HUD

提供: Minecraft Wiki
ホットバーから転送)
移動先: 案内検索
この記事はまだ書きかけです。
あなたが内容を拡充してみませんか?
サバイバルモードでのHUD
プレイヤーのHUD内のゲージ一覧。防御力ゲージ、体力ゲージArmor.svg、体力ゲージHeart.svg、酸素ゲージ泡.png、満腹度ゲージHunger.svg、その下に経験値ゲージ、一番下にホットバーがある
Adventure Update(Beta 1.8) 以前のHUD。防御力ゲージの場所はここだった

HUD (ヘッドアップ・ディスプレイ)とはプレイ中に表示される追加情報画面である。プレイヤーの視界にかぶせて各種情報が表示される。

HUDはプレイヤーの体力ゲージ、満腹度ゲージ、経験値ゲージ、そしてホットバー、プレイヤーの視線を示す十字カーソルからなる。防御力ゲージは、プレイヤーが防具を身につけているときのみ表示される。酸素ゲージは、プレイヤーが水中にいる (頭が水に浸かっている) 時に、満腹度ゲージの上に表示される。ホットバーのアイテムを選択すると、そのアイテム名が経験レベルの数字の上に少しの間表示される。マルチプレイではチャット内容もHUDに含まれ、画面左下に、最後の数メッセージが表示される。チャット内容はTを押すことで広げることも出来る。HUDにはまた未ライセンスのコピーに関する注意書きも含まれる。

設定メニューで、GUIスケールを選択することにHUDや各種ポップアップ画面の大きさを変更することが出来る。「大きい」「普通」「小さい」、そして「自動」から選択できる。自動にすることで画面サイズに適した大きさに設定でき、「大きい」よりも大きなアイコンにすることが可能だ。標準設定では「自動」となっている。

プレイヤーはF1を押すことで、HUDを隠し、グラフィック設定「描画優先」時に追加される画面の暗さをはずし、視線が当たっているブロックの黒い輪郭線を描画させなく出来る (再度F1を押せば元に戻せる)。文字のみのデバッグ画面をHUDに追加するにはF3を押せばよい。詳細なデバッグ画面をHUDに追加するには⇧ Shift+F3を押せばよいが、画面いっぱいに色々表示されるように鳴る。Macでは、先にFnを押してからこれら操作をする必要がある。

クリエイティブモードでは幾つかの情報は表示されなくなる。

HUD内の各種要素の見た目はテクスチャーパックで変更できる。

Pocket EditionではHUDを隠すことは出来ないが、Xbox 360 Editionでは可能だ。

予定:ウマ騎乗時[編集 | ソースを編集]

Snapshot 13w19aでウマ騎乗時の画面

ブタ騎乗時とは異なり、Minecraft 1.6で追加予定のウマに乗る際はHUDが少し変更される。

  • 満腹度ゲージ・酸素ゲージは無くなり、代わりに2行に渡ってウマの体力ゲージが表示される。
    • 表示されなくなるだけで満腹度自体の効果は受けるので注意。水中ではウマから降りるので、騎乗中に酸素ゲージの効果を受けることは無い。
  • 経験レベルの数字が消え、経験値ゲージはウマのジャンプゲージに置き換わる。ゲージ自体はほぼ同じだが、色が緑から青へと変わる。

空: Horse jump bar empty.png
最大: Horse jump bar full.png


動画[編集 | ソースを編集]

歴史[編集 | ソースを編集]

Indev
?HUDはIndev段階で導入された。
防具が導入されたとき、そのゲージは現在満腹度ゲージが表示されている場所に表示され、体力ゲージはその左にあった。
Beta
1.8満腹度ゲージがHUDに追加された。防御力ゲージなどは現在の場所へと移動された。
正式版
1.0.0経験値ゲージがHUDに追加された。
1.4.612w50aホットバーの選択されたアイテムを変更すると、短時間HUDにそのアイテム名が表示されるようになった。
開発中
1.613w16aウマが追加され、騎乗時にHUDが変更されるようになった。