Join The Fan Lab, a private Fandom research community for users in the US and UK where you will be asked to share your opinions on all things gaming and entertainment! Click here to see if you qualify

プレイヤー

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Clock.png
この記事は内容の更新を必要とします。
情報の一部は、現在の最新バージョンには適用されません。
プレイヤー
Steve.pngAlex.png
体力値

20♥ × 10

防具

さまざま

攻撃力

こぶし: 1♥
(Beta 1.5からBeta 1.8プレリリースの間: 2♥)
アイテム: さまざま

大きさ

高さ: 1.8 ブロック
幅: 0.6ブロック
スニーク時:
高さ: 1.65ブロック
幅: 0.6ブロック
滑空時:
高さ: 0.6ブロック
幅: 0.6ブロック
睡眠時:
高さ: 0.2ブロック
幅: 0.2ブロック

スポーン条件

プレイヤーのスポーン地点 (リスポーン地点はベッドで変更可能)。ベッドが壊されると元に戻る。また /spawnpointコマンドで特定地点を指定可能。

名前空間ID*

player

プレイヤー(The Player)Minecraft でユーザーが操作するキャラクターの事である。デフォルトのプレイヤースキンは「Steve (スティーブ)」として知られているが、これはNotchがジョークとしてほのめかしたものだ[1]。プレイヤースキンは一般的な、ジェンダーレスな表現を意図されている[2]が、プレイヤーのスキン (見た目) は変更可能である。

外観[編集 | ソースを編集]

デフォルトのプレイヤーのスキン (よくスティーブ (Steve) と呼ばれるもの) は、焦茶色の髪の毛、茶色がかった肌、青い瞳をしていて、水色のシャツ (左側と背中側は外に出している)、紺色のジーンズに、暗い灰色の靴を身に着けている。Steveは明るい茶色の無精ひげが少し残っているように見える。Xbox 360 EditionのプレイヤーのスキンはSteveのものに加え7種類から選択可能である (後述)。一覧ではXbox版の1.7.3アップデートで付けられた名前も掲載されている。Xbox Liveマーケットプレイスにてスキンパックが何種類か販売されている。

他エディションでの相違点[編集 | ソースを編集]

Xbox 360 Edition[編集 | ソースを編集]

Xbox 360 Edition では、プレイヤーとして使用可能なSteveのバリエーションが8種類用意されている (他にも、インディースゲーム 'Splosion Man の主人公や、ヘイロー シリーズのマスターチーフなど、様々なビデオゲームのSteve以外のキャラクターのスキンをフィーチャーした複数のスキンパックもある)。8種のデフォルトのキャラクターの名前は、Steve、Boxer Steve、Cyclist Steve、Tennis Steve、Scottish Steve、Prisoner Steve、Tuxedo Steve、そしてAthlete Steveである。服が違うせいでSteveのように見えないSteveもいる。

体力[編集 | ソースを編集]

プレイヤーは10個のハートを持つ。プレイヤーの満腹度 (Food bar) が9ポイント以上であれば、5秒ごとにハート半分の割合でゆっくり回復する。満腹度はプレイヤーが動いたり走ったりジャンプしたりMobを攻撃したり採掘したりすると0.5ポイントづつ減少し、食べ物を食べることで回復する。満腹度ゲージが8.5以下になると、難易度ピースフル以外では体力の回復がなくなる (特定のポーションなどの効果を受けている場合は別である)。満腹度が0になると、飢えて体力を失い始める。難易度ハードでは、飢えて死に至る。難易度ノーマルでは、ハート半分まで減りうる。難易度イージーでは、ハート5つまでの減少になる。難易度ピースフルでは、満腹度によらず体力が回復するが、飢えによるダメージは発生する。また毒の食事の影響下であっても、満腹度は減らない。Bedrock Edition に於いては、満腹度も自然に回復するため飢えのダメージは受けない。

移動[編集 | ソースを編集]

注意:このセクションでの数字は実験での概算値である。人間の計算誤差により多少上下することがあるので、誤差範囲を併記している。

プレイヤーは4.31 (±0.2) ブロック/秒の速度で歩く。これは1 Minecraft 日 (註:ゲーム中での1日) で合計5,172ブロック歩けることになる。

Beta 1.8以降、プレイヤーはダッシュ (Sprinting) することができるようになり[3]、その間は満腹度を通常よりかなり大きく (10倍) 消費する[4]。普段の速度4.31ブロック/秒に対し、概算で5.55 (±0.02) ブロック/秒の速度で走ることができる。走っている間は4ブロックの距離を跳躍することが出来る。満腹度が残り3点以下になると走ることが出来なくなる。前進キー (標準設定ではW) を2度押ししてそのまま押し続けることで走ることが可能になる。

スニーク (Sneaking、忍び歩き) は、スニークキー (標準設定では⇧ Shift) を押し続けることで有効になる機能。スニーク中は1ブロック以上の高さの落下を防止できるので、高所で水平方向に建築を行う際にとても有用となる。しかしながらブロックの端を越えた地点でスニークキーを離してしまうと、プレイヤーは落下してしまうだろう。なお、スニーク中にブロックを壊して、飛び降りることは今までどおり可能である。

備考:現在のバージョンのゲームでは、ブロックの端を越えてスニークを止めても、ブロックから落下することは無くなった。これはブロックを越えずに、ぎりぎりの端 の地点までしか移動しなくなったためである。

クリエイティブモードにおいては、10.88 (±0.06) ブロック/秒の速度で空を飛ぶ。

移動 現実時間での
速度 (m/s)
現実時間での
速度 (km/h)
ゲーム内時間での
速度 (m/s)
ゲーム内時間での
速度 (km/h)
歩行 4.3 15.5 0.06 0.22
ダッシュ 5.6 20.2 0.08 0.28
スニーク 1.3 4.7 0.02 0.07
飛行 10.8 38.9 0.15 0.54

プレイ画面(HUD)[編集 | ソースを編集]

画面内のHUD (ヘッドアップディスプレイ) には、プレイヤーの体力ゲージ、満腹度ゲージ、経験値ゲージ、そしてホットバーが表示されている。防具を着用している場合には防御力ゲージが体力ゲージの上に表示される。中では酸素バーが表示される。HUDには十字マークが、そして手にしているもの (あるいはこぶし) が含まれている。HUDはF1で表示非表示の切り替えが可能。

経験値[編集 | ソースを編集]

Mobを倒すと経験値オーブを通して経験値を獲得できる。現在のレベルはHUD上に緑の数字で表示され、武器、道具、防具に有用な効果を持たせる「エンチャント」に使用できる (エンチャントテーブル参照)。金床の使用にも経験値を用いる。

レベルは一定の経験値を獲得することで上昇する。死ぬと全レベルと経験値を失うが、死んだ場所にある経験値オーブを拾うことで一部だけ経験値を取り戻すことができる。[5]

経験値は特定の行動、例えば採掘、製錬 (製錬での経験値は、製錬済みのアイテムをプレイヤーが取り出した場合にのみ得ることができる)、魚釣り、家畜の繁殖でも獲得することが出来る。

ゲームモード[編集 | ソースを編集]

  • サバイバル (Survival) モードでは、プレイヤーはブロックの設置と破壊、そしてすべての道具の使用が可能になる。体力 ♥、満腹度 、酸素 泡.png は有限で、ブロックの破壊には時間がかかる。
  • クリエイティブ (Creative) モードでは、Spaceを2度押しすることで飛ぶことが出来、ブロックを無限に設置できるようになる。ただしツールの作成・使用は有限となる。プレイヤーはダメージを受けず (ただし奈落へと落ちたり、コマンド有効の場合"/kill"コマンドを入力したりした場合を除く)、空腹にはならず酸素は無限となり、ブロック破壊は即座に行える。
  • ハードコア (Hardcore) モードでは、プレイヤーはリスポーン (再出現) 出来ず、難易度レベルは「ハード」固定となる (マルチプレイサーバー上でのプレイ中では、死んだ場合サーバーから自動的にBANされる)。
  • アドベンチャー (Adventure) モードは、適したツールを使わずにはブロックが破壊できないこと以外はサバイバルモード同様となる。このゲームモードは、コマンド有効の場合に/gamemode 2または/gamemode adventureと入力したり、マルチプレイワールドへと参加 (LAN内のものも含む) した場合に有効となる。(Bedrock Editionでは最初から選択可能)
  • スペクテイター

インベントリHUDはサバイバルと同様。このゲームモードはMinecraft v1.8に追加された。インベントリの中をいじったり、チェストからアイテムを取り出したり、プレイヤーを攻撃したり、ブロックの破壊/設置ができないようになっている。他のゲームモードと違い、ブロックを透け通ったりできる。遠くへ行き過ぎると、チャンクが読み込まれなくなってしまう。このゲームモードになると、"プレイヤーがいない"と同様になり、ワールドの時間が止まる。MOBやプレイヤーに向いて右クリックすると、その視点を見ることができる。ただし、移動などの操作ができない。ver 1.9から、ハードコアで死亡すると、ゲームモードがこれになる。Bedrock Editionでも開発中であるが、ファイルハックをすることにより、このゲームモードに変更できる。壁を通り抜けれるとはいえ、ワールドの端っこ(世界の真ん中から30000000ブロック)の透明な壁は通り抜けられない。

名前[編集 | ソースを編集]

ゲームのプレイヤーは Minecraft 購入時に選択されたユーザー名で参照される。ユーザー名は3~16文字である必要がある(ただし、3文字以下のプレイヤーにはいくつかの例外がある)。プレイヤー名の変更は30日に1度のみ可能である。

Console Edition では、ゲーマータグか PSN名を使用する。Pocket Edition では、ユーザー名を選択して無制限に変更したり Xbox Live アカウントでサインインすることができる。

プレイヤー名はプレイヤーの頭上のネームプレートに表示される。これはブロック越しであっても見ることができる。プレイヤーはスニークすることができるが、このときネームプレートが暗くなり、見えづらくなる。視界から外れたときは完全に見えなくなるだろう。

カスタマイズ[編集 | ソースを編集]

ユーザーはプレイヤーアバターの見た目「スキン (Skin)」を変更することができる。Minecraft.netの設定ページにPNG画像ファイルをアップロードすることで、標準のスキンから置き換え出来る。

Xbox 360 Edition では、標準のスキンは各プレイヤー毎に別のものが使用される。スキンを変更するには、ゲーム中の「スキンの変更」オプションから行え、現在スキン パック1から4がリリースされている。現在Xbox Liveから削除されているが、過去には "Summer of Arcade" スキン パック、ハロウィン スキン パック、Festive スキン パックがリリースされていた。

Pocket Edition では、プレイヤーは標準のスキンを使うことになる。Android、iOS共に、ゲームのファイル char.png の書き換え、または外部プログラムを利用することで変更することができる。バージョン 0.11.0 から、スキンが変更可能となった。

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition pre-Classic
Pre 0.0.0プレイヤーが追加された。彼らは現在のようなモデルを持っていなかった。
Java Edition Classic
0.30_01Human Mob.jpg削除された人間から取り出したMD3プレイヤーモデルをテストとして使用した。
0.30_02プレイヤーの影がテストされた。
Java Edition Alpha
1.0.9Xbox 360 Edition.pngこのバージョン以前は、プレイヤーの歩くときのアニメーションが異なっていた。(歩いている間に腕を乱暴に振り回していた。)このアニメーションはClassicでも使われていた。
?プレイヤーは、3つではなく、2つのブロックをジャンプすることができるように変更された。
Java Edition Beta
1.0Steve.pngプレイヤーのテクスチャが変更された。
1.5非武装の攻撃力が1♥から2♥に変更された。
1.7.3リンゴがNotchとしてログインしてもドロップしなくなった。
1.8pre1プレイヤーに経験値と空腹が実装された。
プレイヤーは、走ることで、水平方向に4ブロック飛ぶことができるようになった。
release非武装の攻撃力が2♥から1♥に変更された。
Java Edition
1.0.0RC1プレイヤーのサウンドが変更された。どんな物理的なダメージでも骨折音が鳴る。
このバージョンの前は、プレイヤーが傷ついたとき、彼らは深い"ウオッ"という悲鳴をあげていた。しかし、この音は、プレイヤーが男性であることを示唆していた。これは女性プレイヤーのスキンと一貫していないため、Mojang ABは音を変えて性別を中性にした。
1.8pre1Alex.pngより小さな腕を持つ新しいプレイヤーモデルと、Alexという名前の新しいデフォルトのプレイヤースキンを追加した。
2015年2月4日プレイヤーはユーザー名を変更できるようになった。
1.915w42aプレイヤーの身長(通常1.8mの高さ)が、スニーク時は低く(1.65m)、エリトラで滑空する際は、0.6mの高さになるようになった。
15w45aジャンプできる高さが1 316ブロックから1 416ブロックに変更された。
1.1116w32aエンティティIDが Player から player に変更した。
Pocket Edition Alpha
0.1.0Steve.pngプレイヤーが追加された。現在とは Steve 腕の描画がじゃっかん違った。
0.11.0build 1プレイヤーのスキンをカスタマイズできるようになった。Alex.pngより小さな腕を持つ新しいプレイヤーモデルと、Alexという名前の新しいデフォルトのプレイヤースキンを追加した。
0.12.1build 10プレイヤーのサウンドが変更された。どんな物理的なダメージでも骨折音が鳴る。
このバージョンの前は、プレイヤーが傷ついたとき、彼らは深い"ウオッ"という悲鳴をあげていた。しかし、この音は、プレイヤーが男性であることを示唆していた。これは女性プレイヤーのスキンと一貫していないため、Mojang ABは音を変えて性別を中性にした。
Legacy Console Edition
TU1CU11.0Patch 1プレイヤーが追加された。
TU24CU121.16Alexのスキンが追加された。
Adventure Update以前に存在していた防御力バー。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • プレイヤーの目の高さ(F3を押している時の座標による)は1.62mである。目の高さが足元から29ピクセルであり、目の上に3ピクセルある (0.17m) ので、Steveの身長は約179cmになる。これはゲームプログラムでSteveの当たり判定が高さ1.8m、幅0.6mであることと合致することで確認できるようだ。
  • ゾンビが着ている服はSteveのそれと同じである。これが、ゾンビは以前のSteveの死体ではないかという議論を引き起こしている。
  • プレイヤーは剣を右に持ったりすることから、右利きである。しかし右手に弓を持ち左手で放つことから、左目利きになる。これは弓を引き絞った状態でF5を押すことで簡単に確認できる。
  • Steveはクリーパーと共にLEGOセット21102 LEGO Minecraft Micro WorldでMicro Mobとして商品化された。
  • プレイヤーは周辺視野を持つと思われる。光と光っているものは視野端ではよりはっきり表示されている。
  • Steveは、Steam版のSuper Meat Boyではロック解除可能なキャラクター「Mr. Minecraft」として登場している。他のキャラクターより跳躍距離は短いが、横のスクエアを掘ることが出来、それらを土台として設置できる。
  • Steveの頭は、Xboxアーケードゲーム Hybrid にロック解除可能なヘルメットとして登場している。
  • Steveの頭は、Borderlands 2 で装備可能なアイテムとして登場している。
  • Steveの頭は、Flashゲーム "Fantasy Online" で、"Minehead" という名称で購入可能になっている。
  • Steveの最終到達速度は162km/hである。これは人間の平均値190km/hよりも低い値に鳴る。
  • プレイヤーはとても力持ちであり、持ち物全てが金ブロックであっても苦労せずに持ち運ぶことが出来る。持ち物全てを金ブロックとするとおよそ4万5千トンにもなる。しかもプレイヤーの持ち物の格納場所はある種の四次元ポケットともいえる。なんといっても、小山にもなるであろう荷物を持っていても、大荷物を持っているようには決して見えないのだ。
  • 死亡時、プレイヤーも他のMobと同じく、横に倒れ煙となって消える、死亡アニメーションが表示される。これは第3者視点か、他のプレイヤーの視点から観測することが出来る。

参考[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]