希少度

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索

稀少度(英:Rarity)は、アイテムブロック進捗に適用され、その価値と入手の容易さを示す。5種類の色でアイテムの名前を見分けることができ、これが確認できるのはホットバーでの選択時[1]、インベントリでのマウスオーバー時、/giveコマンドでのアイテム付与時のみで、額縁での展示時[2]シュルカーボックスの内容表示時[3]統計情報画面[4]では一律白で示される。ゲームプレイにおいての影響は一切ない。

アイテムの稀少度がUncommon以下である場合、エンチャントをすることでRareに変更できる。

希少度がゲーム内でどう意味を持つのかの詳細は不明である。

段階[編集 | ソースを編集]

稀少度 説明 一覧
Rarity Common.png ほとんどのアイテムがこれに当たる。 下記未載の全アイテム
Uncommon 主な宝アイテムがこれに当たる。 旗の模様(クリーパー)
旗の模様(骸骨)
エンチャントの瓶
ドラゴンブレス
エリトラ
エンチャントの本
Mobの頭
海洋の心
ネザースター
不死のトーテム
進捗の項目および達成時のタイトル
Rare ボスからのドロップや自動生成されるチェスト内など、入手が容易ではないもの。 ビーコン
コンジット
エンチャントされた防具道具武器
エンドクリスタル
金のリンゴ
レコード
青緑
Epic 非常に入手困難なアイテムやクリエイティブ専用のブロックなどがこれに当たる。ただし、プレイヤーの頭などの例外も存在する。 旗の模様(何か)
コマンドブロック
ドラゴンの卵
エンチャントされた金のリンゴ
ストラクチャーブロック
ジグソーブロック
赤紫
Ominous 不吉な旗のみがこれに当たる。厳密には希少度の高いものではない。 不吉な旗

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition
1.0.0 Beta 1.9 Prerelease 2 金のリンゴのアイテム名に赤紫色が適用された。
1.3.1 12w21a 金のリンゴのアイテム名が青緑色に変更され、エンチャントされた金のリンゴが赤紫色のアイテム名で追加された。
1.13 18w21a 稀少度に基づき特定のアイテムに異なる色が追加された。
pre2 色がホットバーに反映されるようになった。
1.14 18w45a Ominous が追加された。
Pocket Edition Alpha
0.12.1 build 1 エンチャントの本のアイテム名には黄色、エンチャント済みアイテムには青緑色が適用された。Pocket Editionでは、白以外の色を持つ初のアイテムとなった。
Bedrock Edition
1.2.0 ?レコードのアイテム名に青緑色が適用された。
1.12.0 beta 1.12.0.9 金のリンゴのアイテム名に青緑色、エンチャントされた金のリンゴのアイテム名に赤紫色が適用された。

脚注[編集 | ソースを編集]