フロストバーン・アップデート

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
Mojang によるフロストバーン・アップデートの画像。

フロストバーン・アップデート (Frostburn Update) は、2016年6月8日にリリースされたメジャーアップデートである Minecraft 1.10 の公式名称である。このバージョンでは主に、雪や砂漠のバイオームにスポーンするスケルトン、ゾンビの亜種や、シロクマ、ストラクチャーブロックの機能、自動ジャンプなどが追加が行われた。

このアップデートの公式名称である Frostburn Update は、本バージョンのリリースと同時に発表された[1]

1.10の開発は1.9コンバット・アップデート)のリリース直後に開始され、スナップショットは1.9.3および1.9.4が公開された翌週から発表された。

最初のプレリリースは2016年6月2日に、2番目のプレリリースは正式バージョン公開1日前の同月7日にリリースされている。

主な要素[編集 | ソースを編集]

追加要素[編集 | ソースを編集]

変更要素[編集 | ソースを編集]

  • /tp コマンドでの Y 座標のテレポート可能範囲が増加された
  • ワールドの生成方法に細かな調整が行われた
  • ストラクチャーブロックが使用できるようになった
  • 乗り物に乗りながらでも、エンダーパールの使用やコーラスフルーツを食べることでテレポートできるようになった
  • Mob がボートに乗った状態でも、飛び道具を発射できるようになった
  • エンダーマンがネザーにスポーンするようになった
  • マグマキューブが約2倍の確率でスポーンするようになった
  • スケルトンがオフハンドに矢を持つようになり、それを放つようになった
  • オオカミがデスポーンしなくなった

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • これまでの直近のメジャーアップデートではスナップショットが20~30ほどリリースされているが、今回のアップデートは史上最もスナップショットが少ないバージョンとなった
  • スナップショット初番の16w20aがリリースされてからプレリリース初番の1.10-pre1がリリースされるまでの間隔は、今までの Mojang のリリース周期を一転させるわずか2週間という異常なまでに短いスパンとなった
  • 公式に発表されている更新履歴には、いつしか恒例となった「Removed Herobrine」の内容が確認できる

修正バージョン[編集 | ソースを編集]

  • 1.10.1では、致命的なバグが修正された
  • 1.10.2では、1.10.1で発生していたクラッシュなどが修正された