現在、このウィキのスタイル・表記議論ページ)および翻訳のガイドライン制定について議論を行っています。皆様のご参加をお待ちしております。(6月19日議論更新)

村人

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
この記事の内容は翻訳されていません。
あなたが内容を翻訳してみませんか?
この記事は内容の更新を必要とします。
情報の一部は、現在の最新バージョンには適応されません。

村人(Villager)は、プレイヤーによる操作が不可能な温厚な非プレイヤーキャラクター[1]で、に出現し、その中を徘徊している。各人の職業に応じた村の施設内に出現する。

外観[編集 | ソースを編集]

大きな禿げ頭、緑の瞳、一本眉、長く突き出た鼻が特徴である。腕はつながっているように見え、2つの腕パーツで腕組みが表現されている。恐らく袖の下で腕を組んでいるのだろう、袖と袖の間の境目も中央部に描かれている。

村人には衣服の色で区別される幾つかの種類があり、共同体における役割を示している。村人用の6つのスキンがminecraft.jarファイルで確認できる。フードを着けた村人のテクスチャファイルが幾つか存在しているが、今のところゲームには登場していない。

振る舞い[編集 | ソースを編集]

交流する二人の村人

村人はランダムに村落の範囲内をさまよっている。攻撃はしないが、ゾンビからは逃げ家へと隠れようとする。他の村人たちも同胞の殺害に対して何もアクションは無いが、プレイヤーのその村での「人気度(Popularity)」が低いと、近くの中立のアイアンゴーレムは、プレイヤーに攻撃を仕掛けるだろう。

村人は木のドアを使うことができるため、自由に家屋に出入りできる。夜間や天時、またゾンビに追いかけられた時には屋内に避難してくる。また砂漠バイオームでは雨は降らないが、砂漠の村落の村人もまた雨から逃れようと試みる。判りづらいかもしれないが、要するにゾンビが行くことが出来る場所から隠れようとするのだ。

村人はどの家がこのみかを決定する。より明るい条件を好む性質があるようだ。これは、ゾンビがスポーンしにくい環境を求めるゆえの行動であろう。また村人は、屋内がたとえ真っ暗であっても、より明るい場所に建っている家屋を好む。恐らく、ゾンビが屋内には入れないためであろう。村人はプレイヤーのように階段を上ったりはしごを登ったりする。

村落内全てのドアが塞がれ村人が入れないようにすると、夜間も日中であるかのように通常の行動を続ける。1つのドアのみを入れるようにしておいても、何故か夜も村人はそれを無視する (バグかもしれないが、過密状態にならないようになっているのかもしれない)。

ゾンビは自身から31ブロック以内の村人を見つけ、その家のドアを壊そうとするだろう。村人は、自分たちを襲ってくるゾンビから逃げようとする。複数のゾンビによる村人の包囲攻撃が発生することがある。村人たちの唯一の「自力の」防衛力はアイアンゴーレムであり、このゴーレムが近づく敵対mobたちから村人を守る。難易度ノーマルかハード、もしくはゲームモード「ハードコア」では、ゾンビには、村人を村人ゾンビにする能力がある。これは子供の村人も対象となり、子供の村人ゾンビへと変化させる。

村人たちはお互いに、また他の温厚なmobと「交流」する。単純な交流は、二人の村人がただ向きあうだけである。(頻繁に発生するが) 村人がプレイヤーに近づいて来たり、立ち止まっているときには、プレイヤーとも交流ができる(村人は頭をひょいと動かすような仕草をする)。なんのきっかけもなく村人たちが集団となって村落の一箇所に集うこともある。また、村人たちはカボチャとドアにえらく執着している。 村人はアイアンゴーレムのそばに来ると、立ち止まってまじまじと見つめる。アイアンゴーレムは時折村人にバラの花を贈るが、これは村人とアイアンゴーレムの友好的な関係の象徴である。

また村人は、自発的に高落差の崖から飛び降りようとはしない。炎や溶岩を避けようとしたり、炎の近くで動作を代えたりはしない。通常通り振る舞おうとするが、稀にだが実際炎やサボテンへとまっすぐ突き進む。炎やサボテンでダメージを受けても、逃げたり変わった動作をしない。

求愛行動と人口[編集 | ソースを編集]

求愛行動をする2人の村人

村人の求愛行動は、一定の条件を満たした有効なドアの数によって発生する。有効なドアとは村落の範囲内にある次のようなドアである。ドアの片側から(直線で)5ブロック以内の「外側の」スペースが、もう片側5ブロック以内の「外側の」スペースの数と同数でないことである。日中に太陽光に照らされるスペースが「外側の」スペースである。つまり、光があたり、頭上には光を透過するブロック以外には何も設置されていないスペースを言う (したがって村を洞窟渓谷など地下深い場所で作ることは困難である)。ここで注意したいのは、ドアの片側に屋根がなかったり、ドアの両側の屋根の数が等しかったりすると、そうしたドアは有効とみなされないことである。また村人のAI(求愛行動や居住行動を司る)は、ゲームを再起動(セーブしてゲームを終了し、その後ワールドを再びロードする)しないと期待通りに働かないことがある。

一旦居住環境が確立されると村人たちは、村落の成人人口がドア数の 35% に等しくなるまで求愛行動を繰り返す。この等式が成り立った時点でまだ成人していない子供の村人もきちんと通常の成長過程をたどり、結果的に近隣の木製ドア数の三分の一を少し超える程度の人口に達する。子供の職業は、両親の職業とは関係なく決まる。例えば農夫同士の夫婦から、どの職業の子供でも誕生しうる。他の繁殖可能なMobとは違い、村人の親子は、村人に共通する交流しかせず、それ以外の特別な触れ合いは行わない。

村人の子供が大人に成長するまで、ぴったり20分掛かる。

ゲームエンジンは、定期的に現在の村の人口を調査する。水平方向の村の境界内、中心から上下5ブロック以内の村人が、村の人口として計上され、村人の求愛行動の開始が許されるかを決定する。しかし、水平方向では村の境界内、村の中心から下方向に32ブロック以内にいる村人は、境界内に他の村人が1人でもいれば求愛モードに入る。つまり、村の境界内に1人の村人を固定することで、上下5ブロックの範囲内にいる人口調査範囲外の村人を無限に殖やすことが出来る。もし求愛モードに入った2人の村人が居て、互いの距離が近ければ、その2人がつがいとなり子供を生むだろう。

村人の子供たちは、家に出たり入ったりしながらそこら中を思いのままに駆け回っている。村のあちこちで子供たちは互いに追いかけあっており、鬼ごっこで遊ぶ様子がシミュレートされている。鬼ごっこで遊ぶ子供たちは時折、駆けまわるのをやめてアイアンゴーレムをじっと見つめる。このときアイアンゴーレムが手にバラを持っていると、子供たちはおずおずとゴーレムから花を受け取る。 村人の子供もゾンビに感染することがある。子供のゾンビは日光により燃えもせず、走る速度も速い。村人の子供も、スポーンエッグを村人に対して右クリックすることで出現する。

人工繁殖[編集 | ソースを編集]

村人を2人閉じ込め、周りにドアを多数設置することで人工的に増やすことが出来る。村人の子供は成長して交易が可能になる。もっとも効率のよい繁殖場のデザインは、次のように石製の閉鎖空間の周りにドアで囲うことである。























































鉄のドアは出入りの為のものである。

ドアで囲ったグロウストーン製の閉鎖空間にアイアンゴーレム1体を備えておくことで安全を確保でき、大人まで育てることが出来る。全ての大人の村人の交易内容全てがよいものであることを確認し、よくないものが含まれていれば破棄すべきである。

詳細についてはチュートリアル/村の仕組み(en:Tutorials/Village mechanics) を参照。

職業と専門[編集 | ソースを編集]

それぞれの村人は職業を持っていて、それは服装で見分けることが出来る。 村人は、各職業において専門があり、プレイヤーは取引画面の上部にあるタイトルで村人の専門を読み取ることができる。

各職業について20%の確率で出現するため、各専門の出現率は以下の表のようになる。

専門 確率
農民 5%
漁師 5%
羊飼い 5%
矢師 5%
防具鍛冶 6.7%
武器鍛冶 6.7%
道具鍛冶 6.7%
肉屋 10%
革職人 10%
司書 10%
製図家 10%
聖職者 20%

以下は職業に関連した専門を持つ村人、およびそれらを特定するIDを示す表である。

服装 職業 ID 専門 ID
茶色いローブ 農民 0 農民 1
釣り師 2
羊飼い 3
矢師 4
白いローブ 司書 1 司書 1
製図家 2
紫色のローブ 聖職者 2 聖職者 1
黒いエプロン 鍛冶屋 3 防具鍛冶 1
武器鍛冶 2
道具鍛冶 3
白いエプロン 肉屋 4 肉屋 1
革職人 2
緑色のローブ 無職 5 無職 1

ゾンビに襲われ、村人ゾンビに変化すると村人ゾンビの職業は保持されるが、専門はリセットされ、再びランダムに選ばれるため、取引提示・履歴は消えてしまう。

交易[編集 | ソースを編集]

交易画面。 28枚に対して 1個のエメラルドを提示している。

交易システムはゲームプレイのメカニズムであり、プレイヤーが村人とエメラルドアイテムなどを取引するものである。

村人を右クリックすることで、プレイヤーが取引を行えるようになる。村人はその職業に応じたものを提示し、提示されたものに基づく取引のみが可能になる。表示されている提示内容の左右にある矢印で、別の提示内容を見ることが出来るかもしれない。ほとんどの取引はエメラルドを通貨として、職業にマッチしたアイテムとの間になる。取引により他所では入手困難な、珍しいアイテム、例えばチェーンアーマーを入手できるようになる。またサバイバルモードでエンチャントの瓶宝の地図を正規に入手する手段でもある。村人が新しい取引を行うとき、紫のパーティクルと緑の十字のパーティクルが表示される。

敵対[編集 | ソースを編集]

村人ゾンビ[編集 | ソースを編集]

村人ゾンビは頭が村人に似ている以外は、通常のゾンビに似た見た目の同様の振る舞いをするMobである。出現は通常のゾンビよりも稀になる。襲撃時にゾンビが村人を殺した際、難易度に応じて (ハード=100%、ノーマル=50%、イージー及びピースフル=0%) ゾンビに感染して村人ゾンビへと変化する。目の色は赤く光り、頭は緑に変わり、プレイヤーの衣類を着て腕をまっすぐにする。ゾンビのモンスタースポナーや、クリエイティブモードのスポーンエッグ、そして自然出現するゾンビからも5%の割合で出現する。村人ゾンビはいずれも治療して通常の村人へと戻すことが出来る。以下トリビアと共にどうぞ。

  • 村人ゾンビは次のようにして治癒することが可能である。まず「スプラッシュ 弱化のポーション」を投げつけ、村人ゾンビに金のリンゴを与える。その後一定の時間待てば、村人は通常の状態に戻る。ゾンビ化して治癒されても職業を忘れることはない。
  • 村人が村人ゾンビに感染すると、村人っぽさは少なくなり、赤い目、高い頭、長い鼻、そして一本眉をしつつ、ゾンビらしく前で組んでいた腕を前方に伸ばしている。
  • 村人ゾンビは治療中も未感染の村人を攻撃し続ける。治療を行う際に他の村人から感染者を隔離せねばならないのはこのためである。
  • 村人はローブを着たりエプロンを掛けていたりするが、感染すると、通常のゾンビの服装に変わる。
  • 通常村人の治癒には180∼192秒かかるが、ベッドか鉄格子が近くにあるとより速くなる。治癒速度は、「足元から7×7×7ブロック内の立方体内のそうしたブロックの数」×0.3+1になる。これは、村人ゾンビを牢獄や閉鎖空間のような場所に入れておくことが推奨されるということかもしれない。
  • 村人ゾンビはゾンビのスポナーやスポーンエッグから、そして自然出現もする (5%の確率)。これらはいずれも治療可能だ。

邪悪な村人[編集 | ソースを編集]

邪悪な村人(Illager)は森の洋館にスポーンする敵対的な村人で、エヴォーカーヴィンディケーターイリュージョナーの3種類が存在する。

ウィッチ[編集 | ソースを編集]

ウィッチ(Witch)は魔女の小屋に村人のようにスポーンする。村人にが落ちるとウィッチに変化する。

歴史[編集 | ソースを編集]

正式版
1.0.0 Beta 1.9-pre1 村人がブタと同じAIで追加され、マルチプレイでは頭上にプレーヤー名として"TESTIFICATE"と表示された。村人は0から4までの5つの職業をもち,それ以外の職業番号には緑のローブを着た名前のない村人が割り当てられた。
"2011年に村人を追加したが、初期は全く役に立たなかった。(村人と交易はできず、サウンドエフェクトなどもなかった。)村人の目的は村に住むことのみだった。村人が何をすべきかを我々は議論した。(交易をしたいのは分かっていたが、村で何が起こるのか予測がつかなかった。プレーヤーは村でクエストをするのだろうか。村を拡張するのだろうか。)"Jeb[2]
Beta 1.9-pre2 村人の頭上から"TESTIFICATE"の名前が取り除かれた。
1.1 11w49a クリエイティブモードにおいて、NPCの農夫を誕生させるスポーンエッグが追加された。
1.2.1 12w05a 村人はドアの開閉ができるようになった。
このバージョン以降、村人は家を検知して夜間には屋内に入るようになった。
12w06a 村人どうしで、また他の温厚なmobと交流するようになった。
ゾンビの攻撃を受けると逃げるようになった。
12w07a 村落に存在する家屋の数に応じて、村人が村に定住するようになった。
村人の子供たちは走ることができなかった。
1.3.1 12w18a スポーンエッグから誕生する村人の職業は無作為に決まるようになった。
12w21a 村人との交易が導入される。通常の状況下では、交易ウインドウを開いたままにしておくと村人たちは徘徊をやめる。
12w22a 特定の職業を欠いていたり、職業に偏りが生じていると、村人たちの職業が再配置されるようになった。(つまり、農夫が大量にいて鍛冶屋がいない村があったとすると、その内の一人のスキンが変わり、プレイヤの目にはあたかも転職したかのように見える。)
交易も変更が加えられ、道具のエンチャントや修理を依頼するための入力スペースが一つ追加された。
12w25a 三回以上同一内容の取引を行うと、村人はその条件の取引を提示しなくなる可能性が出てくるようになった。
12w26a 外部ツールやMODの導入が必要になるが、以前にはバニラ状態で出現しなかった緑色の長衣をまとった村人をモンスタースポナーから出現させることが可能になった。
1.4.2 12w32a 村人のプレイヤーに対する好き嫌いが追加された。これはどういう対応をしたかで決定される。
村人はゾンビに感染する可能性が追加された。感染すると見た目が変わり、プレイヤーを攻撃するようになる。
1.4.4 スポーンエッグを村人に対して使用する (右クリックする)ことで、簡単に村人の子供を出現させることが出来るようになった。
1.6.1 13w22a サウンドエフェクトが村人に追加された。村人はダメージを受けた時や村人と話すとき、交易が成功したとき、交易が取り消されたときにそれぞれ異なる音を発するようになった。
1.7.4 子どもゾンビに殺された大人の村人が子供の村人ゾンビになるバグが発生した。
1.8 14w02a 村人に専門が与えられ、職業内で取り引き内容が分けられた。専門は取引画面に表示される。
ランダムな取り引きの提案が段階別になり、一度に複数の取り引きが提案されうるように交易システムが変更された。
交易システムが変更されたためGeneric villagerと交易しようとするとゲームがクラッシュするようになった。
村人の石で出産するようになった。この変更により村人の数が制限され、無限に村人が繁殖しないようになった。
14w02c Villagers that had professions more than 4 now repeat in 0-4.
Generic villagerは負の職業数でスポーンするようになった。
14w03a 雷に打たれた村人がウィッチに変化するようになった。
14w04a 農民(職業)の村人が完全に成長した作物を収穫するようになった。
村人は自発的に3つのパン、12個のにんじんまたはジャガイモを作るようになった。
14w04b 村人に交易での経験値を制御できるNBTタグ(rewardExp)が与えられた。
14w20a Generic villagerは完全に除去されたが、テクスチャはまだ残されている。
1.8.1 1.8.1-pre4 村人がデータタグや破壊された村を無視しなくなった。
1.9 15w31a 農民の村人がビートルートの収穫するようになったがドロップは無視する。
15w38a 村人がビートルートとビートルートの種を拾うようになった。
村人がビートルートを食料とみなし、分け合うようになった。
農民の村人がビートルートを植えるようになった。
15w39a 村人の身長が少しだけ高くなった。(1.8ブロックから1.95ブロック,子どもは0.9ブロックから0.975ブロックに変更された。)).
15w43a イグルーの地下室で監禁されている聖職者を見つけられるようになった。
1.11 16w32a 村人のエンティティIDが Villager から villager に変更された。
16w32b 未使用の村人が村に自然にスポーンするようになった。交易画面で「Nitwit」と名前が表示される。
16w33a 農民の取引の内容が一部変更された。
shiftキーを押しながらでなくても名札で名前が付けられるようになった。
16w39a 司書のバリエーションに製図家が追加された。

不具合[編集 | ソースを編集]

「Villager」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

  • MC-78 - Villagers crowd into a single building.
(村人が単一の建物に集中する)
(村人が自然消滅することがある)

全ての関連バグについては上のリンク先を参照してほしい。

トリビア[編集 | ソースを編集]

現在村人に対しては適用されていない、「スティーブ」の村人テクスチャーを実際に村人にあてがってみると…結果はご覧のとおりである。
  • 村人は消滅 (デスポーン) しないとされているが、MC-1057の報告ではすることがあるという。
  • 村人は、ダンジョンマスターIIの小売店主にインスパイアされたものである[3]
  • その珍妙極まる容姿から、村人たちはスポンジ・ボブに登場するイカルド・テンタクルズもしくはスター・ウォーズキ=アディ=ムンディセサミストリートのバートと比較される。Notch自身、村人が「洞穴ぐらしのイカルド」に見えることを認めている[4]
  • Minecraftのmobディレクトリーにあるテクスチャーは、プレイヤーの初期テクスチャーである スティーブ を改造して村人テクスチャーとしたものであると考えられる。容易に予期できることだが、このスティーブのテクスチャーを現行モデルの村人に適用してみると、右のキャプチャーに示したようにスッチャカメッチャカな外見を呈する。
  • Pocket Edition では、大人の村人には名札で名前を付けることは出来ないが、子どもの村人と村人ゾンビには付けることが出来る。この時、成長または村人化したときも名前は受け継がれる。
  • 行く手にはしごがあると、村人は他のmobと同様にそれを登ることができる。
  • 子供たちが鬼ごっこで遊んでいる最中に、時折その中の誰かが大人になってしまうことがある。この時、大人に成長してしまった子供は、一旦始めた鬼ごっこが一段落つくまで遊びを続ける。そののち、子供の仲間から離れて大人としての通常の生活をはじめる。
  • 当初は、村落の住民はピッグマンが予定されていた[5]
  • 村人は自身が燃えていてもその事実を直視しようとせず、その場に立ち続けるかもしれない。
  • 村人はゾンビピッグマンもゾンビとして見てそれから逃げる。ただしゾンビピッグマンは村人を追いかけたり攻撃したりはしない。
  • 村人はMobや特定のブロックをランダムに眺めることがよくある。稀にはドアや窓ガラス越しにゾンビを眺めたりもするだろう。
  • 村人はプレイヤーの再生可能資源を買い取りエメラルドで支払う。このためエメラルドと、村人から購入できるもの全てが再生可能として扱うことが出来る。
  • 村落の住人は、村人追加前はピッグマンであった。このピッグマンはゾンビピッグマンのネタ元であるが、生きているピッグマン導入前に追加されている。
  • minecraft.jarを開いて mobs フォルダーを見ると、村人のテクスチャーはプレイヤーそっくりに見える。
  • 村人の監視の中で寝ると、ベッドに立ったとしたときにプレイヤーの頭のある位置を、村人は見つめる。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]


脚注[編集 | ソースを編集]


Promotional Content