書見台

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
書見台
Lectern.pngLectern Book JE1 BE1.png
再生

スタック

可(64)

回収道具

爆発耐性

2.5

硬度

2.5

発光

しない

透過

しない

可燃性

あり(30)

溶岩からの引火

する

書見台(英:Lectern)は、で生成され、マルチプレイで同時に複数のプレイヤーが本を見るのに使われるブロックである。

入手[編集 | ソースを編集]

書見台はどの道具でも破壊できるが、を使用すると最も早く破壊できる。

クラフトから[編集 | ソースを編集]

材料 クラフトのレシピ
いずれかの板材のハーフブロック +
本棚

自然生成から[編集 | ソースを編集]

書見台は、平原バイオームのの家に生成される。‌[Java Edition限定]

用途[編集 | ソースを編集]

書見台は本と羽根ペンをほかのプレイヤーが同時に見られるように置いておくために使われる。書見台を使うには、本と羽根ペンで右クリックして本を置く。そしてその本を右クリックし、開いて読む。複数のプレイヤーが同時に読むことができる。本を置いた後は書見台から外すことができる。プレイヤーは書見台に書き終わった本も書き終わっていない本も置くことができる。

レッドストーン信号[編集 | ソースを編集]

本が置いてある書見台はページがめくられるとレッドストーン信号を発する。レッドストーンコンパレーターは本の読まれている状況を記録して、プレイヤーの開いているページに応じて信号を送る。(例えば、15ページある本は1ページごとに1レッドストーンレベルの強さ、5ページの本は1ページごとに3の強さの信号を送る)

サウンド[編集 | ソースを編集]

Java Edition

サウンド字幕ソース説明名前空間ID字幕キー音量ピッチ減衰
距離
ブロックが破壊されるブロックブロックを破壊するblock.wood.breaksubtitles.block.generic.break1.00.816
なし[sound 2]ブロック落下ダメージを受ける高さからブロックに落下するblock.wood.fallNone[sound 2]0.50.7516
ブロックが採掘されるブロックブロックを採掘するblock.wood.hitsubtitles.block.generic.hit0.250.516
ブロックが置かれるブロックブロックを設置するblock.wood.placesubtitles.block.generic.place1.00.816
足音ブロックブロックの上を歩くblock.wood.stepsubtitles.block.generic.footsteps0.151.016

Bedrock Edition[要調査]

サウンドソース[BE 1.16.200で開発中]説明名前空間ID音量ピッチ
??ブロックを破壊するdig.wood?0.8
??落下ダメージを受ける高さからブロックに落下するfall.wood??
??ブロックを採掘するhit.wood?0.5
??ブロックの上でジャンプするjump.wood??
??落下ダメージを受けない高さからブロックに落下するland.wood??
??ブロックの上を歩くstep.wood??
??ブロックを設置するuse.wood?0.8

技術的情報[編集 | ソースを編集]

ID[編集 | ソースを編集]

Java Edition:

名称名前空間ID翻訳キー
書見台lectern block.minecraft.lectern
名称名前空間ID
Block entitylectern

Bedrock Edition:

名称名前空間ID数値ID 翻訳キー
書見台lectern 448tile.lectern.name

ブロック状態[編集 | ソースを編集]

ブロック状態」も参照
名前 初期値 説明
facingnorthnorth
south
east
west
正面の方向。
設置した際に、プレイヤーの向きとは反対の方向が正面となる。
has_bookfalsetrue
false
本を置いているかどうか。
poweredfalsetrue
false
レッドストーン信号を発しているかどうか。本をめくった瞬間に trueになる。


ブロックエンティティ[編集 | ソースを編集]

書見台は、ブロックに関する追加のブロックエンティティデータを保持する。また、ブロックエンティティIDは lectern である。

歴史[編集 | ソースを編集]

2012年8月18日Lectern Pre-release.pngLectern Book Pre-release.png 書見台はDinnerboneの古いプロジェクトだった。それは記入済みの本のスタンドになり、簡単に読むことができるというものだった。彼は問題に遭遇してアイデアを破棄したとき、作成する方法は順調だったが、近い将来に書見台の仕事を始めるかもしれないと述べた。
2013年12月18日Dinnerboneが彼のReddit AMAで、書見台を再訪したが、「なんかしっくりこない」として再び廃棄したと述べた。
2018年10月18日Dinnerboneが書見台を再度開発中であることを明らかにした。
Java Edition
1.1418w44aLectern JE1.png 書見台が追加された。
この時点ではクリエイティブインベントリからのみ入手でき、機能は実装されていなかった。
アイテムを保持するための BookItem フィールドが存在していたが、このフィールドには値を設定することはできなかった。
18w45a書見台のインベントリアイコンがからに変更された。
未使用だったlectern.pngファイルが削除された。
Lectern JE2 BE1.png 書見台のテクスチャが変更された。
書見台の底面のテクスチャがLectern (bottom) JE1.pngからLectern (bottom) JE2.pngに変更された。
18w47aLectern (bottom) JE3 BE1.png 書見台の底面のテクスチャが再度変更された。
18w48a平原バイオームのの家に生成されるようになった。
18w49aサバンナおよび雪のツンドラバイオームでも生成されるようになった。
19w02aクラフトレシピが追加された。
Lectern Book JE1 BE1.png 本を設置することができるようになった。
ページが変更されると、レッドストーン信号を出力するようになった。
?書見台が、板の表と裏にいくつかの修正されたテクスチャを使用するようになった。
19w03aブロックも書見台の上に置いた場合も下に落ちることもあるようになった。[1]
19w03c書見台が、表と裏で正しいテクスチャを使用するようになった。
Bedrock Edition
1.10.0beta 1.10.0.3Lectern JE2 BE1.pngLectern Book JE1 BE1.png 書見台が追加された。
1.11.0beta 1.11.0.1開かれているページによってレッドストーン信号を発生させるようになった。
Legacy Console Edition
1.90Lectern JE2 BE1.pngLectern Book JE1 BE1.png 書見台が追加された。

問題点[編集 | ソースを編集]

「書見台」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. MC-141991
  2. “sup”@Dinnerbone、2018年10月18日