生の兎肉

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
生の兎肉
Raw Rabbit.png
種類

食料

希少度

通常

回復量

3 ()

調理

可能

再生

可能

スタック

可能(64)

経験値

調理: 0.35

初登場

Java Edition 1.8 (Java Edition 14w27a)

データ値

dec: 411 hex: 19B bin: 110011011

名前

rabbit

生の兎肉(Raw Rabbit)プレイヤーが食べることができ、かまどで調理することで焼き兎肉になる食料である。

入手[編集 | ソースを編集]

ウサギから[編集 | ソースを編集]

ウサギを倒すと、生の兎肉を0~1個ドロップする。ドロップ増加のエンチャントを使用してドロップ量を増加させることもできる。

用途[編集 | ソースを編集]

生の兎肉は、ホットバーで選択した状態で使用することで食べることができる。食べることによって、3 ()の満腹度と1.8の隠し満腹度が回復する。

調理材料として[編集 | ソースを編集]

名前 材料 製錬レシピ
焼き兎肉 生の兎肉 + 燃料


餌として[編集 | ソースを編集]

生の兎肉は、飼い慣らしたオオカミの回復や繁殖させることができる。

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition
1.8 2014年6月30日Ryan Holtzは、生の兎肉などのいくつかのアイテムの画像をツイートした。
14w27a Grid Raw Rabbit Old.png 生の兎肉が追加された。
14w33b Grid Raw Rabbit.png テクスチャーが変更された。このテクスチャーはRedditユーザーであるzeldahumanによって作成された。[1][2]

問題点[編集 | ソースを編集]

「Raw Rabbit」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]