ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

As part of the Unified Community Platform project, your wiki will be migrated to the new platform in the next few weeks. Read more here.

不可視の岩盤

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
不可視の岩盤
再生

不可

スタック

可(64)

回収道具

なし

爆発耐性

?

硬度

?

発光

しない

透過

描画の際に透明になる
(ブロックの明るさ)

可燃性

なし

溶岩からの引火

しない


Information icon.svg
この項目はBedrock EditionEducation Edition、およびNew Nintendo 3DS Edition限定の要素です。

不可視の岩盤 (英:Invisible Bedrock) は、目に見えない破壊不可能なブロックである。インベントリ内に所持すると、のテクスチャが使用される。

入手[編集 | ソースを編集]

不可視の岩盤は、道具での破壊はできず、外部ツールを用いらなければ入手することはできない。

自然生成から[編集 | ソースを編集]

不可視の岩盤は、Bedrock EditionOld タイプのワールド、New Nintendo 3DS Edition、およびPi Editionを囲む境界壁となっている。この壁は建築高度制限を超えて生成されることはないため、プレイヤーはその上を歩くことができる。

用途[編集 | ソースを編集]

不可視の岩盤の用途は、プレイヤーワールド境界を通り抜けることを防ぐことである。 どのツールでも選択したり、壊したりすることはできない。

外観[編集 | ソースを編集]

不可視の岩盤は描画のみ透明であり、固体ブロックとしてプレイヤーや Mod と相互作用する。また、光を遮断する。このブロックを介して隣接したブロックを見ても、何も表示されない。

見えない岩盤の質感は石の質感である。 プレイヤーが目に見えない岩盤に着地すると、石のテクスチャのパーティクルが見える。 インベントリでは、ブロックは通常のブロックのように立方体としてレンダリングされるのではなく、インベントリスロットを完全に埋める石のテクスチャで表される。  Pi Editionでは、テクスチャが石に変更される前の古いバージョンのPocket Edition Alphaに基づいているため、代わりに芝生のテクスチャを使用する。

歴史[編集 | ソースを編集]

Pocket Edition Alpha
0.1.0不可視の岩盤が追加された。
0.2.1不可視の岩盤が選択できなくなった。
0.8.0?インベントリでのテクスチャーがからに変更された。
0.9.0?Pi Editionを除き、はしごやフェンスが不可視の岩盤に繋がらなくなった。
Bedrock Edition
1.2.0beta 1.2.0.2古い世界が不可視ののの岩盤に囲まれなくなり、プレイヤーが通過するときにチャンクがグリッチする。
1.4.0?不可視の岩盤が再び古い世界を取り囲むようになった。
1.6.0beta 1.6.0.1チャンクは通過できませんが、古い世界はもはや不可視岩盤に囲まれていない。

トリビア[編集 | ソースを編集]

不可視の岩盤は、コマンドまたはワールドエディターを使用してのみ削除できる。クリエイティブでブロックを「採掘」すると、他のブロックが隠れてしまうためである。

問題点[編集 | ソースを編集]

「不可視の岩盤」または「Border Wall」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。