Hi Gamepedia users and contributors! Please complete this survey to help us learn how to better meet your needs in the future. We have one for editors and readers. This should only take about 7 minutes!

バリアブロック

提供: Minecraft Wiki
移動先: 案内検索
バリアブロック
Barrier.gif
透過

不透過だが光は透過する

発光

いいえ

爆発耐性

18,000,000

回収道具

?

再生

不可

スタック

可 (64)

可燃性

指定なし

溶岩からの引火

おそらくしない

ドロップ

なし

データ値

dec: 166 hex: A6 bin: 10100110

名前空間ID

barrier

Information icon.svg
この項目はBedrock EditionJava Edition、および Legacy Console Edition限定の要素です。
このページには Bedrock Edition の次回のアップデートに含まれるであろう要素に関する内容が含まれています。
これらの要素は Bedrock Edition のベータ版で登場していますが、この要素が含まれた正式なアップデートはまだ行われていません。
Erik Broes-twitter.png 最高のブロックは、芸術を必要としない!
Grum がバリアブロックを発表する[1]

バリアブロック (Barrier) は透明なブロックであり、様々な機能を持っている。

入手[編集 | ソースを編集]

バリアブロックは、サバイバルモードでは破壊できない。

また、クリエイティブモードのインベントリ画面に表示されることもない。(コマンドブロックのように)これを入手するには、/give <プレイヤー名> minecraft:barrier のコマンドを使う必要がある。

用途[編集 | ソースを編集]

プレイヤーのインベントリ内では赤い箱に斜線が入ったようなアイコンで表示される。しかし、ワールド上に設置すると完全に見えなくなってしまう。

バリアブロックは光を透過するが、固体ブロックのように Mob に対して当たり判定がある。また、ブロックの上面や側面に設置するブロック(トラップドアやレッドストーンなど)はバリアブロックに設置することができ、Mob を窒息させることも可能だ。固体ブロックのようだとはいえ、Mob がこのブロックの上にスポーンすることはない。

クリエイティブモードでプレイヤーがバリアブロックを手に持っていれば、設置されているすべてのバリアブロックがパーティクルとして表示される。この効果はクライアント側のみであり、サバイバルモードのプレイヤーはバリアブロックを持っていたとしてもこのパーティクルは表示されない。パーティクルの設定を「最小」に設定していると、クリエイティブモードであってもバリアブロックは一切表示されなくなる。また、このブロックはピストンで移動させることができない。

歴史[編集 | ソースを編集]

Java Edition
1.8 2014年1月30日Grum が不可視のブロックについてツイートした。
14w05a バリアブロックが追加された。
14w06a 破壊時のパーティクルが溶岩からレッドストーンを使用するようになった。
バリアブロックのパーティクルエフェクト用として /particle コマンドが追加された。バリアブロックが存在する場合にこれを使うと、どこにあるかがわかるようになる。
14w06b クリエイティブモードでバリアブロックを持っていると、設置されているバリアブロックは表示されるようになった。
14w20a ウィザーエンダードラゴンはバリアブロックを破壊することができなくなった。
14w25a パーティクルが、未使用のテクスチャーを使用するようになった。
14w26a パーティクルが、自身を使用するようになった。
1.8 ウィザーによって再び破壊されるようになった。
1.8.1 ウィザーによって破壊されなくなった。
開発中のBedrock Edition
1.6 beta 1.6.0.1 バリアブロックが追加された。
Legacy Console Edition
TU311.22Patch 3バリアブロックが追加されたが、外部ツールを用いてのみ入手することができる。

問題点[編集 | ソースを編集]

「Barrier」に関する問題点は、バグトラッカーにて管理されている。問題点の報告はそちらで行ってほしい。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 「No」の記号が使用されているが、実際には ISO 標準の逆バージョンである[2]

ギャラリー[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]