染料

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
染料
Ink Sac.pngRose Red.pngCactus Green.pngCocoa Beans.pngLapis Lazuli.pngPurple Dye.pngCyan Dye.pngLight Gray Dye.pngGray Dye.pngPink Dye.pngLime Dye.pngDandelion Yellow.pngLight Blue Dye.pngMagenta Dye.pngOrange Dye.pngBone Meal.png
















種類

染料

再生

スタック

可 (64)

初登場

Beta 1.2

データ値

dec: 351 hex: 15F bin: 101011111

名前

dye

この記事は翻訳途中です。
あなたが内容を翻訳してみませんか?
この記事は内容の更新を必要とします。
情報の一部は、現在の最新バージョンには適応されません。

染料(Dye)は、羊毛、革製の防具、そしてMobの色を変更するのに用いられるアイテムである。現在のところ、骨粉薄灰色の染料灰色の染料イカスミ赤色の染料橙色の染料黄色の染料黄緑色の染料緑色の染料空色の染料青緑色の染料ラピスラズリ紫色の染料赤紫色の染料桃色の染料、そしてカカオ豆の16色の染料が存在する。多くの染料が再生可能資源である。

多くの染料は、ワールド中に存在しているブロックやアイテムとして入手でき、そして利用可能な形態に加工したり製錬、あるいは採掘するなどの方法で得ることができる。染料同士を組み合わせて作ることが出来る染料もある。

入手[編集 | ソースを編集]

ほとんどの染料は様々な花や他のアイテムをクラフトしたり、他の染料と組み合わせることで作られる。

クラフトから

[編集]

製錬[編集 | ソースを編集]

材料 製錬のレシピ
サボテン +
いずれかの燃料









材料 製錬のレシピ
ラピスラズリ鉱石 +
いずれかの燃料









その他[編集 | ソースを編集]

ラピスラズリ鉱石を採掘することで、4~8個のラピスラズリを得ることができる。また、司祭との交易で、エメラルド1個から1~2個のラピスラズリを購入することができる。

成熟したカカオ豆から1~3個のカカオ豆を得ることができる。

イカは死亡時に1~3個のイカスミをドロップする。

ポケットエディション[編集 | ソースを編集]

イカスミはダンジョンで見つけたり、鍛冶屋のチェストやイカを殺すことで得られる。

赤キノコを製錬すると赤の染料が得られる。

使用法[編集 | ソースを編集]

羊毛及びMobの染色[編集 | ソースを編集]

A guide to natural and crafting dye.

羊毛に色を付けるには、持ち物の工作枠に、白い羊毛と染料を置けばよい。

テンプレート:Wool Crafting

染料を手に持ってヒツジに対して右クリックすることで、ヒツジを染めることが出来る。染色したヒツジの毛を刈ると、それに対応した色の羊毛をドロップする。また毛が再び生えるときその色の羊毛が再生する。加えて、自然発生するヒツジには灰色、薄灰色、黒色、茶色、桃色のものが存在し、やはりこれらも対応する色の羊毛を得ることができる。色の付いたヒツジを繁殖させることで親の何れかの色、あるいはその組み合わせで出来る色の仔ヒツジが誕生する。色つきの羊毛を得るには、直接羊毛を染色するより、ヒツジを染色して毛を刈るほうがはるかに効率がよい。

Xbox 360 Edition以外でなら、ペットのオオカミに対して染料を用いることもできる。染料を手に持ってペットのオオカミを右クリックすることで、オオカミの首輪 (最初は赤色) を、その染料の色に染めることが出来る。複数のペットがいるときには区別するのに便利だろう。

色付き粘土[編集 | ソースを編集]

色付き粘土は染料の周りに堅焼き粘土を8つ配置することでクラフトできる。

材料 クラフトのレシピ
堅焼き粘土 +
同種の染料

色付きガラス[編集 | ソースを編集]

色付きガラスは染料の周りにガラスを8つ配置することでクラフトできる。通常のガラスと同様の配置で、色付きガラスも板ガラスへのクラフトが可能である。

材料 クラフトのレシピ
ガラス +
同種の染料

防具の染色[編集 | ソースを編集]

A graph showing all combinations of two dyes on a chestplate.

皮製の防具は、染料と組み合わせて工作することで染色することが可能だ。皮製の防具とともに用いることが出来るのは染料1つのみではないので、可能な色の組み合わせは12,326,391通りにも及ぶ。染めてある防具を染めると、前に付いていた色も結果に影響する。元の色に戻すには大釜を用いればよい。

防具の染色には特別な式が適用されている。色にはRGBカラーモデル(赤・緑・青の加算によって色を表現する)が用いられている。クラフト枠の染料と防具自体の色は混和され、合成した染料の数に応じて平均化される。具体的な式は以下の通りである。

for each color (all "total" variables start at 0 before counting):
 totalRed = totalRed + redValue
 totalGreen = totalGreen + greenValue
 totalBlue = totalBlue + blueValue
 totalMaximum = totalMaximum + max(red, green, blue)
 numberOfColors = numberOfColors + 1

averageRed = totalRed / numberOfColors
averageGreen = totalGreen / numberOfColors
averageBlue = totalBlue / numberOfColors
averageMaximum = totalMaximum / numberOfColors

maximumOfAverage = max(averageRed, averageGreen, averageBlue)
gainFactor = averageMaximum / maximumOfAverage

resultRed = averageRed * gainFactor
resultGreen = averageGreen * gainFactor
resultBlue = averageBlue * gainFactor

結果として、染色後の色は合成元の色の明るさの平均値を下回ることがない。合成された色は常に明るく、また彩度は低くあろうとする。なお、RGBの各値の最大値は255であり、この値を越えるRGB値の色にはならない。

花火の星の染色[編集 | ソースを編集]

花火の星は染料とクラフトすることで一色または最大八色まで色を組み合わせることができる。

一つまたはそれ以上の染料を花火の星とクラフトすると"fade to color(消える前にその色へと変化する)"効果を追加する。また、既存の色に上書きすることもできる。


名前 材料 クラフトのレシピ
同種の花火の星 火薬 +
染料 (1~8個) +
特殊材料 (オプション)
















































同種の花火の星 同種の花火の星 +
いずれかの染料

























































旗の模様[編集 | ソースを編集]

染料はほとんどの旗の模様や色を決めるのに使用されている。

その他の用途[編集 | ソースを編集]

4色の染料には、その色特有の他の用途がある。詳しくは他の記事を参照してほしい。

[編集 | ソースを編集]

1次染料[編集 | ソースを編集]

これらの染料は自然に生成されるもので、これらを混ぜ合わせることで2次染料がクラフトできる。

名前 原料 Color 備考

赤色の染料
ポピー
バラの低木
赤色のチューリップ
ビートルートConsole Edition 以外)
赤色 クラフトで得られる。更に、Pocket Editionでは赤いキノコかまどで製錬しても得られる。

橙色の染料
橙色のチューリップ 橙色 クラフトで得られる。赤色の染料と黄色の染料を混ぜ合わせても得られる。

黄色の染料
タンポポ
ヒマワリ
黄色 クラフトで得られる。

緑色の染料
サボテン 緑色 かまどで製錬することで得られる。

ラピスラズリ
ラピスラズリ鉱石 青色 石以上のツルハシで破壊すると4~8個得られる。牧師からの交易でも得られ、1エメラルドから1~2個のラピスラズリが得られる。

空色の染料
ヒスイラン 空色 クラフトで得られる。骨粉とラピスラズリを混ぜ合わせても得られる。

赤紫色の染料
ライラック
アリウム
赤紫色 クラフトで得られる。赤色の染料2つとラピスラズリ1つ、骨粉1つ混ぜ合わせるか、紫色の染料と桃色の染料を混ぜ合わせても得られる。

桃色の染料
ボタンの花
桃色のチューリップ
桃色 クラフトで得られる。赤色の染料と骨粉を混ぜ合わせても得られる。また、桃色の羊毛ならヒツジからも得られる。

骨粉
骨粉 白色 クラフトで得られる。白色の羊毛は白色のヒツジから得られる他、糸を4つ正方形に並べてクラフトしても得ることができる。

薄灰色の染料
ヒナソウ
フランスギク
白色のチューリップ
薄灰色 クラフトで得られる。骨粉と灰色の染料を混ぜ合わせるか、骨粉2つとイカスミ1つを混ぜ合わせても得られる。また、薄灰色の羊毛は薄灰色のヒツジからも得られる。

イカスミ
イカ 黒色 イカを倒すと0~3のイカスミをドロップする。また、黒色の羊毛は黒色のヒツジからも得られる他、の街灯として使われている。Pocket Edition では村の鍛冶屋のチェストと要塞のチェストからも見つかる。また、釣りで得られる。

カカオ豆
カカオ豆 茶色 カカオ豆そのものが染料になる。ジャングルに自生している他、ジャングルの原木でのみ栽培可能。茶色の羊毛は茶色のヒツジからも得られる。

2次染料[編集 | ソースを編集]

これらの2次染料は1次染料を混ぜ合わせることで得ることができる。

名前 染料の組み合わせ

水色の染料
緑色の染料 + ラピスラズリ 水色

紫色の染料
赤色の染料 + ラピスラズリ 紫色

灰色の染料
イカスミ + 骨粉 灰色

黄緑色の染料
緑色の染料 + 骨粉 黄緑色

備考[編集 | ソースを編集]

もし羊毛を特定の色に染めたいのなら、一度ヒツジを染め、色の付いたヒツジから直接羊毛を得るのが良い。この方法は1つの染料につき1∼3個の羊毛を刈ることができるので、作業台で羊毛を1個ずつ染めるよりも効果的だ。白以外の羊でも白く染めたり、別の色に染め直すことが出来る。ヒツジは飼育 することができ、子供は親の色を受け継ぐ。

自然に発生するヒツジの色は、以下のとおりである。他の色のヒツジは、ヒツジを右クリックして染めて作成する必要がある。

  1. 白色 (最も一般的)
  2. 薄灰色
  3. 灰色
  4. 黒色
  5. 茶色
  6. 桃色 (最も稀)

データ値[編集 | ソースを編集]

染料アイテムの色は、セカンダリデータ (251以上の部分のアイテムID) によって決められる。これはツール耐久度を記憶するのにも使われており、「ダメージ値」と呼ばれている。「色コード」はヒツジ、オオカミの首輪、革製の防具に着けられた色を決定するのに用いられる。

アイコン 10進 16進 説明 色コード サンプル

0 0x0 イカスミ #191919

1 0x1 赤色の染料 #CC4C4C

2 0x2 緑色の染料 #667F33

3 0x3 カカオ豆 #7F664C

4 0x4 ラピスラズリ #3366CC

5 0x5 紫色の染料 #B266E5

6 0x6 水色の染料 #4C99B2

7 0x7 薄灰色の染料 #999999

8 0x8 灰色の染料 #4C4C4C

9 0x9 桃色の染料 #F2B2CC

10 0xA 黄緑色の染料 #7FCC19

11 0xB 黄色の染料 #E5E533

12 0xC 空色の染料 #99B2F2

13 0xD 赤紫色の染料 #E57FD8

14 0xE 橙色の染料 #F2B233

15 0xF 骨粉 #FFFFFF

歴史[編集 | ソースを編集]

Beta
1.2 羊毛の染料が追加された。
正式版
1.1 ヒツジに、草を食べての毛の再生能力が追加された。染色されたヒツジは染色後の色に再生される。
1.4.2 12w34a 革製の防具染色オオカミの首輪の染色が追加された。
1.4.6 12w49a 花火の星が追加され、その作製に染料を用いることが出来るようになった。
1.6.1 13w19a テラコッタの作製に染料を用いることができるようになった。
1.7.2 13w36a 新しい花が追加され、多くの二次または三次染料が一次染料になった。
13w41a 色付きガラスの作製に染料を用いることができるようになった。
1.8 14w30a が追加され、その作製に染料を用いることができるようになった。
1.9 15w31a ビートルートから赤の染料が得られるようになった。
15w34a が追加され、その作製に染料を用いることができるようになった。
Pocket Edition Alpha
0.3.0 黄色の染料が追加された。
0.3.3 骨粉が追加された。
0.4.0 緑色の染料青緑色の染料ラピスラズリ空色の染料黄緑色の染料

赤紫色の染料橙色の染料桃色の染料そして紫色の染料が追加された。

赤キノコを製錬することで得られる赤色の染料が追加された。
0.8.0 build 3 イカスミカカオ豆灰色の染料、そして薄灰色の染料がクリエイティブインベントリで利用できるようになった。
赤色の染料がビートルートから得られるようになった。
0.9.0 build 1 カカオ豆がカカオの実から得られるようになった。
シアンフラワーが削除され、新しく赤色の染料にクラフトできるポピーに置き換えられた。
build 3 すべての新しい花が染料にクラフトできるようになった。このため、多くの二次または三次染料が一次染料になった。
灰色の染料と薄灰色の染料がサバイバルモードで得られるようになった。
build 11 テラコッタの作製に染料を用いることができるようになった。
0.11.0 build 1 イカスミがイカから得られるようになった。
オオカミの首輪の染色が追加された。
0.14.0 水で満たした大釜に染料を入れることで、大釜で革製の防具に染色できるようになった。
Legacy Console Edition
TU1 CU1 1.0 Patch 1 羊毛の染料が追加された。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 色のデータ値の並びは、橙色が大きく外れている以外は、ANSIカラーパレット・VGAカラーパレットとよく似ている。
  • 羊毛と染料のメタデータ値は、4ビットの値と看做してビット反転した値となっている。(白色の羊毛が0で白色の染料が15、橙色の羊毛が2で橙色の染料が14、など)
  • 一通りの染料を揃えるには、カカオ豆1つ、黄色の染料2つ、緑色の染料3つ、イカスミ3つ、ラピスラズリ4個、赤色の染料5つ、そして骨粉8つ (骨3本分) あればよい。
  • 染料のダメージ値を16以上にしてしまうと、ランダムのアイテムの画像が表示される(はじめは木の道具のように見える)。マウスを載せて名前を確認しようとすると、ゲームがクラッシュする。
  • ヒツジの染色に関する振舞いは、ラマルクの理論「用不用説」を正しく反映している。有機体は後天的に身につけた変更と適応を子孫に残すというものである。When coding recipes including items with metadata, such as dyes, rather than just making an item, you must create a stack of one item that includes the metadata.
Promotional Content