Hi Gamepedia users and contributors! Please complete this survey to help us learn how to better meet your needs in the future. We have one for editors and readers. This should only take about 7 minutes!

東南の規則

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
この記事はまだ書きかけです。
あなたが内容を拡充してみませんか?

東南の規則 (South-east rule)(以前は西南の規則 (South-west rule) と呼ばれていた)は、Minecraft の意図しないメカニックであり、主に東南のコンパスの羅針図での変種に基づく様々な効果がある。これは、常に正の Z と正の X に向かって挙動する規則という意味で、Z~Xの規則としてよく表記されている。

効果[編集 | ソースを編集]

  • レールは、最初に「T」字の交差点または「+」字の交差点に設置されたとき、南または東へ曲がる。レールはまた、動力を与えられたときに南から東へ離れるように曲がる。
  • モンスタースポナーからスポーンした Mob やプレイヤーのスポーンエッグによってスポーンした Mob、新しく生まれた子どもの Mob は常に南を向いているように見える。
  • TNTキャノンは、東または南に面したときに最も遠くに発射する傾向がある。範囲を考慮していないデザインでも、水平方向へ東向き/南向きに発射するようになる。
  • 多くのバグは、東と南に関連している。例えば、村人は主に村の東南部にある家に入ろうとする。
  • 南北に面するレバーは南を指し、オフの状態では東に向いている。

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition Beta
1.6ディスペンサーが西または南に面している場合、ディスペンサーの隣の固体ブロックを通して、ディスペンサーが雪玉を発射するのが修正された。
Java Edition
1.0.0Beta 1.9-pre4正の X が西から東に変更されたため、西南の規則が東南の規則に変更された。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • デバッグ画面では、座標0が南、1が西、2が北、3が東であるように座標値「f」を使用して方向が表示される。