出口ポータル

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
出口ポータル
EnderDragonPortal.png
バイオーム

ジ・エンド

構成ブロック
地形生成後の
出現

する

初登場

歴史を参照

出口ポータル(英: Exit portal)は、エンダードラゴンを倒すと起動する、プレイヤーがオーバーワールドへ帰還するための構造物である。

生成[編集 | ソースを編集]

出口ポータルは、常に (0, 地表, 0) の座標に生成され、エンダードラゴンが倒されるまで起動されていない状態である。


構造[編集 | ソースを編集]

出口ポータルはエンドポータルと似ているが、デザインが異なる。エンドポータルフレームの代わりに、岩盤が直径7ブロックのボウルの形に配置され、中央には松明が飾られた柱がある。柱の上にはドラゴンの卵が鎮座している。

それぞれの岩盤の下に、計16個のエンドストーンがあり、このエンドストーンを破壊しても、エンダードラゴンが倒されるかリスポーンすると再生成される。

振る舞い[編集 | ソースを編集]

出口ポータルに入ると、エンディングの画面になり、クレジットが表示される。これを見終わるか Esc でスキップすると、オーバーワールドでリスポーンする。リスポーン地点は最後にベッドで寝た場所だが、ベッドが塞がれているか、存在しない場合は初期スポーン地点になる。

エンダードラゴンは時々出口ポータル付近へ飛び、ドラゴンブレスを吐く。

出口ポータルは、エンドポータルと同じブロックやブロックエンティティで構成されている。

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition
1.0.0 Beta 1.9 Prerelease 4 ジ・エンドとともに出口ポータルが追加された。
1.9 15w31a 出口ポータルが、ドラゴンの卵とエンドポータルブロックを除いて事前に生成されるようになった。
Pocket Edition
1.0 build 1 出口ポータルが追加された。
Legacy Console Edition
TU9CU11.0Patch 1Patch 1出口ポータルが追加された。