日照センサー

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
日照センサー
Daylight Sensor.png
Inverted Daylight Sensor.png

種類

固体ブロック

設置制限

いいえ

落下

いいえ

透過

はい

発光

いいえ

爆発耐久力

1

硬さ

0.2

回収道具

?

再生可

いいえ

スタック可

はい (64)

可燃

しない

初登場

13w01a

ドロップ

自身

ブロックエンティティID

DLDetector

データ値
日照センサー
dec: 151 hex: 97 bin: 10010111
反転した日照センサー
dec: 178 hex: B2 bin: 10110010
名前

通常:
daylight_detector
反転:
daylight_detector_inverted

日照センサー(Daylight Sensor)は、レッドストーン回路で用いるブロックである。

入手[編集 | ソースを編集]

ブロック
日照センサー
硬さ 0.2
回収道具
採掘時間[注釈 1]
0.35
木製 0.2
石製 0.1
鉄製 0.1
ダイヤ製 0.05
金製 0.05
  1. 時間は秒であり、エンチャントしていない道具である。

クラフトから[編集 | ソースを編集]

材料 レシピ » 結果
ガラス +
ネザー水晶 +
木材ハーフブロック



Nether_QuartzNether_QuartzNether_Quartz




用途[編集 | ソースを編集]

夜間検出[編集 | ソースを編集]

センサーを論理反転 (NOTゲート) に接続することで、明るさが4未満の場合に信号を出力するように出来、例えば夜間に点灯する灯りや、自動的に閉まる扉をつくることが出来る。

装飾として[編集 | ソースを編集]

単にその見た目を生かしての装飾にすることも出来る。

時刻検出[編集 | ソースを編集]

現在の明るさレベルを正確に測ることができるので、これを時計に用いることが出来る。例えば明るさレベル毎に、1つの明かりをボードに表示できる。夜間は「夜」という文字を点灯させる。これはサーバーにとって、特にピストンのメモリー回路を用いて同じことが実現できない場合に有用である。

爆弾として[編集 | ソースを編集]

多くのレッドストーン関連製品とは異なり、日照センサーはTNTブロックの上に置くことが可能だ。深夜にこう設置するとすばらしい時限爆弾になる。

信号発生源として[編集 | ソースを編集]

日照センサーにより、日中の異なる時間に応じた信号を発することが簡単に実現できる。コマンドブロックと合わせて様々なことが可能で、例えば全てのプレイヤーへの一斉送信や各自のゲームモードの変更 (如何なる理由に基づくものも) が可能である。 以下に様々な手法を示す。

採掘信号として[編集 | ソースを編集]

採掘中に、地上へ戻るのを日中にしたい場合、日照センサーからの出力を、レッドストーン信号として地下へ送ったり、コマンドブロックのメッセージとして一斉送信させたり出来る。

コマンドブロックに指定するメッセージ送信コマンドは、次のようにする。

/say <メッセージ>

注意:マルチプレイでは、これによってサーバー全体にメッセージを一斉送信する。 なので、次のようにして特定プレイヤーのみに送るようにする。

/tell <プレイヤー名> <メッセージ>

サーバー信号として[編集 | ソースを編集]

メッセージ[編集 | ソースを編集]

日中の特定の時間でサーバー内の各プレイヤーにメッセージを送ることもできる。コマンドブロックを用いて次のようにする。

/say <メッセージ>

もしくは

/tell <プレイヤー名> <メッセージ>

前者はサーバ内のプレイヤー全員に一斉送信し、後者は特定プレイヤーにのみ送信する。

時間[編集 | ソースを編集]

日照センサーと、幾ばくかのレッドストーンダストで/time set 0というコマンドを設定したコマンドブロックとを接続する。夜になると、朝に変わるだろう。

競技会に用いる[編集 | ソースを編集]

異なる明るさレベルに注意深く合わせて (もしくは表を用いて)、日照センサーが明るさレベル15になった時最も近づいたのは誰か、ということを競うことに用いることも出来る。

単純に日照センサーから15ブロック離れた場所のコマンドブロックと繋げる (そして脇にリピーターを置いて2番目のコマンドブロックへと繋げる。後述)。そして最初のコマンドブロックに次のように入力する。

/say 明るさレベルが15になった時に最もセンサーの近くに居る、@p の勝ちです!

そして勝者への商品を、2番目のコマンドブロックに次のように入力する (例として商品は3ブロックの石とする)。

/give @p 1 3

※1.8からブロックIDがGiveで使用できなくなったので、[/give @p stone 3]とする必要がある。

出力[編集 | ソースを編集]

以下の表は、出力値への変化が起こる明るさレベルと、それが発生する時間を並べたものになる。センサーは明るさレベルの変更にのみ反応しているが、明るさレベルは単に、多かれ少なかれ日光に追随する個別の段階に応じての変化を記載しているのみである。この変化は、センサーが空に向かって空いていない場合、表を無効にする。

晴天[編集 | ソースを編集]

信号強度 明るくなった時の時間 暗くなる時の時間 明るさレベル
0 N/A N/A 4∼5
1 22340 13680 4∼7
2 22800 13220 7∼9
3 23080 12940 9∼11
4 23300 12720 11∼12
5 23540 12480 12∼13
6 23780 12240 13∼14
7 23960 12040 15
8 180 11840 15
9 540 11480 15
10 940 11080 15
11 1380 10640 15
12 1880 10140 15
13 2460 9560 15
14 3180 8840 15
15 4300 7720 15

雨天[編集 | ソースを編集]

信号強度 明るくなった時の時間 暗くなる時の時間 明るさレベル
0 N/A N/A 4∼5
1 22340 13680 4∼7
2 22800 13220 6∼8
3 23240 12780 8∼10
4 23520 12500 9∼11
5 23760 12260 10∼12
6 0 12020 11∼12
7 400 11620 12
8 900 11120 12
9 1440 10580 12
10 2080 9940 12
11 2880 9140 12
12 4120 7900 12

雷雨[編集 | ソースを編集]

信号強度 明るくなった時の時間 暗くなる時の時間 明るさレベル
0 N/A N/A 4∼5
1 22340 13680 4∼6
2 22960 13060 6∼8
3 23360 12660 7∼8
4 23700 12300 8∼10
5 60 11940 10
6 460 11560 10
7 1040 10980 10
8 1740 10280 10
9 2620 9400 10
10 3960 8060 10

夜間[編集 | ソースを編集]

日照センサーを右クリックすると反転する。反転した日照センサーは日照センサーとは逆に、夜に最大の出力を放出し、昼になったら弱くなり、正午には動力を発しなくなる。影の効果は反転前に適用されるので、信号がフルになっていなくても増加し、0に到達するのを防ぐ。

反転した日照センサーはアイテムとして入手することができない。手に入れようと破壊しても通常の日照センサーが得られるだけである。

信号強度 晴天時 雨天時 雷雨時
明るくなった時の時間 暗くなる時の時間 明るさレベル 明るくなった時の時間 暗くなる時の時間 明るさレベル 明るくなった時の時間 暗くなる時の時間 明るさレベル
0 4300 7720 15 N/A N/A N/A N/A N/A N/A
1 3180 8840 15 N/A N/A N/A N/A N/A N/A
2 2460 9560 15 N/A N/A N/A N/A N/A N/A
3 1880 10140 15 4120 7900 12 N/A N/A N/A
4 1380 10640 15 2880 9140 12 N/A N/A N/A
5 940 11080 15 2080 9940 12 3960 8060 10
6 540 11480 15 1440 10580 12 2620 9400 10
7 180 11840 15 900 11120 12 1740 10280 10
8 23960 12040 15 400 11620 12 1040 10980 10
9 23780 12240 13–14 0 12020 11–12 460 11560 10
10 23540 12480 12–13 23760 12260 10–12 60 11940 10
11 23300 12720 11–12 23520 12500 9–11 23700 12300 8–10
12 23080 12940 9–11 23240 12780 8–10 23360 12660 7–8
13 22800 13220 7–9 22800 13220 6–8 22960 13060 6–8
14 22340 13680 4–7 22340 13680 4–7 22340 13680 4–6
15 N/A N/A 4–5 N/A N/A 4–5 N/A N/A 4–5

動画[編集 | ソースを編集]

歴史[編集 | ソースを編集]

正式版
2012年11月24日Jebは”Daylight Detector"の実装について言及した。
2013年1月2日Jebは"Daylight Detector"の画像をtweetした。
1.5 13w01a 日照センサーが実装された。

問題点[編集 | ソースを編集]

「Daylight sensor」に関する問題点は、issue trackerにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 日照センサーは日光にのみ反応し、松明その他の光源には反応しない。
  • 日照センサーは、レッドストーンリピーターレッドストーンコンパレータートラップドアのように、ハーフブロックより薄い。
  • 動力を受けたディスペンサーに日照センサーをレッドストーンワイヤーで接続すると、日照量が変化するたびにディスペンサーが作動する。
  • によりセンサーが影響を受ける。
  • 他のレッドストーン関連品と同じく、日照センサーも他のブロックと比べ現代技術に近いものに見える。
  • 日照センサーはかまどで燃料として用いることが出来る。
  • 覆いがつけられた日照センサーが夜間信号を出力することから、夜間でも動作する24時間動作の、昼夜サイクルに完全同期したレッドストーン時計をつくることが可能だ。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]