提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
この記事では、意図的に生成する構造物について説明しています。高度の結果として生成される同様の水域については「地形の特性 § 広い湖」をご覧ください。
PlainsLake.png
バイオーム

依存

構成ブロック

(英:Lake)は、さまざまな流体を多く含む、小さくて広く、自然に生成される構造物である。

氷の道(英:Ice paths)は、凍った湖のような、湖にとても似ている構造物である。

説明[編集 | ソースを編集]

湖は浅く多くの場合液体の小さな塊である。水の泉の小さな水たまりである水の湖は、海面の上または洞窟の中で生成されることがある。また、地下で孤立して生成されることもあり、他の構造物には何も繋がっていない。寒帯バイオームにいる場合、最初はこれらの小さな湖は決して凍っていないが、露出していると氷に変わる。湖は溶岩で構成されることもあるが、溶岩湖はとても稀である。地表にある溶岩湖は石で囲まれている(土、砂利、石炭などの鉱脈で置換されることもある)。どちらの種類の湖も上に小さな空気の空間がある状態で生成され、その結果、砂が浮いていたり、雪の層が浮いていたり、湖の上にある樹木の上部3分の2までもが浮いていたりすることがある。溶岩湖の場合樹木が燃え尽きる事がある。

生成[編集 | ソースを編集]

この節では、生成、共通性、許可されたバイオームなどについての情報が不足しています。
上記の内容を含めて節の内容を拡充してください。詳細については、議論ページを参照してください。

湖はどこでも生成される。水の湖が最も一般的で、砂漠とその亜種[要コード検証]を除いたほぼすべてのオーバーワールドバイオームで生成される。溶岩湖は地表に生成されるのは珍しいが、洞窟で良くみられブロックを置き換えて周囲に石を生成する。氷の道は氷樹バイオームでのみ生成される。

空中で湖が出現されようとした場合、その下の最も高い固形地形まで下げられて生成される。これを有効にしたスーパーフラットワールドでは、背の高いワールドよりも頂上が低い場合、生成される湖が増える。

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition Alpha
1.2.6ワールド生成に湖と溶岩湖を再追加
Java Edition
1.6.113w17a湖が砂漠で生成されなくなった。砂漠の端と砂漠の丘陵バイオームにのみ生成されるようになった。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]