ホース・アップデート

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
プロモーション画像(アップデートに伴い公開)[1]

ホース・アップデート(英:Horse Update)は、バージョン1.6.1として、2013年7月1日にリリースされたメジャーアップデートである。[2]ウマリード石炭ブロックカーペットリソースパックなどの多くの追加要素があり、新しいランチャーとなった。

1.5.1がリリースされた翌月から開発が始まった。13w16aから13w26aまで18の開発スナップショットがリリースされた。開発期間中に1.5.2がリリースされた。この期間中、4つ目のランチャーが繰り返し何回かリリースされた。1.6アップデートのスナップショットの終わり近くになると、Mojangは新機能を追加することよりも、主にバグを修正することに重点を置いた。

アップデートの正式名称であるthe Horse Updateは、1.6のプレリリースの1週間前にMinecraft update tumblrで発表された(ランチャーで見ることができる)。

Mojangは2013年6月25日に1.6のプレリリースを発表した。これには「Dinnerbone」や「Grumm」という名前を付けたMobがひっくり返るイースターエッグが含まれていた。1.6.1のプレリリースは2013年6月28日、最終リリースの少し前にリリースされた。

注目すべき機能[編集 | ソースを編集]

新しいMinecraftランチャーは、改良されたLWJGLコードと自動更新する機能を備えた。

このアップデートは、ウマ、ロバ、ラバの追加をしました:乗って飼育することができる3つの飼い慣らされたMobがさまざまな色で来る。

ウマは干草の俵や他の食品を渡し、乗って保護するためにと馬鎧を装備することができます。ロバとラバは、それらを乗るために鞍とアイテムを格納するためのチェストを装備することができる。リードを使うことで、歩いたり、フェンスにMobを縛るために使用することができる。名札は、エンダードラゴン以外に任意でMobの名前を付けることを可能にし、村人は赤ちゃんとして、またはマルチプレイヤー中に他のプレイヤーと区別するためにの名前を付ける必要がある。これにより、名前付きのMobがスポーンするのを防ぐことができる。金のリンゴもわずかに作りにくくなり、作るのに9倍の金を必要とし、プレイヤーに「吸収」と呼ばれる新しいステータス効果を与えた。

カーペットは、雪のような余分な層を作ることなく、床を覆うために追加された。石炭ブロックも追加されており、コンパクトな石炭貯蔵に使用することができ、単独で使用される石炭よりも多くの燃料を提供することができる。堅焼き粘土も追加され、羊毛のように燃えない装飾を与えるために16の利用可能な色で染めることができる。

さらなる改訂[編集 | ソースを編集]

  • 1.6.2赤ちゃんゾンビと赤ちゃんゾンビピッグマンが来た。
  • 1.6.4建築物がワールドファイルに保存されないバグを修正した。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • これがサードランチャーを利用できる最後のバージョンとなった。
  • 新しいランチャーのため、このバージョンのゲームは、自動更新自体ができる最初のゲームになった。
  • 更新ポスターでは、緑の未使用な一般的の村人は、青い村人と一緒に、アイアンゴーレムの隣で見ることができる。
  • ポスターでは、Mojangは「Notch Development AB」と誤って命名されている。

脚注[編集 | ソースを編集]