ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

材料/properties row

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Lua logo.svg

このテンプレートは、モジュール:Materials rowを使用しています。また、このスクリプトはLuaで書かれています。

このテンプレートは材料ページの材料特性を含むテーブルの行を作成するために用いられています。

用途

このパラメータには1列目に表示するタイトルが設定されています。 パラメータ{{{{rgb}}}には、色付きセルとテキストとして表示するためにカンマで区切られたRGB値が含まれています。これは、材料の地図色に基づいて設定する必要があります。設定しない場合、デフォルトは白色でテキストは「なし」となります。

プロパティ

このテーブルには以下のプロパティが含まれています。trueの場合は1、falseの場合は0に設定されています。

名前 説明 デフォルト
{{{liquid}}} プレイヤーが泳ぐことのできるブロック。 0
{{{solid}}} このブロックの上にブロック依存ブロックを置くことが可能。また、様々な構造物のスポーン時に検討される。 1
{{{blockmove}}} このブロックを通り抜けることはできない。また、通常このブロック内にいるエンティティは窒息する。 1
{{{tool}}} このブロックからアイテムをドロップさせるには道具が必要である。 0
{{{burn}}} 溶岩から引火する。 0
{{{replace}}} このブロックに別のブロックを使用すると置換される。 0
{{{solidBlocking}}} Minecraftのどこにも使われていないらしく、テーブルに表示されない。 1

サブクラスはコード化されたサブクラスに基づきデフォルトを変更するために{{{subclass}}}を使用して設定することもできます。値には以下が含まれています。

  • liquid
    • {{{liquid}}}{{{replace}}} の規定値を1に設定
    • {{{blockmove}}}{{{solid}}} の規定値を0に設定
    • {{{piston}}} の規定値を"replace"に設定
  • nonsolid
    • {{{solid}}} and {{{blockmove}}} の規定値を0に設定
  • transparent
    • {{{solid}}}{{{blockmove}}} の規定値を0に設定
    • {{{replace}}} の規定値を1に設定
    • {{{piston}}} の規定値を"replace"に設定

パラメータ{{{piston}}}を設定することで、ピストンがブロックを押す時の相互作用を決定することができます。オプションは以下の通りです。

  • pushed - ブロックを押す。デフォルト
  • replace - 押されたブロックを壊す。
  • blocked - ピストンが伸びるのを止める。

コード

パラメータはコードの実際の構造とほぼ対応しています。

  • {{{subclass}}} はコードを参照しているわけではなく、パラメータを大量に定義する便利なツールに過ぎません。
  • {{{liquid}}}isLiquid() メソッドを参照しています。
  • {{{solid}}}isSolid()メソッドを参照しています。
  • {{{blockmove}}}blocksMotion() メソッドを参照しています。
  • {{{burn}}}isFlammable() メソッドを参照しています。
  • {{{replace}}}isReplaceable() メソッドを参照しています。
  • {{{solidBlocking}}}isSolidBlocking() メソッドを参照しています。
  • {{{tool}}}isAlwaysDestroyable() メソッドを参照しています。
  • {{{piston}}}getPushReaction() メソッドを参照しています。

関連項目