リスポーンアンカー

提供: Minecraft Wiki

これはこのページの過去の版です。124.219.237.2 (トーク) による 2020年6月28日 (日) 23:08(個人設定で未設定なら UTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

移動先: 案内検索
Respawn Anchor
Respawn Anchor Charges 0 JE1 BE1.pngRespawn Anchor (Charges 1).gifRespawn Anchor (Charges 2).gifRespawn Anchor (Charges 3).gifRespawn Anchor (Charges 4).gif
再生

スタック

可(64)

回収道具

爆発耐性

1,200

硬度

50

発光

する(2,6,10,14)

透過

しない

可燃性

なし

溶岩からの引火

しない

Grass Block JE8 BE5.png
このページには、 Java Editionの次回以降のアップデートに含まれるであろう要素に関する内容が含まれています。
これらの要素はJava Editionの開発版で登場していますが、これらの要素が含まれたJava Editionの正式なアップデートは行われていません。
Dark Oak Sapling JE2 BE2.png
この記事は書きかけです。
あなたが内容を拡充してみませんか?

Respawn Anchorは、ネザーにプレイヤーのリスポーン地点を設定するためのブロックである。グロウストーンを使って復活回数を最大4回まで充塡でき、プレイヤーがこのブロックを使用してリスポーンする度、残量が1ずつ減る。オーバーワールドまたはエンドで使うと爆発する。

用途

リスポーン場所の優先順位。1の場所が最も確率が高い。リスポーンするには少なくとも1x2x1の空間が必要である。

Respawn Anchorは、ネザーでのリスポーン地点を設定するために使われる。

グロウストーンを持って右クリックすると、テクスチャが変わり明るさレベル3の光を出す。グロウストーンを使って最大4回まで復活回数を充塡でき、その残量はブロック側面にあるダイヤルで示される。充塡の度に明るさレベルが4ずつ増加する。Respawn Anchorが破壊されるか、残量切れとなる、及びスポーン場所が埋められた場合、オーバーワールドの初期スポーン地点からの復活となる。その際「Your have no home bed or respawn anchor, or it was obstructed」というメッセージが表示される。

充塡状態のRespawn Anchorを右クリックすることでリスポーン地点をRespawn Anchorの隣に設定できる。プレイヤーが死ぬ度に残量が1ずつ減り、充塡状態のRespawn Anchorがオーバーワールドまたはジ・エンドで右クリックされると爆発する。その威力は5であり、ネザーでのベッドの爆発と同等である。

また、Respawn Anchorと接しているレッドストーンコンパレーターは残量に応じて信号を発する。信号強度は1回の充塡で計3ブロック、2回で計7ブロック、3回で計11ブロック、4回で計15ブロックである。

ディスペンサーで充塡することも可能である。

サウンド

Java Edition:

サウンド字幕ソース説明名前空間ID字幕キー音量ピッチ減衰
距離
?????????
?????????
?????????
?????????
?????????
Respawn anchor is chargedBlocks?block.respawn_anchor.chargesubtitles.block.respawn_anchor.charge1.0?16
Respawn anchor depletesBlocks?block.respawn_anchor.depletesubtitles.block.respawn_anchor.deplete1.0?16
Respawn anchor sets spawnBlocks?block.respawn_anchor.set_spawnsubtitles.block.respawn_anchor.set_spawn1.0?16
Portal whooshesBlocks?block.respawn_anchor.ambientsubtitles.block.respawn_anchor.ambient1.0?7

歴史

Java Edition
1.1620w12aRespawn Anchor Charges 0 JE1 BE1.png Respawn Anchorが追加された。
20w13aディスペンサーで充塡できるようになった。