海洋

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
海洋
Ocean.png
種類

Aquatic

出現頻度

一般的

気温

0.5

構造物

難破船
海底遺跡

ブロック


砂利


粘土
海草
コンブ

海洋(英:Ocean)とは、主にからなる一般的なバイオームである。海洋はオーバーワールドの表面積の25~33%を占め、面積では最大のバイオームである。

説明[編集 | ソースを編集]

海洋は、深さが約Y=45である海底から海面までの広大なの広がりである。海底はかなりの丘陵地で、複数の山や谷があり、ほとんどが1ブロックの砂利の層で覆われているが、山の近くに粘土の塊が何個か生成されることがある。海底には渓谷が時折発生し、海溝が形成されることがある。海底の山の一部は、海面上に島が生成されるほどの高さに達している場合があり、これらの島では一般的に、森林平原などの一般的なバイオームの塊を小さな海岸が囲んでいる。海底は海草コンブで覆われており、コンブの「森」は頻繁に水面近くまで、あるいは水面に触れることもある。タラサケイカイルカなどの水生生物が頻繁に海中に出現する。難破船海底遺跡は、他のバイオームの他の構造物よりも高確率で全海洋で発生することが多い。深海やその亜種には時折海底神殿が生成されることがある。

全てがで覆われている海洋バイオームでの生存は非現実的である。海の中の島で滞在しているプレイヤーはかなり難しい状況に直面する。海洋バイオームは非常に広大であり、何百ブロック、何千ブロックもの間、本土を見つけられないかもしれない。つまり、プレイヤーが気が進まなかったり、外に出られなかった場合は、島で発見された資源がプレイヤーの持つ資源全てになる可能性があるということである。島の大きさにもよるが、最も頻繁に遭遇するMobはドラウンドで、次にスケルトンである可能性が高い。詳しくは孤島でのサバイバルの記事を参照。

Java Editionでは:

Mobスポーン確率スポーン数
水生生物カテゴリ
イルカ121–2
イカ121–4
環境カテゴリ
コウモリ10108
敵対カテゴリ
クモ1005204
ゾンビ955204
ドラウンド55201
村人ゾンビ55201
スケルトン1005204
クリーパー1005204
スライム[注釈 1]1005204
エンダーマン105201–4
ウィッチ55201
水中環境カテゴリ
タラ10103–6
  1. スライムチャンクでのみ出現試行に成功する。

Bedrock Editionでは:

Mobスポーン確率スポーン数
水中カテゴリ
タラ751014–7
サケ261013–5
友好カテゴリ
イルカ7153–5
イカ8152–4
敵対カテゴリ
クモ1005951
ゾンビ955952–4
ドラウンド1005952–4
村人ゾンビ55952–4
スケルトン805951–2
クリーパー1005951
スライム[注釈 1]1005951
エンダーマン105951–2
ウィッチ55951
  1. スライムチャンクでのみ出現試行に成功する。

種類[編集 | ソースを編集]

ゲーム内では海洋は、基本となる海洋と8種類の亜種を含む9つの種類が用意されている。また、両Editionには未使用の亜種「暖かい深海」があり、Bedrock Editionには未使用の亜種「Legacy Frozen Ocean」が追加されている。

深海[編集 | ソースを編集]

深海
Deep Ocean.png
種類

Aquatic

出現頻度

一般的

気温

0.5

構造物

海底神殿
難破船
海底遺跡

ブロック


砂利
気泡柱
マグマブロック
黒曜石
海草
コンブ

深海では、海の深さが30ブロックを超えることがあり、通常の海洋の2倍の深さになる。地面は主に砂利で覆われている。深海には海底神殿が生成されるため、ガーディアンエルダーガーディアンが出現することがある。この海洋ではイルカタラサケ[Bedrock Edition限定]も出現する。海底洞窟渓谷が発生し、開口が形成されることが多い。海溝の中で露出した溶岩マグマブロックとなり、渦巻き状の気泡柱を作ってプレイヤーを引き摺り下ろすこともある。

深海では海洋と同じMobの出現確率を使用する。

凍った海[編集 | ソースを編集]

凍った海
Frozen Ocean.png
種類

Aquatic

出現頻度

時々

気温

0.0 (デフォルト、海域内で異なる)

構造物

氷山
難破船
海底遺跡

ブロック



雪ブロック
氷塊
青氷
砂利

粘土

凍った海の表面の水は濃い紫色である。冷たい海と同様、海底は砂利であるが、水面は殆ど凍っている。海草も昆布も海底には生えておらず、完全に不毛で1.13以前の海を彷彿とさせる。表層には雪ブロック氷塊青氷でできた大きな氷山が頻繁に発生し、これらの氷山ではシロクマストレイが出現することもある。ここではサケタラ[Bedrock Edition限定]イカも出現することがあり、水生生物の中では(ドラウンド以外)唯一出現の可能な生物である。

湿地帯と同様、凍った海も地形全体で温度差があるが、寒い場所では降雪や氷床があり、暖かい場所では降雨(山岳と同様一定の高さまで)と水が凍らないという点で、より顕著な効果が表れる。しかし、これは深海の亜種には適用されない。

Java Editionでは、凍った海が(深海の亜種も)直接陸地に接することはない。凍った海が陸地の近くで発生した場合、その周囲には常に32ブロック幅の冷たい海で境界線ができる。この境界線はギザギザで壊れていることが多い。

Java Editionでは、敵対カテゴリと環境カテゴリは海洋と同じMobの出現確率を使用する。その他については:

Mobスポーン確率スポーン数
水生生物カテゴリ
イカ111–4
友好カテゴリ
シロクマ111–2
水中環境カテゴリ
サケ15151–5

Bedrock Editionでは、水生生物カテゴリは海洋と同じMobの出現確率を使用する。その他については:

Mobスポーン確率スポーン数
敵対カテゴリ
クモ1006351
ゾンビ956352–4
ドラウンド1006352–4
村人ゾンビ56352–4
スケルトン246351–2
クリーパー1006351
スライム[注釈 1]1006351
エンダーマン106351–2
ウィッチ56351
ストレイ966351–2
友好カテゴリ
イカ8172–4
シロクマ5171–2
ウサギ[注釈 2]4172–3
  1. スライムチャンクでのみ出現試行に成功する。
  2. 出現したウサギの8割が白、2割が白黒である。


凍った深海[編集 | ソースを編集]

凍った深海
Deep Frozen Ocean.png
種類

Aquatic

出現頻度

時々

気温

0.5

構造物

海底神殿
氷山
難破船
海底遺跡

ブロック


雪ブロック
氷塊

青氷
砂利
気泡柱
マグマブロック
黒曜石

凍った深海は通常の海よりも海底が深く、海底神殿が生成されている。氷山も生成され、シロクマストレイタラ[Bedrock Edition限定]サケも出現することがある、

凍った深海は凍った海と同じMobの出現確率を使用する。

冷たい海[編集 | ソースを編集]

冷たい海
Cold Ocean.png
種類

Aquatic

出現頻度

一般的

気温

0.5

構造物

難破船
海底遺跡

ブロック


砂利


粘土
海草
コンブ

冷たい海の表面の水は濃い藍色である。通常の海洋や凍った海のように、海底は砂利でできているが、海底の山には稀に粘土の塊がある。冷たい海バイオームでは、他の一般的な敵対Mobの他に、サケタライカイルカドラウンドが出現することがある。

Java Editionでは、敵対カテゴリと環境カテゴリは海洋と同じMobの出現確率を使用する。その他については:

Mobスポーン確率スポーン数
水生生物カテゴリ
イカ331–4
水中環境カテゴリ
タラ15303–6
サケ15301–5

Bedrock Editionでは、海洋と同じMobの出現確率を使用する。

冷たい深海[編集 | ソースを編集]

冷たい深海
Deep Cold Ocean.png
種類

Aquatic

出現頻度

一般的

気温

0.5

構造物

海底神殿
難破船
海底遺跡

ブロック


砂利
気泡柱
マグマブロック
黒曜石
海草
コンブ

冷たい深海は冷たい海バイオームに似ているが、深さが二倍である。他の深海と同様、ガーディアンエルダーガーディアンプリズマリンスポンジの含まれる海底神殿が生成されることがある。

冷たい深海は冷たい海と同じMobの出現確率を使用する。

ぬるい海[編集 | ソースを編集]

ぬるい海
Lukewarm Ocean.png
種類

Aquatic

出現頻度

一般的

気温

0.5

構造物

難破船
海底遺跡

ブロック




粘土
砂利
海草
コンブ

ぬるい海の表面の水は淡い青緑色である。海底は砂でできており、時折砂利粘土があり、コンブ海草が含まれる。他の海では遺跡がの素材で構成されているのに対し、ぬるい海や暖かい海で生成される海底遺跡の素材で作られている。ここでは他の水生生物の他にタラサケ[Bedrock Edition限定]熱帯魚[Java Edition限定]フグ[Java Edition限定]などが出現することがある。

Java Editionでは、敵対カテゴリと環境カテゴリは海洋と同じMobの出現確率を使用する。その他については:

Mobスポーン確率スポーン数
水生生物カテゴリ
イルカ2121–2
イカ10121–2
水中環境カテゴリ
タラ15453–6
フグ5451–3
熱帯魚25458

Bedrock Editionでは、ぬるい海は海洋と同じMobの出現確率を使用する。

ぬるい深海[編集 | ソースを編集]

ぬるい深海
Deep Lukewarm Ocean.png
種類

Aquatic

出現頻度

一般的

気温

0.5

構造物

海底神殿
難破船
海底遺跡

ブロック



気泡柱
マグマブロック
黒曜石
海草
コンブ

ぬるい深海はぬるい海バイオームに似ているが、深さが二倍である。深海のため海底神殿が生成されることがあり、ガーディアンエルダーガーディアンプリズマリンスポンジが生成される。

Java Editionでは、ぬるい深海は敵対カテゴリと環境カテゴリは海洋と同じMobの出現確率を使用する。その他については:

Mobスポーン確率スポーン数
水生生物カテゴリ
イルカ2101–2
イカ8101–4
水中環境カテゴリ
タラ8383–6
フグ5381–3
熱帯魚25388–8

Bedrock Editionでは、ぬるい深海は海洋と同じMobの出現確率を使用する。

暖かい海[編集 | ソースを編集]

暖かい海の表面の水は淡い緑色である。ぬるい海のように、床はでできており、凍った海以外のすべての海のように、海草で覆われている。暖かい海には大きなサンゴ礁があり、シーピクルスが多いのが特徴だが、コンブは自然には発生しない。サンゴ礁が高いため、暖かい海が他の海と比べて浅く見える事があるが、実際の海底はそれほど深くない。ぬるい海のように熱帯魚フグが出現することがあるが、タラは出現しない。

Java Editionでは、凍った海と同様、暖かい海が直接陸地に接することはない。陸地に近い所で発生した場合には、常に32ブロック幅のぬるい海で周囲に境界線ができる。子の境界線も凍った海のようにギザギザしている。

Java Editionでは、環境カテゴリは海洋と同じMobの出現確率を使用する。その他については:

Mobスポーン確率スポーン数
水生生物カテゴリ
イルカ2121–2
イカ10124
敵対カテゴリ
クモ1005154
ゾンビ955154
村人ゾンビ55151
スケルトン1005154
クリーパー1005154
スライム[注釈 1]1005154
エンダーマン105151–4
ウィッチ55151
水中環境カテゴリ
フグ15401–3
熱帯魚25408
  1. スライムチャンクでのみ出現試行が成功する。

Bedrock Editionでは、友好カテゴリと敵対カテゴリは海洋と同じMobの出現確率を使用する。その他については:

Mobスポーン確率スポーン数
水中カテゴリ
フグ251253–5
熱帯魚[注釈 1]251251–3
熱帯魚[注釈 1]751253–5
  1. a b 熱帯魚は、ランダム図柄の場合は1回、独自図柄の場合は22回のうち1回、計2回出現に挑戦する。


暖かい深海[編集 | ソースを編集]

暖かい深海
Deep Warm Ocean.png
種類

Aquatic

出現頻度

なし

気温

0.5

構造物

海底神殿
難破船
海底遺跡

ブロック



気泡柱
マグマブロック
黒曜石
海草

暖かい深海は温かい海バイオームに似ているが、サンゴ礁シーピクルスがなく、水深が2倍である。深海のため海底神殿が生成されることがあり、ガーディアンエルダーガーディアンプリズマリンスポンジが出現する。このバイオームは自然生成されないが、スーパーフラットカスタマイズワールドや適切なビュッフェワールド設定‌[Java Edition限定]、アドオン‌[Bedrock Edition限定]を使用して生成することができる。実際生活では熱帯魚は寒冷の為深海では死んでしまうため、このバイオームが使われていないのかもしれない。

Java Editionでは、敵対カテゴリと環境カテゴリは海洋と同じMobの出現確率を使用する。その他については:

Mobスポーン確率スポーン数
水生生物カテゴリ
イルカ271–2
イカ571–4
水中環境カテゴリ
熱帯魚25258

Bedrock Editionでは暖かい深海は海洋と同じMobの出現確率を使用する。

Legacy Frozen Ocean[編集 | ソースを編集]

Information icon.svg
この項目はBedrock Edition限定の要素です。
Legacy Frozen Ocean
Legacy Frozen Ocean.png
種類

Aquatic

出現頻度

なし

気温

0.0

構造物

難破船
海底遺跡

ブロック



砂利
気泡柱
マグマブロック
黒曜石
海草
コンブ

Legacy Frozen Oceanは凍った海バイオームに似ているが、氷山がなく、氷の平地のように見える。ここではシロクマストレイが出現することがある。通常の凍った海バイオームとは異なり、雪のようなテクスチャを持つウサギが出現する。また、通常の凍った海とは異なり、ドラウンド、ストレイ、スケルトン以外のモンスターは出現しない。また、このバイオームではコンブが発生する。このバイオームPocket Edition Alpha 0.9.0以前で存在していた。このバイオームは自然には生成されないが、バイオームエディタやアドオンを使って生成できる。

Legacy Frozen Oceanでは、水生生物カテゴリと友好カテゴリは凍った海と同じMobの出現確率を使用する。その他については:

Bedrock Editionでは:

Mobスポーン確率スポーン数
敵対カテゴリ
ドラウンド1002202–4
ストレイ962201–2
スケルトン242201–2


サウンド[編集 | ソースを編集]

海洋バイオームにいると、独自の海洋環境音がランダムで流れる。また、通常のオーバーワールドの楽曲に加え、「Axolotl」「Dragon Fish」「Shunji」などが流れる。

環境音[編集 | ソースを編集]

一覧
名前 サウンド グループ
水中環境音 ループ
泡1 ループ追加
泡2
泡3
泡4
泡5
泡6
水1
水2
動物1 稀なループ追加
スズキクジラ1
スズキクジラ2
ぱちぱち1
ぱちぱち2
滴り1
滴り2
地割れ
動物2 極稀なループ追加
闇1
闇2
闇3
闇4

音楽[編集 | ソースを編集]

これらの楽曲の作曲者C418との合意により、このwikiでは30秒に短縮されています。
Minecraftでのファイル名 ゲームプレイ 音源名 音源 曲目プレビュー
Axolotl 水中 "Axolotl"[注釈 1]
Dragon Fish 水中 "Dragon Fish"[注釈 2]
Shuniji 水中 "Shuniji"[注釈 3]
  1. 音源には含まれていないが、サウンドファイルのメタデータには名前が表示される (.minecraft/assets/objects/ee/ee92e4ed79b3c4c47eabe71b36375b5d3f05b017)
  2. 音源には含まれていないが、サウンドファイルのメタデータには名前が表示される (.minecraft/assets/objects/6b/6be4491a5d1a5f0dd68fb36c310ecfe3501cafe1)
  3. 音源には含まれていないが、サウンドファイルのメタデータには名前が表示される (.minecraft/assets/objects/fd/fd8db6a4ceb400e6abafb2a6b3ac53d871910b42)

データ値[編集 | ソースを編集]

ID[編集 | ソースを編集]

Java Edition:

名称名前空間ID翻訳キー
海洋ocean biome.minecraft.ocean
深海deep_ocean biome.minecraft.deep_ocean
凍った海frozen_ocean biome.minecraft.frozen_ocean
凍った深海deep_frozen_ocean biome.minecraft.deep_frozen_ocean
冷たい海cold_ocean biome.minecraft.cold_ocean
冷たい深海deep_cold_ocean biome.minecraft.deep_cold_ocean
ぬるい海lukewarm_ocean biome.minecraft.lukewarm_ocean
ぬるい深海deep_lukewarm_ocean biome.minecraft.deep_lukewarm_ocean
暖かい海warm_ocean biome.minecraft.warm_ocean
暖かい深海deep_warm_ocean biome.minecraft.deep_warm_ocean

Bedrock Edition:

名称名前空間ID数値ID
[表示名なし]ocean 42
[表示名なし]deep_ocean 24
[表示名なし]frozen_ocean 10
[表示名なし]deep_frozen_ocean 50
[表示名なし]cold_ocean 46
[表示名なし]deep_cold_ocean 49
[表示名なし]lukewarm_ocean 45
[表示名なし]deep_lukewarm_ocean 48
[表示名なし]warm_ocean 44
[表示名なし]deep_warm_ocean 47
[表示名なし]legacy_frozen_ocean 43

実績[編集 | ソースを編集]

詳細は「実績」を参照
アイコン 実績 ゲーム内での説明 実際の条件(異なる場合) 得られるゲーマースコア トロフィーの種類 (PS)
100pxSail the 7 Seas全種類の海洋バイオームを訪れよう40GGold

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition Classic
0.0.12aマップ周囲に無限海洋が存在するように。
Java Edition Alpha
v1.2.0preview真のバイオームを追加。技術的には海洋はバイオームではなかったが、山岳と同様、他のバイオーム間の「構造物」として生成されるようになった。
Java Edition Beta
1.8Pre-releaseバイオームの整備の一環として、独自の適切なバイオームとなった。
ワールド生成アルゴリズムのバグにより、海洋の生成確率が上昇。
Java Edition
1.0.0Beta 1.9 Prerelease凍った海バイオームを追加。この時点では表面に固体の氷の層を持つ海として生成されている。また、新しい雪に覆われたバイオームの海岸に沿って小さい塊で生成される。
1.7.213w36a深海の亜種とその他の複数のバイオームを追加。
海洋が無限でなくなった。
凍った海が自然生成されなくなった。
1.814w25a海洋に生成される海底神殿を追加。
1.1318w08a暖かい海、ぬるい海、冷たい海、暖かい深海、ぬるい深海、冷たい深海、凍った深海を追加。
凍った海バイオームは、以前とは異なるものの、再び自然生成されるようになった。
18w08b暖かい深海バイオームが自然生成されなくなった。
18w09a全ての海洋に生成される構造物海底遺跡を追加。
18w10d暖かい海に生成されるサンゴ礁を追加。
18w11a全ての深海に生成される難破船を追加。
18w15a凍った海に生成される氷山を追加。
18w16aFrozenOceanをFrozen Oceanに改名
18w19aWarm Deep OceanをDeep Warm Oceanに改名
Lukewarm Deep OceanをDeep Lukewarm Oceanに改名
Cold Deep OceanをDeep Cold Oceanに改名
Frozen Deep OceanをDeep Frozen Oceanに改名
pre5IDwarm_deep_oceandeep_warm_oceanに変更
IDlukewarm_deep_oceandeep_lukewarm_oceanに変更
IDcold_deep_oceandeep_cold_oceanに変更
IDfrozen_deep_oceandeep_frozen_oceanに変更
1.16.220w28a凍った深海の表面に氷の層が生成されるようになった。
Pocket Edition Alpha
0.9.0build 1深海とその他の複数のバイオームを追加。
凍った海が自然生成されなくなり、未使用となった。
0.16.0build 1海底神殿を追加。
Bedrock Edition
1.4.0beta 1.2.14.2暖かい海、ぬるい海、冷たい海、それらの深海、新しい凍った海、凍った深海を追加。
難破船氷山サンゴ礁を追加。
古い凍った海のIDをlegacy_frozen_oceanに変更。
beta 1.2.20.1海底遺跡を追加。
Legacy Console Edition
TU5CU11.00Patch 1海洋バイオームを追加。
TU31CU191.22Patch 3深海を追加。
海底神殿を追加。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 平原森林バイオームは通常の深海バイオーム中にも塊で生成され、「丘陵」バイオームがそれぞれの基調バイオーム中で生成されるのと同様である。
  • 通常の深海バイオームは単独で生成されることもあるが、通常の深海バイオームも通常の海洋バイオーム内に塊で生成され、「丘陵」バイオームがそれぞれの基調バイオーム内で生成される方法と同様である。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

関連項目[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]