石レンガ

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
石レンガ
Stone Brick.gif
石レンガひびの入った石レンガ苔石レンガ模様入り石レンガ
透過

しない

発光

しない

爆発耐性

30

回収道具


再生

石レンガ:可
ひび割れた石レンガ:可
苔石レンガ:可
模様入り石レンガ:可

スタック

可 (64)

可燃性

なし

ドロップ

自身

データ値

dec: 98 hex: 62 bin: 1100010

ID名

バージョンによって異なる。IDの項を参照


石レンガ (Stone Brick) は、要塞の建材の1つである。石レンガの爆発耐性はレンガ丸石 と同じであり、これらブロックで囲われたTNTは、各方向1ブロックづつしか破壊できない。石レンガの各バリエーションは同じ爆発耐性値になっている。ツルハシならどんな種類のものでも採掘可能だが、素手では掘ることはできない。


ひびの入った石レンガ (Cracked Stone Brick) は石レンガのバリエーションの1種である。要塞で見つけることができる。そのテクスチャーは石レンガのものをひび割れたかのように改変したものになっているが、これが爆発耐性や採掘時間に影響することはない。通常の石レンガをかまどで精錬することででき、通常の石レンガと同じようにアイテム作製に用いることができる。


苔石レンガ (Mossy Stone Brick) も、石レンガのバリエーションである。これも要塞で見つけることができる。そのテクスチャーは石レンガのものに苔の効果を追加したもので、苔石 によく似ている。通常の石レンガとつるを合わせてクラフトすることででき、他のブロックの材料として使用可能だ。


模様入り石レンガ (Chiseled Stone Brick) も、石レンガのバリエーションである。これはジャングルの神殿で見つけることができる。また、石レンガのハーフブロックを二つ重ね合わせてクラフトする事でも入手でき、ひびの入ったもの、苔むしたものと同様に他のブロックの材料となる。

入手[編集 | ソースを編集]

ブロック
石レンガ
硬さ 1.5
回収道具
採掘時間[注釈 1]
7.5
1.15
0.6
0.4
ダイヤ 0.3
0.2
  1. 時間は秒とし、道具はエンチャントしていないものとする。

クラフトから[編集 | ソースを編集]

名前 材料 クラフトのレシピ
石レンガ











4
苔石レンガ 石レンガ +
ツタ












模様入り石レンガ 石レンガハーフブロック











製錬から[編集 | ソースを編集]

名前 材料 製錬のレシピ
ひびの入った石レンガ 石レンガ +
いずれかの燃料









構造物から[編集 | ソースを編集]

要塞から[編集 | ソースを編集]

通常の石レンガ、苔石レンガ、ひび割れた石レンガがメインに使われているため、これらを採掘すればよい。ただし、シルバーフィッシュ入りのものも混じっているため、注意。それらは、シルクタッチの付いたツルハシで採掘すれば、元になったブロックが入手できる。

ジャングルの寺院から[編集 | ソースを編集]

主に苔石が使われているが、模様入り石レンガが3ブロックある。

イグルーの地下室から[編集 | ソースを編集]

4種類すべての石レンガが使われている。ほとんどは通常のものだが、目線の高さにはひび割れた石レンガが、足元には苔石レンガと模様入り石レンガがあり、特に模様入り石レンガは規則的に配置されている。ただし、シルバーフィッシュ入りのものもあるので、注意。

海底遺跡から[編集 | ソースを編集]

4種類すべての石レンガが使われている。

用途[編集 | ソースを編集]

作製材料として[編集 | ソースを編集]

材料 レシピ » 結果
石レンガもしくは
苔石レンガもしくは
ひびの入った石レンガもしくは
模様入り石レンガ
石レンガ

石レンガ石レンガ
石レンガ石レンガ石レンガ








石レンガ石レンガ石レンガ


シルバーフィッシュ入りの石レンガ[編集 | ソースを編集]

シルバーフィッシュは石や丸石だけでなく、石レンガにも入り込み、隠れる。シルバーフィッシュの入ったブロックは、対応した虫食い石となる。

技術的情報[編集 | ソースを編集]

ID[編集 | ソースを編集]

1.13 以降の Java Edition
ブロック ID

石レンガ
stone_bricks

ひびの入った石レンガ
cracked_stone_bricks

苔石レンガ
mossy_stone_bricks

模様入り石レンガ
chiseled_stone_bricks
Bedrock Edition および 1.12.2 までの Java Edition

4種類とも stonebrick で、後述のデータ値によって種類を分けている。

データ値[編集 | ソースを編集]

Data valuesも参照

Bedrock Edition、および 1.12.2 までの Java Edition では以下のデータ値によって石レンガの種類を区別している。

データ値 説明

0 石レンガ

1 苔石レンガ

2 ひびの入った石レンガ

3 模様入り石レンガ

歴史[編集 | ソースを編集]

Beta
1.7 ファイル "en_US.lang" には、このブロックの存在を示す "tile.stonebricksmooth.name=Stone Bricks" というものがあった。これがこの名前が確認された初の証拠である。
1.8 石レンガ、ひびの入った石レンガ、苔石レンガが追加された。これらは要塞に自然生成される。各々は全てゲーム中では "Stone Brick"(石レンガ)という名称になっていた。
プレイヤーが作製した石レンガには、回収の際非常に小さな確率でひびの入った石レンガや苔石レンガが得られる可能性があった。同様の現象が石レンガの階段でも発生していた。石レンガの階段を掘る際に(苔でもひび入りでもない)別種の「通常の」石レンガが得ることができた。Beta 1.8でのこのバグにより、苔石レンガは東向きの石レンガの階段(通常太陽が昇る方角が北として)を壊すことで作ることが出来た。ひびの入った石レンガは、石レンガの階段を作り、石や近くの水に触れないようにして掘ることで得る事が出来た。これはこの時異なる結果が発生するためであった。ヒビの入った石レンガを作る他の方法は知られていない。南向き(f=3)の石レンガの階段を壊すことで「作成」された石レンガは、石から作られたり、東向き(f=2)の石レンガの階段を壊すことで得られた石レンガとはスタックすることは出来なかった。ただ見た目には違いは無かった。1.2で模様入り石レンガをドロップするようになったが、このバグは修正済みなので証明することは出来ない。
正式版
1.0.0 Beta 1.8のバグが修正された。
1.2.1 模様入り石レンガが追加された。
1.2.3 通常の石レンガとピストンレッドストーンとで、石レンガを模様入り石レンガに変えることができていた。
1.2.4 1.2.3の変化バグが修正された。
1.3.1 12w18a 石レンガのバリエーション各種にそれぞれのツールチップが与えられた。現在模様入り石レンガと呼ばれているものは、この時点では Detailed Stone Brick であった。この更新以前は一般には Circle Stone Brick という呼び名で呼ばれていた。
12w19a Detailed Stone BrickChiseled Stone Brick へと名称が変更された。
12w22a 模様入り石レンガが、ジャングルの神殿に自然に生成されるようになった。神殿1軒につき石レンガは3つしかない。これがサバイバルモードで入手する唯一の機会である。
1.8 ひび割れた石レンガと苔むした石レンガと模様入り石レンガがクラフトできるようになった。

問題点[編集 | ソースを編集]

「Stone Brick」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 通常の石レンガより、シルバーフィッシュ入りの方が、ツルハシでの破壊に時間がかかる。
  • ひびの入った石レンガ、苔石レンガは常にモンスターエッグではない。しかし、シルバーフィッシュはそれらのブロックに「潜み」、ブロックを通常の石レンガに変化させる (ダメージ値を変更する)。
  • プログラム中では、丸石は "stonebrick" という名称になっている。そして石レンガは、 "stonebricksmooth" となっている。
  • 石レンガのテクスチャーは、Ludum Dare所属時のNotch作のゲーム "Metagun" の石レンガのテクスチャーにそっくりである。
  • 通常、ひび割れた、苔むした石レンガを混ぜて、石レンガの階段やハーフブロックを作ることができる。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]


参考[編集 | ソースを編集]

Promotional Content