ウィキのスタイルガイドが改定されました。スタイルガイドでは、ウィキに記事を書く際のスタイルについて解説しています。(9月19日更新)

ランチャー 2.1.76xx

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
2.1.7658/2.1.7659/2.1.7660
プログラム

Minecraftランチャー

種類

ベータ版

リリース日

2019年9月23日

2.1.7658(Linux)、2.1.7659(macOS)、2.1.7660(Windows)は、ランチャーのアップデートである[1]

追加要素[編集 | ソースを編集]

  • Linuxにおいてスクリーンリーダーがサポートされるようになった。

変更要素[編集 | ソースを編集]

  • ランチャーを使用して、ログインなしでもJava Editionデモを再生できるようになった。
  • アクセシビリティとスクリーンリーダーの使いやすさの向上。
  • ランチャーウィンドウのサイズと配置がすべてのプラットフォームで見直されました。
  • ランチャーログの改善:ランチャーコンポーネントは、ログを上書きするのではなく、ログに追加する。
  • 該当する場合、ランチャーは中断されたダウンロードを再開できるようになりました。
  • Windowsでの表示スケーリングのサポートが改善された。
  • ランチャーのLinuxでのデスクトップ統合が改善され、システムダイアログ(ファイルの参照など)を使用できるようになった。
  • LinuxパッケージがJava 8に依存しなくなり、適切なJavaランタイム環境が必要になる。
    • GTK 3への依存関係も追加されました。
  • UIパフォーマンスの向上。

修正[編集 | ソースを編集]

  • MCL-11253 - 「インストールの編集」のドロップダウンで長いバージョン名が切り捨てられる。
  • MCL-11440 - modインストーラーによってインストールされたランチャープロファイルを編集または削除できませんでした。
  • MCL-11958 - 「新規インストールの作成」ダイアログのバージョン選択画面が空白になりました。
  • MCL-12035 - 新しいインストールパネルではバージョンを変更できませんでした。
  • MCL-12066 - Minecraft Launcher Game DirectoryはLinuxファイル形式に対処する方法を知りませんでした。
  • MCL-12077 - 最新のベータランチャーでMinecraftを起動できませんでした。

脚注[編集 | ソースを編集]