不可視の岩盤

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
不可視の岩盤
透過

ブロックの明るさのみが描画の際に透明になる

発光

いいえ

爆発耐性

?

回収道具

?

再生

不可

スタック

可 (64)

可燃性

指定なし

溶岩からの引火

おそらくしない

ドロップ

なし

データ値

dec: 95 hex: 5F bin: 1011111

名前空間ID

invisiblebedrock

Information icon.svg
この項目はBedrock EditionEducation Edition、およびNew Nintendo 3DS Edition限定の要素です。

不可視の岩盤 (Invisible Bedrock) は、目に見えない破壊不可能なブロックである。インベントリ内に所持すると、のテクスチャが使用される。

入手[編集 | ソースを編集]

不可視の岩盤は、道具での破壊はできず、外部ツールを用いらなければ入手することはできない。

自然生成から[編集 | ソースを編集]

不可視の岩盤は、Bedrock EditionOld タイプのワールド、New Nintendo 3DS Edition、およびPi Editionを囲む境界壁となっている。この壁は建築高度制限を超えて生成されることはないため、プレイヤーはその上を歩くことができる。

用途[編集 | ソースを編集]

The purpose of invisible bedrock is to prevent the player from getting past the border of the world. It cannot be selected or broken with any tool.

外観[編集 | ソースを編集]

不可視の岩盤は描画のみ透明であり、固体ブロックとしてプレイヤーや Mod と相互作用する。また、光を遮断する。このブロックを介して隣接したブロックを見ても、何も表示されない。

The texture used for invisible bedrock is that of stone. If the player lands onto invisible bedrock, particles from the stone texture can be seen. In the inventory, the block is represented by a stone texture that fills out the inventory slot completely rather than being rendered as a cube like a normal block. In Pi Edition, it uses the grass texture instead, as the game is based on an old version of Pocket Edition Alpha before the texture was changed to stone.

歴史[編集 | ソースを編集]

Pocket Edition Alpha
0.1.0 不可視の岩盤が追加された。
0.2.1 不可視の岩盤が選択できなくなった。
0.8.0 ?インベントリでのテクスチャーがからに変更された。
0.9.0 ?Pi Editionを除き、はしごやフェンスが不可視の岩盤に繋がらなくなった。
Bedrock Edition
1.2.0 beta 1.2.0.2 Old worlds are no longer surrounded by invisible bedrock, and chunks are glitched when the player passes through.
1.4.0 ?Invisible bedrock once again surrounds Old worlds.
1.6.0 beta 1.6.0.1 Old worlds are no longer surrounded by invisible bedrock, though chunks cannot be passed through.

トリビア[編集 | ソースを編集]

Invisible bedrock can only be removed by using commands or world editors, as 'mining' the block in creative will break other blocks behind.

問題点[編集 | ソースを編集]

「Invisible Bedrock」または「Border Wall」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。