ホッパー付きトロッコ

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
ホッパー付きトロッコ
Minecart with Hopper.png

種類

乗り物

再生

スタック

不可

内部 ID

JE: 46
BE: 96

内部 ID

JE: 10

エンティティID

hopper_minecart

ドロップアイテム

1
トロッコ

1
ホッパー
に入っているアイテム

体力

6 (Heart.svgHeart.svgHeart.svg)

初登場

歴史

データ値

dec: 408 hex: 198 bin: 110011000

名前

hopper_minecart

この記事はまだ書きかけです。
あなたが内容を拡充してみませんか?

ホッパー付きトロッコ(Minecart with Hopper)は、特殊な形態のトロッコであり、各レール上で、ホッパーと同じような機能が使えるものである。レールに落ちているアイテムや、その脇のコンテナーからアイテムを取り入れることが可能である。

入手[編集 | ソースを編集]

クラフトから[編集 | ソースを編集]

材料 クラフトのレシピ
ホッパー +
トロッコ











振る舞い[編集 | ソースを編集]

ホッパー付きトロッコは、自身のそばに落ちているアイテム (範囲はトロッコ自体の大きさより少し広い)、またはレールの上のコンテナーの内部からアイテムを回収する。そして、ホッパーにない機能としては、自身の上の1ブロックを通してアイテムを回収できることだ。これにより、ホッパー付きトロッコはホッパーより回収できる範囲がとても広いことがわかる。

通常のホッパーとは異なり、内部のアイテムは他のコンテナーへと移送されることはない。ただしチェスト付きトロッコとちょうど同じように、レールのすぐ下のホッパーへと搬出する。

ホッパーは作動レールを用いて有効無効を切り替えることが可能だ。ホッパー付きトロッコが動力を受けた作動レールの上を通り過ぎると、アイテムの回収をやめる。動力を受けていない作動レールにより、アイテムの拾い上げを再び始めるようになる。この効果は、トロッコが作動レールを離れてもそのまま継続する。

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition
13w03a
ホッパー付きトロッコが追加された。

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

参考[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]