Hi Gamepedia users and contributors! Please complete this survey to help us learn how to better meet your needs in the future. We have one for editors and readers. This should only take about 7 minutes!

洞窟グモ

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Clock.png
この記事は内容の更新を必要とします。
情報の一部は、現在の最新バージョンには適用されません。
洞窟グモ
Cave Spider.png
体力値

12♥ × 6

攻撃力

イージー:2♥
ノーマル:2♥
ハード:3♥♥
毒:
1.5秒間隔で1♥
ハード:15秒間 (♥♥♥♥♥)
ノーマル:7秒間 (♥♥)

大きさ

高さ: 0.5ブロック
幅: 0.7ブロック

スポーン条件

廃坑

ドロップ

(0∼2)、倒されると
クモの目 (0∼1)、プレイヤーにより倒されると

経験値

5

内部ID

59

名前空間ID

cave_spider

洞窟グモ(Cave Spider)は、毒の効果を与える中立的Mobである。

振る舞い[編集 | ソースを編集]

その小ささと毒 (後述) はさておき、洞窟グモは通常のクモの振る舞いのほとんどを継承している。洞窟グモは日光下あるいは明るさレベル9以上では通常のクモと同様の振る舞いになる。洞窟グモは、通常のクモと同じくまぶしい明かりの下では静まる (中立になる)。同様に、暗闇に置くととずっと敵対的にする。壁を登り、ジャンプし、固体ブロック越しにプレイヤーを追跡できる。クモの巣や毒のスプラッシュポーションの影響を受けない。洞窟グモは3ブロックの高さの場所に登ったり跳びこんだりして、プレイヤーが攻撃可能な距離に来るまで待ち伏せする。洞窟グモと通常のクモが1×1×1の大きさの穴を通じてプレイヤーに近寄ろうとすると、通常のクモはそこに溜まり、小さな洞窟グモの行き先を邪魔してしまい、通り抜けての接近を大幅に減少させてしまう。洞窟グモは水中で約16秒 (320ワールド・ティック/160レッドストーン・ティック)、息が続く。洞窟グモが窒息し始めてから死に至るまで約6秒 (120ワールド・ティック/60レッドストーン・ティック) 必要である。

[編集 | ソースを編集]

洞窟グモの最も特筆すべきものは、その毒を伴う攻撃である。洞窟グモに噛まれると、難易度イージー以外ではプレイヤーの体力ゲージが黄緑になり、徐々に減少する[1]。毒の効果により1.5秒毎にハート半分のダメージを受け、難易度ノーマルでは7秒、ハードでは15秒続く。防具では毒を防げず、また毒のダメージを減少させたりもしない。1.9 Pre-release 4から、Jebによりプレイヤーは牛乳を飲むことで毒を治癒することが出来るようになった。どの難易度でも、毒によりプレイヤーは死なないが、危険なレベル (1♥) まで体力が減りうる[2]。もし洞窟グモが弱体化のポーションの効果を受けているなら、プレイヤーにダメージや毒を与えることが無くなる。

戦い方のヒント[編集 | ソースを編集]

ダンジョンのスポナーは制圧して経験値・ドロップアイテムの養殖場として使えるにしても、一方で洞窟グモは非常に危険である —— 毒に加え、ほとんどの穴を通り抜ける (特定のフェンスの間の隙間が例外になるかもしれない) ので、戦うのはとても厳しいものになる。後の養殖場のために洞窟グモのスポナーを単に照らすよりも、正直に言えばツルハシで破壊していくばくかの経験値を得る方が好ましいだろう。スポナーを破壊する上での主な課題は、既に述べた洞窟グモだけというわけではなく、クモの巣である (特に洞窟グモはクモの巣で遅くなったりはしないので)。幾つかのヒントを。

  • ハサミはとても有用である —— 火打石と打ち金は明かりと洞窟グモへのダメージに加え、クモの巣を焼き払える。一般的に、スポナーへの通路が開いたら明かりを照らしたいと思うだろう。
  • 牛乳が毒を治癒するが、スタック不可能であり、戦闘中に飲むのは時間が掛かる。牛乳を使う最もよいタイミングは戦闘ラウンドの間か、戦闘終了後である。
  • スポナーに溶岩を注いでも壊すことは出来ないが、明かりによって出現を止められる。
  • 水を注ぐと大量のクモの巣を一掃するだろう。
  • 下から掘って上がるとスポナーの破壊が簡単になる。
  • 単に閉鎖してよけるという選択肢も常にある。
  • アイアンゴーレムを、スポナーに届く休憩室で作製せよ。
  • ピースフルでプレイせよ。
  • 疑うかもしれないが、TNTを使ってスポナーごと周囲のクモ全てを吹き飛ばすことも出来る。洞窟グモの体力は12点なので、爆発で簡単に倒すことが出来る。その過程で、クモの巣を対処できるだろう。しかし注意不足で自分自身を死なせるかもしれない。スポナーの上に行き、天井に穴を開け、クモの巣を除去し、TNTを空間に落として、火打石と打ち金で着火しよう。

Mobの養殖[編集 | ソースを編集]

  • 上で述べたとおり、洞窟グモの毒とその小さい体躯は養殖する上で極めて危険である。これらの点について充分考える必要がある。
  • 洞窟グモのMob養殖場を作るには、屋根はプレイヤー側の壁から3ブロック以上の高さにすること。さもなくば天井まで飛びあがり、そこに溜まるだろう。
  • 洞窟グモはエンチャント「ドロップ増加(Looting)」の付いた武器で倒してもクモの目を複数ドロップすることはない。ただしドロップする可能性が増すだろう。
  • 洞窟グモのスポナーは非常によくあるので、互いの距離が近いものもきわめてよくある。2つ以上のスポナーを同時に機能させることにより (出現の仕様の上限に従う)、非常に効率的な経験値ファームが作れるだろう。

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition Beta
1.81.8-pre1洞窟グモが導入された。
ピースフルモードで動作していた古いバージョンのSMPサーバーをアップグレードすると、他のモンスターは出現しないだろうが、洞窟グモを出現させるかもしれない。これは旧バージョンではServer.propertiesのキーspawn-monstersfalseと設定すればピースフルモードになったからである。難易度はdifficultyに独立し、ピースフルにするにはこれを0にする必要がある。spawn-monstersfalseにすることでは暗闇からのランダムなモンスターの出現を抑制するが、スポナーを無効にはしないからだ。difficultyのデフォルトが1 (イージー) なので、キー設定を全く変更していないサーバーは、ピースフルモード (Beta 1.8の前) からイージーモード (Beta 1.8以降) へと変更される。
Java Edition
1.0以前は、洞窟グモは20♥ × 10の体力があった。
1.2クモと洞窟グモはブロックを登る能力を獲得した。
1.1116w32a洞窟グモのエンティティIDがCaveSpiderからcave_spiderに変更された。
Legacy Console Edition
1.2洞窟グモが追加された。

バグ[編集 | ソースを編集]

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 洞窟グモのテクスチャーは通常のものよりも高解像度に見える。これはテクスチャーを縮小しているからである。
  • 洞窟グモと通常のクモの影の大きさは同じである。
  • 洞窟グモのスパイダージョッキーの可能性についての様々な憶測があった。しかしスケルトンとウィザースケルトンと同様に、エンティティIDがクモと洞窟グモは異なるので、これは不可能である。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

参照[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]