火打石

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
火打石
Flint.png
種類

原材料

希少度

通常

再生

不可

スタック

可 (64)

初登場

Java Edition Classic 0.0.14a

データ値

dec: 318 hex: 13E bin: 100111110

名前空間ID

flint

火打石(英:Flint)は、火打石と打ち金のクラフトに用いられる原材料である。火打石は砂利を掘る際に発見される。10%の確率で掘削時に砂利ブロックではなく火打石が1単位ドロップする。火打石はまた村人と取引する際に砂利とエメラルドを渡すことで得ることも出来る。

用途[編集 | ソースを編集]

製作材料として[編集 | ソースを編集]

名前 材料 クラフトのレシピ 説明
火打石 +
 +
羽根
矢細工台 火打石 +
いずれかの木材

[JE 1.14およびBE 1.11.0で開発中]
火打石と打ち金 鉄インゴット +
火打石


入手[編集 | ソースを編集]

採掘から[編集 | ソースを編集]

砂利を採掘した場合、10%の確率で砂利そのものではなく、火打石が1つドロップする。幸運のエンチャントが付与された道具を使っていた場合、幸運 I なら14%、幸運 II なら25%、幸運 III なら100%の確率でドロップする。幸運ではなく、シルクタッチのエンチャントの付いたツールで採掘したり、落下している砂利を固体ブロックではないブロック(松明など)で受け止めた場合、必ず砂利が手に入る。

取引から[編集 | ソースを編集]

火打石は村人との交易から得ることができる。矢師に10ブロックの砂利とエメラルドを1つ渡せば6~10個の火打石が得られる。

他の交易で得られるアイテムとは違い、再生可能でない砂利を消費するため、火打石は再生可能な資源ではない。

自然生成[編集 | ソースを編集]

火打石は村のチェストに1~3個スタックされた状態で55.8%の確率で生成される。

動画[編集 | ソースを編集]

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition Indev
0.31 2010年2月19日 Flint Revision 1.png 火打石が追加された。
2010年2月19日 火打石から火打石と打ち金がクラフト可能になった。
Java Edition Alpha
1.0.14 火打石からがクラフト可能になった。それまでは火打石ではなく鉄インゴットを用いていた。
Java Edition
1.3.1 12w21a 農民の村人がエメラルド1個と砂利10個に対して4~5個の火打石を提供するようになった。
1.8 14w02a 矢師の村人がエメラルド1個と砂利10個に対して6~10個の火打石を提供するようになった。
1.13 17w47a 平坦化に伴い、数値ID318が削除された。
1.14 18w43a Flint TextureUpdate.png テクスチャが変更された。
Pocket Edition Alpha
0.3.3 Flint Revision 1.png 火打石が追加された。同時に火打石からがクラフト可能になった。
0.4.0 火打石から火打石と打ち金がクラフト可能になった。
Pocket Edition
1.0.4 alpha 1.0.4.0 矢師の村人がエメラルド1個と砂利10個に対して6~10個の火打石を提供するようになった。
Bedrock Edition
1.10.0 beta 1.10.0.3 Flint TextureUpdate.png テクスチャが変更された。
1.11.0 beta 1.11.0.1 で、矢師の家のチェストから発見できるようになった。
beta 1.11.0.4 取引の仕様が変更され、矢師の村人が50%の確率で初期取引でエメラルドと砂利10個に対して同数の火打石を提供するようになった。
道具鍛冶屋、武器鍛冶屋、矢師、革職人の村人に火打石を売れるようになった。
Legacy Console Edition
TU1CU11.0Patch 1Flint Revision 1.png 火打石が追加された。
PlayStation 4 Edition
1.90 Flint TextureUpdate.png テクスチャが変更された。

問題点[編集 | ソースを編集]

「火打石」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 砂利をエンチャント「シルクタッチ」の付いたツールで掘ると、どんな状況であっても火打石を決してドロップしなくなる。