提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
String.png

種類

原材料

耐久度

該当なし

再生

スタック

可 (64)

初登場

歴史を参照

データ値

dec: 287 hex: 11F bin: 100011111

名前

string

この記事は内容の更新を必要とします。
情報の一部は、現在の最新バージョンには適応されません。

(String) は、主にクモ洞窟グモを倒すことで0~2本入手出来るアイテムである。

用途[編集 | ソースを編集]

製作材料として[編集 | ソースを編集]

糸はまた羊毛の作成にも使用できるが、羊毛はヒツジからも採取できるので効果的な手段ではない。釣竿、そしてクラフトに弓を用いるディスペンサーのために取っておいた方が効果である。

材料 レシピ » 結果
+ 糸











+ 糸











糸+
スライムボール











トリップワイヤー[編集 | ソースを編集]

トリップワイヤー
Tripwire.png

落下

しない

透過

する

発光

しない

爆発耐性

0

回収道具

すべての道具

再生

N/A

スタック

可 (64)

可燃性

なし

ドロップ

自身

データ値

dec: 132 hex: 84 bin: 10000100

ID名

tripwire

トリップワイヤー (Tripwire)、仕掛け線は、細い灰色の線で、設置された糸の呼び名である。対向してトリップワイヤーフックを設置し、それに接続した際にレッドストーン信号を発するというのが第一の利用目的となる。殆どのエンティティがワイヤーに引っ掛かると、レッドストーンの短い信号がワイヤーに接続されたトリップワイヤーフックから発せられる。トリップワイヤーの見辛さは罠を作るのに適している。

トリップワイヤー(とトリップワイヤーフック)は、ジャングルの寺院に自然生成される。

用途[編集 | ソースを編集]

接続されたトリップワイヤーを起動するには、エンティティ(多くの Mobトロッコボートアイテムなど)がそこに移動し、通り抜けるか重なる必要がある。例外は投げられたスプラッシュポーション、幾つかの矢、投げられたエンダーパールエンダーアイはフックを作動させない。ハサミを持たずにワイヤーを取ろうとしても信号が発せられる。信号はワイヤーからではなくフックから発せられる。トリップワイヤーは最長で40ブロックの長さまで接続できる。トリップワイヤーフックは、地上に設置されたワイヤーにも、空中に設置されたもの(詳細は後述)にも接続させることが出来る。正しくトリップワイヤーを機能させるには、フックは繋げられたワイヤーの両方に設置される必要がある。

トリップワイヤーはツタを用いた建造物の装飾にも役立つ。空中に設置したワイヤーは、何も追加せずともツタの成長を防ぐ事が出来る。これによりどの範囲、どの長さまでつるを成長させるかを制御できるようになるし、また巨大なツタの中に模様を描くことも可能になる。これは高度が高い場所にある建造物や浮島に、ツタをぶら下げたい場合に特に有用である。ツタは途中にブロックが無ければ、地上まで成長を続けるが、浮いたトリップワイヤーは、ツタを短く整え、自然に見えるような不揃いさを維持できる(さもなくば看板やその他ブロックなど目立ちかさばるものを使わねばならない)。

トリップワイヤーの設置と取り外し[編集 | ソースを編集]

トリップワイヤーとはすなわち設置された糸である。トリップワイヤーはレッドストーンワイヤーのように接続され、水平方向の4方向全てに接続される。また固体ブロックの脇に置くことで空中に設置出来る。ワイヤーを置いたブロックを壊すことでトリップワイヤーも壊れ、信号が発せられ糸をドロップする。ワイヤーを透過性を持つブロック(ガラス、葉、看板、空気、チェスト、ピストン、グロウストーン、ハーフブロック、階段、など)に設置した場合、ガラスや葉でないブロックの上に設置された別のワイヤーやフックとは接続されない。しかし一旦これらブロックが破壊されても、糸はドロップせず信号も発せられない(ワイヤーは空中に残る)。これは他のワイヤーが上に設置されたものでも同様である。ブロック上で設置した場合も、空中の場合も機能は同じである。トリップワイヤーの作成時、Dinnerbone はワイヤーとフックの直下にブロックがないか、あるいは全てのワイヤー/ブロックの下にあるかのどちらかである必要があるとしている[1]が、これは正確には正しくない。この「混合と一致」は下に敷かれたブロックが透過性を持つか否かで判定されるので、透過ブロックは空気と混ぜて置かれてもよい。トリップワイヤー自体を破壊するとき、接続されたワイヤーとフックを作動させる。ワイヤーを作動させずに破壊するには、ハサミを使ってブロックを破壊しなければならない。これによりブロックと糸がドロップしても、信号は発せられないように出来る。トリップワイヤーはフックと接続していない場合、ハーフブロックと同じ当たり判定を持つ。接続している場合、空中に設置されていなければレッドストーンワイヤーと同じになる。ワイヤーは、看板のように重ねて設置出来るが、下のワイヤーやブロックを壊しても空中に残る。

動画[編集 | ソースを編集]

糸/video

歴史[編集 | ソースを編集]

Indev
2010-02-19糸がクモのドロップアイテムとして追加された。
正式版
1.3.112w22a糸を地面に設置することで、トリップワイヤーが出来るようになった。トリップワイヤーは Dinnerbone の Twitter で初めて言及された[2][3]。Dinnerbone は動画を作成し、リリース前のトリップワイヤーの実験を公開している[4]
12w23aトリップワイヤーが殆どのエンティティ(を含む)に対して作動するようになった。設置出来る最長距離も 18 から 40 へと増やされた。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • BUDスイッチの隣に設置された糸の上を歩いたり出たりすると、更新が検出される。これはトリップワイヤーフックに接続されていなくても起きる。ブロックをハサミで壊しても同様である。
  • トリップワイヤーはゲーム中の最高解像度のテクスチャーを用いている (64×64)。
  • 糸は、"Silk(絹)" としても参照されている。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

関連項目[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]