔をあけて設置することで、今どの洞窟にいるかを知ることが出来るようにも用いられる。

羊毛はレッドストーン回路の色コードとして、ワイヤーを引き回した場所を見つけやすくしたり、それぞれのワイヤーの区別を付けやすくしたりするために用いることも出来る。羊毛はなんの特殊な振る舞いのない、ただの固体ブロックとして扱える。

ヒツジの染色 (染料を持って右クリック) は、色付き羊毛を得るためのとても効率的な入手法である。羊毛自体を染色したり、色付きヒツジを殺したりするのに比べ、ハサミで羊毛を刈ることでは1∼3個と明らかに多くの羊毛ブロックが入手できるからである。全てのヒツジは元々何色であるか (白、薄灰、灰、黒、茶、桃)、以前どの色であったかに関わらず、何度でも使用する染料の色に染色可能である。一度骨粉を使って'漂白'する必要はない。

農民の村人に羊毛を売ることでエメラルドを得ることも出来る。どの色の羊毛も売れるが、1度に売れるのは1色のみである。

野生のオオカミがランダムにドロップされた羊毛ブロックと一緒に見つかることがある (特に森林とタイガバイオームにて)。これはオオカミがうろついているところにヒツジを襲った為である。

製作材料として[編集 | ソースを編集]

名前 材料 クラフトのレシピ 説明
同種の 同種の羊毛 +
















































































































































同種のベッド 同種の羊毛 +
いずれかの木材






































































































羊毛の色は同じものでなくてはならないが、木材の種類は関係ない。
同種のカーペット 同種の羊毛
絵画  +
いずれかの羊毛






























燃料として[編集 | ソースを編集]

羊毛はかまどの燃料として利用でき、1ブロックあたり0.5アイテムを製錬できる。[Java Edition 限定]

データ値[編集 | ソースを編集]

ブロックデータ[編集 | ソースを編集]

データ値も参照
データ値 説明

0 白色の羊毛

1 橙色の羊毛

2 赤紫色の羊毛

3 空色の羊毛

4 黄色の羊毛

5 黄緑色の羊毛

6 桃色の羊毛

7 灰色の羊毛

8 薄灰色の羊毛

9 水色の羊毛

10 紫色の羊毛

11 青色の羊毛

12 茶色の羊毛

13 緑色の羊毛

14 赤色の羊毛

15 黒色の羊毛

ブロック情報[編集 | ソースを編集]

ブロック情報も参照
名前 詳細
Nbtsheet.png colorwhite
orange
magenta
light_blue
yellow
lime
pink
gray
silver
「silver」は薄灰色を表す
cyan
purple
blue
brown
green
red
black

実績[編集 | ソースを編集]

アイコン 実績 ゲーム内での説明 実際の条件(異なる場合) 入手可能 得られる Xbox ポイント トロフィーの種類 (PS)
Xbox PS Bedrock Nintendo

虹色コレクション16色すべてのウールを集める30Gシルバー

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition Classic
0.0.20 クラシック wool color spectrum 16色の布が追加された。
0.27 SURVIVAL TEST 11 赤い布を落とすヒツジが追加された。
0.27 SURVIVAL TEST 12 ヒツジが赤い布の代わりに白い布をドロップするようになった。
Java Edition Indev
2010年2月18日 布を使って防具をクラフトできるようになった。
2010年2月23日 布が絵画のクラフトに使われるようになった。
Java Edition Infdev
2010年6月27日 白を除く全色の布が削除された。
ヒツジが灰色の代わりに白い布をドロップするようになった。
Java Edition Alpha
1.0.1 ヒツジが布を再生するようになった。
1.0.8 布/革の防具のレシピが布から革に変更された。
1.1.0 ヒツジが攻撃された際ドロップする羊毛の数が、2個固定から1∼3個に変更された。
Java Edition Beta
1.2 Beta wool color spectrum. 布の色合いが変更された。
布が羊毛に改名された。
15色の染料が追加された。 白いヒツジを任意の染料で染色できるようになった。
薄灰色、灰色、黒色のヒツジはめったにスポーンせず、また対応する色の羊毛をドロップすることもめったになかった。
1.3 羊毛がベッドのクラフトに使われるようになった。
1.4 茶色、桃色のヒツジはめったにスポーンしなかったが、対応する色の羊毛はドロップしていた。
1.6.6 羊毛のレシピが変更され、必要なの数が9本から4本になった。
1.7 ハサミが追加され、ヒツジを傷つけることなく2個∼4個の羊毛を刈れるようになった。
ヒツジを叩いても羊毛をドロップしなくなり、倒すことで1個の羊毛をドロップするようになった。
1.8 村にランプとして、黒色の羊毛が自然生成されるようになった。
Java Edition
1.1 ヒツジが草ブロックを食べることで刈られる前の毛が再生するようになった。
バランス調整のため、刈られる際にドロップする羊毛が2∼4個から1∼3個に変更された。
1.2.4 1.2.4 wool color spectrum. 羊毛のテクスチャが微調整され、羊毛の色が以前より少し暗くなった。 比較
1.3.1 12w21a 54個の橙色の羊毛と、1個の青色の羊毛が砂漠の寺院に自然生成されるようになった。
1.6.1 13w16a 羊毛がカーペットのクラフトに使われるようになった。
1.8 14w02a 村人が全色の羊毛を取引するようになった。
14w03a 砂漠の寺院に生成される羊毛が色付き粘土に置き換えられた。
14w30a 羊毛がのクラフトに使われるようになった。
1.11 16w33a 羊毛がかまどの燃料として使えるようになった。
16w39a 様々な色の羊毛が森の洋館に自然生成されるようになった。
16w44a 白色の羊毛が"白色の羊毛"ではなく、単に"羊毛"という名前に改名された。
1.12 2017年1月23日Jebは羊毛の色の変更のプレビューをツイートし、「テクスチャそのものが必要となるかもしれない」と付け加えた。
2017年1月27日Jebは、新しいコンクリートブロックの横に羊毛の色をさらに変更した別のスクリーンショットをツイートした。 さらに「ノイズには微調整が必​​要だ」と付け加えた。
17w06a 1.12 wool color spectrum. 2回目の色のスペクトルの変更が行われ、羊毛と羊毛関連のすべてのアイテムが新しいテクスチャに変更された。
Pocket Edition Alpha
0.1.0 羊毛が追加された。(全16色だったが、全色の入手は不可能だった)
0.2.0 ヒツジの毛を刈れるようになった。
0.4.0 羊毛のクラフトレシピが追加された。
羊毛がベッドのクラフトに使われるようになった。
0.5.0 羊毛が絵画のクラフトに使われるようになった。
0.8.0 build 2 赤色の羊毛を作って赤色のカーペットをクラフトできるようになった。
0.9.0 build 1 黒色の羊毛がに自然生成されるようになった。
残りの羊毛の色でカーペットをクラフトできるようになった。
0.9.3 羊毛の明かりが滑らかになった。
Pocket Edition
1.1 2017年1月27日Jebは、コンクリートブロックの横にある新しい羊毛のテクスチャの写真をツイートし、Pocket Edition 1.1の進行中の作業であることを発言した。
Legacy Console Edition
TU1CU11.0Patch 1羊毛が追加された。 (全16色)
TU9ヒツジが草ブロックや草を食べることで刈られる前の毛が再生するようになった。

問題点[編集 | ソースを編集]

「羊毛」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • ヒツジの色の出現時の確率は、5%が黒色、5%が灰色、5%が薄灰色、3%が茶色、0.164%が桃色である。残りの81.836%が白色になる。
  • 羊毛と各染料のダメージ値は、それぞれを論理反転させたものになっている。
  • 羊毛ブロックを壊しても、ハサミの耐久値は消費されない。
  • 白色の羊毛は骨粉を用いて作製できるが、単に白い羊毛を別の白い羊毛ブロックに置き換えるだけである。
  • Xbox 360 Editionのチュートリアルマップでは、上空に薄灰色と黒色の羊毛で作られたMinecraftロゴが存在している。
  • /giveコマンドでダメージ値16を指定して得られる羊毛の見た目は、ネザーウォート(Nether Wart)の成長1段階目のものになっている。設置すると白い羊毛になる。
  • それ以上、データ値17以上の羊毛を得ると、1以降に巻き戻る (つまり17は橙、18は赤紫、など)。持ち物画面内では通常の色付き羊毛として振舞う。
  • の実装前はCloth (羊毛 (Wool) の旧名) が革製の防具の作製に用いられていた。
  • 色付きのCloth (布) は、Classic's Survival TestIndevの頃は既に設置してあるマップファイルを読み込まない限り入手できなかった。色付きのClothブロック関連のプログラムコードはInfdevで完全に削除されている。これらのブロックをマップ上に設置するとゲームクライアントプログラムがクラッシュしたので、ブロックは存在していなかった。
  • ダメージ値16の、未使用の羊毛を Minecraft 1.5で得るとゲームがクラッシュする。